FC2ブログ

いばらきハムのつどいでの重大関心事

明日からいよいよ5月になります。
来月20日はJARL茨城県支部主催の
ハムのつどいが開催されます。
今年で第3回目となるいばらきハムのつどい、
大先輩の群馬・千葉には遠く及ばないものの
少しずつマシにはなってきているようです。

ただ、全くマシになってないものも存在します・・・

いばらきハムのつどいには他の県には見られない
”監査指導委員長あいさつ” などという
ふざけたあいさつがプログラムの中にあり
第1回目から聞かせてもらった限りでは

『電波は譲り合って使いましょう』 だの
『バンド区分は守りましょう』 だの

・・・これがハムのつどいで言うことか?
というものばかり。昨年は何と、

『相談事があればお近くの監査指導員まで』

前代未聞のブラックジョークが飛び出したのには
驚いた! というのも、当時のJARL茨城県支部
HPには支部役員一覧中に監査指導員の名前が
全員不掲載されていたからだ。


その背景は '10年末に常陸大宮市でのハンターによる
2mバンドでの不法利用(目的外使用)で当時、私が
監査指導員として現地でガイダンス運用したことを
このブログで紹介したところ、支部長経由で削除を
要請されたことに起因する。

表向きの理由はハンター達がどういう性格の持ち主か
分からない中、いらぬ刺激をする行為は他の
監査指導員の身の安全に関わる、というものだった。
それだけなら納得出来る。問題はその後だ。

後日('11年1月の賀詞交換会日)、監査指導委員長は何と

『あなたのことを監査指導員から解任する。
 今日の委員会にも出席を認めない。
 総通にもそう届けを出しておく』


あの一言で怒りに火が付いた!!
人の言い分は勿論、どんな根拠からそう至ったかも言わず
まして解任という重大な決断を自分ひとりの判断で
決められるほどの権限を監査指導委員長とやらは
持っているのか?


その後、茨城県支部HPの支部役員一覧から
監査指導員という欄は削除、不掲載されてしまった。
知らない人が見れば茨城県に監査指導員は存在しない
と思われても仕方ない・・・


さて話を変えよう。
先ずは私も含め、多くのみなさんが思う疑問からだ。

”監査指導員の活動は秘密主義でないといけないのか?”

相手が不法者ということで身の安全は確かに大切だ。
ただ、これと活動の秘密は全くリンクしない。
各支部の考え方次第、というのが実情だろう。
例えば、2エリア岐阜県ではアマチュアガイダンス運用を
You Tubeに掲載していたりする。

 ”岐阜県海津市 不法無線局警告アナウンス”
※クリックして再生

茨城県と岐阜県のこの温度差の違いは何なんだろう?
もともと保守的な人間が集まったのが茨城県だから
と言ってしまえばそれまでだが、アマチュア局の利益
として ”情報を知る権利・情報を発信する義務” という
面からは茨城県支部の会員軽視は明らかと私は考える。

活動をしているのか、いないのか、
活動の成果はあったのか、なかったのか、
活動にいくら使ったのか、費用対効果は?
今後も活動は必要か、不要か・・・


それを決めるのは役員だ、という思想が
県支部内に蔓延しているとしか思えない。


アマチュア無線という趣味が衰退していく中、
それと反比例するかのように2m・430MHz帯の
不法無線局は勢いを増しているように感じます。
平日の昼間はアマチュアがまともに使える部分など
ないのが実情。ある意味、この賑やかさは私が
中学生時代の頃の2mのメインチャンネルと同じようで
懐かしくなったりもしますが (笑)

先日、地元 古河クラブの定例ミーティングにて
支部役員会の報告があり、その中で

『自分たちの地域で誰が監査指導員なのか分からない』

という提案がありHPに監査指導員の名簿を復活させた
との報告(記事)がありました。 ”当然じゃん!”
何を今さら・・・茨城県支部、どこまで頭悪いんだ???
会員から指摘された段階で支部として失格だろう。


これと同じことを私が言っても受け付けてくれるとは
到底、思えない。他から言われて慌てて復活(掲載)した
という感じ・・・人を見て ”こいつ気に入らないから” 的な
対応しか出来ないのが今の茨城県支部だからだ。

で、今後私はどうするか・・・
もうこりごりだというのは確か。でもいずれ『復活』
したいと思う。今の茨城県支部役員は殆どが老人だ。
20年どころか10年後には今のように元気に活動
出来る役員なんて、一気に激減すると考える。

今の監査指導委員長が引退したら、その時こそ
私はまた監査指導員として『復活』したい。
その際は茨城県支部内をもっと情報オープンにし
支部の見える化を推進していくことから始めたい。

※当然だけど、次の世代を育てることも大切ですね!

5月20日のいばらきハムのつどいで
監査指導委員長はどんなあいさつをするのか・・・
他県では絶対みられないこのプログラムが
私のいばらきハムのつどいでの
重大関心事だ。





スポンサーサイト



コメント

 
http://www.nicovideo.jp/watch/sm997841

 ああ、これ、初音ミクの「HELLO CQ」の中でもネタにしてましたね~。「この世からハムが消えても、Eスポだけは取っておく・・」って奴ですな・・(^^;

 なんか、こうハムの皆さん、自虐的だな~(^^;。それにしても、最近、ニコニコ動画は勢いがありますね。そのおすそわけを無線界にも欲しいところですね。
JH1EGXさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

今日、そのいばらきハムのつどいが開催されて
行ってきました。結果から言うと第3回目と
いうことで、これまでより段取りがスムーズになり
盛り上がったイベントになりました。

例の監査指導委員長の話はありきたりな
ごく一般的な内容でしたが、今回は何と
支部長が後の補足としてとんでもない
コメントをぶちあげたんです。
その内容は後日のブログで更新しますが、
いつまで経っても茨城県支部の体質は
変わらないなー っといった印象です。

今後とも、よろしくお願いします。
最後に、私はこんな動画が気に入っています^^

http://www.nicovideo.jp/watch/sm997841
 おっしゃる通りとすれば、意外に大人気のない世界ですね。気に食わないから、下ろすっていうのは・・。分別盛りのいい大人(を通り越して熟年)の世界なのにね。

 430の平日は確かに悲惨な状況ですよね。休日ですと、まともな会話も聞こえてきますが、平日休みが多い私としましては困った状況です。

 まあ、堅い話、イヤなことは忘れて、この曲でも聞いて和んで下さい。

http://www.youtube.com/watch?v=GLN33ydcsz8

 いえ、ネットを漁っていたら、あの「初音ミク」がアマチュア無線の歌を歌っているのを発見したんですよ・・・(HELLO CQ)。

 世代交代の話、で思いだしたんですが、「初音ミク」を聞いている、歌うたわせて遊んでいる世代にハムがいたんだ・・という驚きがあったので、引き合いに出したんですけれども。

 もし、「初音ミク」をご存知なければ、ごめんなさい。こちらのURLのWIKIとようつべをご覧いただければ、と。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%9D%E9%9F%B3%E3%83%9F%E3%82%AF 

http://www.youtube.com/watch?v=i_RVLOsUW6U




大友さん、こんにちは。
いつもコメントありがとうございます^^

> 「監査指導委員長が引退したら」からでの『復活』では私も爺さんになってしまいます。(笑)

ははは、そうなんですよね。
まさに正論です。それが悩みでもありますが・・・
まぁ、よほど金さん銀さんレベルじゃない限り『お迎え』は年の順ですから
必ず私にチャンスが回ってくると考えています。

それに、私は何期もするつもりはありません。
せいぜい2期。その間に次の世代を
育てることに精を出す・・・今の茨城県支部は
”次の世代を育てる” ことを怠り、自分たちだけで
何期も君臨していることが支部全体の
不透明化・保守的基盤の根源と考えています。

ただでさえ保守王国と言われる茨城県ですから、
JARLからこの悪習を打破していきたいものです。
藤原さん こんにちは。

「監査指導委員長が引退したら」からでの『復活』では私も爺さんになってしまいます。(笑)

ところで、支部役員や監督指導委員は、誰がどうやって決めるんでしょうね。
誰かの推薦等ではなく、JARL会員が選挙等で公平に決められれば良いんですけどね。
JARL会員が、仕事をしない役員は解雇も出来ればもっといいですね。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.