FC2ブログ

青少年のための科学の祭典

11月5日(日)、毎年恒例の青少年のための科学の祭典
古河大会が古河市三和健康ふれあいスポーツセンターに
おいて開催されました。

元々は地元の小中学生の子供を持つお父さんたちが
楽しく気軽にPTA活動に参加し活性化させるという目的で
『おやじの会』が創設され、そこで生まれたのが
”おもしろ科学の会” これが年を重ねる毎に発展し
全国規模の『青少年のための科学の祭典』にまで成長
したそうです。現在では毎年全国100ヶ所で地方大会が
開催され、参加延べ人数は500万人以上と言われています。

古河クラブでも毎年、この行事に出展者として参加し
地元の子供たちに電気や磁石を使った遊びを紹介しています。

それでは、青少年のための科学の祭典の様子です。



2011-11-5-1
今年は旧三和町の三和健康ふれあいスポーツセンターにて開催。
初めて中に入りましたが、結構広いです。



2011-11-5-2
開会式の様子。古河市の全小中学校と高校から参加者が。



2011-11-5-3
会場の中はこんな感じ。まるでハムフェアのようですね^^



2011-11-5-4
古河クラブでは『電気・磁気・電波と遊ぼう』と題して
クラブ員自慢の作品が出展されていました。

今回も電光掲示板を出動! 市民文化祭では外光で
よく見えなかったのですが、今回は屋内なのでバッチリ(^^)v



2011-11-5-5
こちらが古河クラブブースの様子。
訪れた小学生たちに自慢の作品を使って遊び方を説明しています。



2011-11-5-6
毎年好評なのがこれ。
当ブログではお馴染み、超・凄腕営業マン JR1UTI
藤田さんによる『トランシーバーで遊ぼう』という企画。

今の小学生はトランシーバーに触れたことがないのでしょうか?
驚くかも知れませんが、最初に『お互い片方ずつ話してね』と
PTT操作の説明をしないといきなり ”同時通話” を始めちゃうからです。
私の時代は男の子は学研のトランシーバーを1台持っていることが
ステータスだったんですけどね ^^;)



2011-11-5-7
こちらは電波適正利用のパンフレットと各種ノベルティーを
配布する JH1WFK 深津さん。



2011-11-5-8
他のブースも紹介しましょう。
こちらはウチの次男が通う総和工業高校の電子機械科の生徒が
製作した電気自動車。なかなかの出来です。



2011-11-5-9
こちらは古河第三高校科学部のブース。
何と、自分のDNAを抽出し、それを見せてくれるという
ハイテクなコーナーでした!

実は私、ここ科学部のOBなんです^^
当時は科学部に『無線班』と『天文班』という2つの班があり
私は当然、無線班。当時は校舎屋上の部室から
大声張り上げてQSOしていたものです。(近所迷惑か ^^;)

顧問の先生とお話したところ、科学部も実は6年前に
復活したばかりで現在はご覧のようなバイオテクノロジーといった
分野を中心に純粋な”科学”を楽しむ部として活動しているとか。
いつかまた無線班のような分野に枝分かれして発展して
いって欲しいものです^^



2011-11-5-10
こちらは古河クラブブース隣の化石作りのコーナー。
本物の化石を使って型を作り、2液性の樹脂で固めて
化石の模型を製作していました。



2011-11-5-11
こちらは科学の祭典の定番!古河第三小学校の児童による
『スライムを作ろう』コーナー。
スライムって結構簡単に作れちゃうって知ってましたか?



2011-11-5-12
楽しかった科学の祭典も終わり、後片付けをするクラブ員。



2011-11-5-13
参加したクラブ員揃っての記念撮影
(撮影:JI1WLB 杉山会長)

参加された各局、市民文化祭に続き大変お疲れさまでした!




スポンサーサイト



コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.