FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマチュア無線デジタル戦争元年

さて、今年アマチュア無線界でホットになりそうな
話題として”アマチュア無線のデジタル化”が挙げられます。
デジタルと言えばD-STAR。昨年はアイコムから
ID-31が発売され内蔵GPSと相まってDPRS(APRS)
マニアにもウケるヒット商品となったことは
記憶に新しいと思います。

私が今、一番気になっているのが
八重洲無線(旧バーテックススタンダード)から発売予定の
4CFM方式のデジタル無線機。八重洲がJARLに
ケンカを売るようなことまでして発売するその真意は何か?
私なりに予想してみたいと思います。




大胆予想…『WiRESとのコラボレーション』

単にデジタル機を発売するだけでは何のメリットもありません。
D-STAR機を買う&使う最大の理由が
”レピーター経由で遠距離通信をしたいから”であるように、
八重洲のデジタル機も何らかのメリットを付けて
発売するであろうことは容易に想像出来ます。

で、そのメリットを何に結びつけるか?

現在、国内VoIP無線システムでダントツのユーザー数を誇る
WiRES網を利用するのでは? と予想しています。
現在WiRESのハードバージョンは”WiRESⅡ”であり、
これをデジタル機対応の”WiRESⅢ”にバージョンアップして
D-STARが持つデジタルレピーターのネットワーク網を
一気に引き離すものと予想します。

現在アナログ機専用の機能しかないWiRESⅡからWiRESⅢへ
バージョンアップすることでデジタル・アナログ共用可能とし
デジタル機ならではのメリットを生かして例えば、

・相手のコールサインをセットすれば、相手がどこの
 ノード近くにいるか分からなくても自動的に近くの
 ノードへ接続されQSOが出来る。
 (コールサイン指定呼び出し)


・音声+データ同時通信のメリットを更に生かして
 文字だけでなく画像等の伝送(オプション?)他、
 APRSとのコラボも…(GPSも内蔵か?)


等々…、去年ハムフェアで配布していた
”アマチュア無線デジタル通信ガイド”の中に八重洲が抱く
野望を読み取ることが出来ます。

デジタルのメリットを強調する一方、八重洲ご自慢の
WiRESという言葉(商品)は絶対に外せないようです。
外面は『いや、あくまでデジタル機だけの宣伝だよ~』と
言いたいのでしょうが、小冊子だけでなく
去年のハムフェアではこんなプレゼンもしていました。

You Tubeより
『ハムフェアー2011 バースタのプレゼン(デジタル機)』

いかがでしょう、やはりWiRESという言葉が出てきましたよね?
八重洲はデジタル機開発と同時にWiRESのバージョンアップも
目論んで同時開発していた、
と考えるのが自然です。

話は変わって、去年私は大阪池田総会(最後の全体総会)で
『D-STARにも欧米のようなリフレクター化を認めよ』という
提案をしました。現在、理解ある理事と共にリフレクター化に
向けて行動は継続中ですが、やはり内部の動きは
ハッキリ言って鈍いです…ていうか、妨害されてます!
反対意見が多い訳です。反対する人の真意って何なのでしょう
かね? リフレクター化することで利権構造が崩れるとか
あるのでしょうか?
 総会での議事録には
『日本の風土とかに合うのか…云々』とありましたが、
あなたが決め付けてるだけでしょうがっ!

そんなゴタゴタを尻目に、独自路線を歩む八重洲が
自社の4CFM方式デジタル機&WiRESコラボで
一気にデジタル路線の先頭に立とう、という目論見でしょう。

大変賢い選択です。D-STARも優れた通信方式ですが
それをJARLというふざけた組織が牛耳る必要性は
全くない。だからリフレクター化も遅々として進まない。

WiRESが、Echolinkが、そしてAPRSが何故ここまで
普及したかと言えば、アマチュアがアマチュア精神を
発揮していろんな実験を”自由に”出来たからこその
結果だと考えています。
→もっとハッキリ言えば、JARLが関わらなかったから
 発展していった、言えるでしょう。


今年はアマチュア無線デジタル戦争元年、に
なりそうな予感です…




スポンサーサイト

コメント

 
あけましておめでとうございます。

JARLが新体勢になったことで
内部が少しでも改革にシフトしていけば
いいのですが・・・どうも期待薄ですね。
D-STARはJARLが開発したデジタル方式
という事実はあれど、あとはアマチュアに託して
”自由に”実験させてもらえなかったから
今のようなザマになったと考えています。

仮にAPRSがJARL主導だったとしたら・・・
各地で起こるアマチュア同士のゴタゴタは
減るでしょうが、今のような盛り上がりは
きっとないでしょう。理由は簡単で、窮屈で
つまらないAPRSになっていると思うからです。

所詮、年寄り的な発想しか出来ないJARLに
アマチュア無線界の将来は託せない、というのが
今の私の持論です。

あけましておめでとうございます。

そうですね、WiresⅢの発想は、ありませんでした。
デジタル化は、AMからSSBになったときのような革命的な出来事という話もあります。
やっぱり、メーカー主導にならず、アマチュアがアマチュア精神を発揮していろんな実験を”自由に”出来ることが大切だと思います。
あけましておめでとうございます。
昨年は群馬ハムのつどいでお会い出来ませんでしたね…
是非、今度ノード立ち上げにチャレンジしてください。
D-STARの方も群馬各局は榛東村レピーターから
アクティブに出てきているようです。
アマチュアにとって、どんなモードも
自由に使えて選択する権利も
ユーザー側にあるということを
もっと知らしめていかなければいけませんね。

今のJARLは(一部を除いて)己の利権を肥やすことしか考えてない
ジィばかりで呆れるばかりです、hi
あけましておめでとうございます。

鋭い視点で、筋の通った見解だと思います。
“デジタル戦争”も、切磋琢磨して頂きたいと思います。
“WiRESⅢ”をきっかけに自分もノードを立ち上げようかなーと野望を抱く当局だったりします(笑)

de JF1XMN

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。