FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマチュア無線デジタル戦争元年Part4

今回は連載4回目です。

話題の主役、八重洲がいよいよ新機種の
外観をお披露目しました。新機種の型番は”FT-1D”。
新生、八重洲となって初の新機種でもあるようです。

さて、前回私は八重洲が本当に売りたいのは
このFT-1Dではなく、誰も話題にしていない”WiRESⅢ”
だと述べました。その理由は『黙って儲かる』からだと
いうことですが、これは現在WiRESを取り巻く世界が
一種独特だからです。

おさらいとして、WiRESとは旧バーテックススタンダードが
開発した ”日本生まれの” VoIP無線システムであり、
ユーザーの実に9割以上が ”日本人” です。
ここから何が言いたいのか?…それは日本人にとって
この環境こそが『居心地がいい』からなんです。
外国語アレルギーが多いと言われる日本人にとって
別にDXなんて興味ない、特定の仲間といつでもどこでも
ラグチューしたいことが目的であれば、WiRESは
まさに最適なシステム、と言える訳です。

また、WiRESの仕組みにも、その秘密があります。
それは ”ルーム” の存在です。
ノードオーナーのひとりがルームを主宰し、そこに
気心知れた仲間同士が集まりラグチューに興じるのは
Echolinkも同じな訳ですが、海外局の比率が高く
英語がデフォルトのEcholinkより、日本生まれで日本語が
デフォルトのWiRESの方がより『居心地がいい』のは
当然、と言えるのではないでしょうか?

…と、ここまでは環境の問題で、真相でありません。
ここから先が私が主張する真相になります…それは、


WiRESには ”熱烈なユーザー” という存在があります。
私にとってWiRESは数あるVoIP無線のうちのひとつに
過ぎませんが、熱烈ユーザーの中にはVoIP=WiRES、
WiRESこそ全て、WiRES命! くらいの勢いで自分の仲間を
増殖すべく ”自主的に” 自分のHPやオフ会等で
WiRESの宣伝にいそしんでいます。
そして仲間が全国に増えればバイクツーリングだの、
忘・新年会だのと派手なイベントを通じて更に仲間を増やす。
勿論、活動結果はCQ誌やネット等で盛んにアピールする。
ハムフェアにも当然出展。勿論、出展料は自腹で…(汗)
この強力なクチコミ宣伝こそが
”黙って儲かる” 最大の理由な訳です。
八重洲もそれを十分承知しているようで、熱烈ファンに
対する支援こそが最大の営業活動と言えるでしょう。
(関係ない話ですが、八重洲に限らずアマチュア無線機
メーカーは無線機だけで売り上げを伸ばせる時代では
なくなっています…『オンリーワン』なるものを市場に
広めない限り、生き残ることは不可能なのです)

今や疑惑の代名詞となってしまった『食べログ』というものが
ありますが、今でもクチコミによる効果は破壊力抜群だと
考えます。特筆すべきは ”若い世代の取り込みがウマイ”
こと。高齢化が進み趣味の王様から『ヲタクの趣味』を経て
『老人の趣味』とまで言われるようになったアマチュア無線
ですが、WiRESに限れば小・中学生を中心とした10代の
ジュニアハムの比率が非常に高いことが特徴です。


勿論、このジュニアハム比率を高めた要因も熱烈ファンに
よるところが大きい訳です。5月5日のこどもの日、
12月25日のクリスマスにはキッズデーと称して全国の
ジュニアハムをWiRESを使って交信させてアマチュア無線の
楽しさを味わってもらいつつ、WiRESの世界に ”引き込む”・・・
私の中学生時代はHFでCQを出せば、同世代のハム仲間が
いっぱい応答してくれた時代でしたが、今は自分の
”おじいちゃん世代” の人からしか応答がない…
確かにこれではジュニアハムを送り込んでも長続きしません。

以前、JARLは原前会長がアマチュア無線人口が減少した
要因として『インターネットの発達』をよく主張していました。
私もそれは否定しませんが、

じゃぁ、どうする?

ということを考える組織がJARLではないでしょうか?
それを考え、そして実行していくことこそ
”アマチュア無線家の代表” の役割だと思うんです。
JARLも若い世代にアマチュア無線に興味を持ってもらいたい
と、ISSスクールコンタクト等を展開したりしていますが
何せ目線が ”老人目線”お金かけ過ぎ、時間かけ過ぎ!
JARLにも多くの熱烈ファンがいる訳ですから
それをうまく活用することを考えるべきでしょう。
新生JARLは『身の丈をわきまえた』運営が生命線ですから。





さて、『アマチュア無線デジタル戦争元年』と称して
何度か主張を述べてきましたが、そろそろこの辺で
”結論” を出したいと思います。

みなさんが期待していることは…
『結局、デジタルはアイコムなのか、八重洲なのか』といった
ことだと思います。私はこれについては ”結論しません”
アマチュアの世界は ”何でもあり” の世界でいい!
敢えて言えと言われたら、そう言いたいと思います。
多くの電波形式を使い楽しみ、飛んだ飛ばない、と騒げる
ことが実はアマチュア無線が趣味の王様と言われる所以です。

いつの時代もくだらない派閥争いはありますが、
趣味の世界ですから ”選択肢は多いほどいい” という
考え方でこれからのデジタルを受け入れてみては
いかがでしょうか?




スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。