FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JARL 大阪総会へ出席してきます!

今度の日曜日、5月29日はJARLにとって
全会員を対象にした総会としては最後の総会となります。
…ホントは去年の名古屋が ”最後の総会” になるハズ
だったんですけどね…ご存じのように重要案件が
否決されましたからwww

で、去年はそんな ”荒れる” 総会を一目見ようと
名古屋入りした訳ですが、前述した通り重要案件が
否決され去年暮れの臨時総会、そして今年は
ホントにホントの ”最後の総会” になるということで、
今年も私は記念として出席することを決めました。

そして、全く歯が立たないことは承知ながらも
JARLの案件を徹底的に『反対』してこようと考えています。

さて、先日みなさんもご存じ JA1KSO 伊藤さんの
『アマチュア無線活性化への提言』がついに最終章を
迎えました。約10年間にも及んだ最終章には

”結局JARLは新しく蘇るわけでもなく古い体質から
抜け出せずただ時間だけが過ぎていきました”
と、
組織の新陳代謝がなされなかった現実を嘆き、そして

”もはやひとつの時代そしてアマチュア無線の役割も
終わろうとしているのでしょう”
と結んでいます。

10年前に始めた『活性化』への提言…結局、
活性化されないままのJARLに見切りを付けた訳です。

私も伊藤さん同様の考えです。

中学生の時にアマチュア無線の世界にデビューし
入会した当時のJARL会員証には『原 昌三』さんの名前、
あれから30年経った現在、今ある会員証にも
『原 昌三』さんの名前…今年、関西のゴタゴタに
巻き込まれたとかで(公式には高齢が理由らしいが)
ついに辞任する意志を固めるも、”北朝鮮バリの長期政権”
許されたJARLって、本当に今までアマチュア無線家の
代表としてふさわしい存在だったのでしょうか?


私も去年、そんなJARLの県支部役員に名を連ねた
時期がありました…が、それも1年も経たずにクビ。
理由はみなさんもご存じ、あの ”常陸大宮事件” ですが
与えられた任務を遂行しない、結果・情報を公開しない、
それどころか、現在の県支部HPから
『監査指導委員』という名称がついに ”消滅” してしまいました。

その役職が消滅した訳ではありません。
要するに、”雲隠れ” した訳です。

いつからこんなクズ団体に成り下がってしまったのでしょうか?
あの事件をキッカケに、私は親JARL派から
”反JARL派” へと改宗したことは確かです。
国(総務省)から与えられた任務をまともにこなせない
のであれば権限を返上すればよろしい。
建前だけの役職なんて、それこそ赤字財政のJARLの台所を
更に悪化させるだけではないでしょうか?
伊藤さんが240もの提言で度々登場させた

”JARLはQSLビューローだけしていればいい”
”会員もそれだけしか期待していない”
 と、
こんな的を得た言葉が他にあるでしょうか。

29日、そんなJARLの最後の総会へ出席しに行く訳です。
WiRESやEcholink、APRSの一部の方からは
私に委任を託したとの連絡も受けました。
本当にありがとうございます。
今回の総会は特に注目される案件がある訳ではありませんが
各局の意志を ”最後の”議事録に記録させてくることが
私の義務ですから、確実に果たしてきたいと思います。

来年以降、全会員を対象とした総会はもう開催されません。
選ばれた社員(代議員)による社員総会へと変わります。
…そして数年後、活性化されないまま
崩壊するJARLの断末魔の叫びを、
みんなで鑑賞しましょうwww





スポンサーサイト

コメント

 
 連続投稿すみません。

>VoIP無線

 ググってみました。
 まだ、やりもしないうちからあれこれいうのもなんですが、スカイプのアマ無線版といった気がしないでも。
 まあ、時代の流れですし、金がない、家も狭い、マンション、アパート住まい、近所迷惑などの問題からでかいアンテナが立てられない、高出力の無線機が持てない、だけど、海外や遠方に電波を飛ばしたい、といった人には福音でしょうね。
 というか確かに苦労して「まともに」電波飛ばすよりは、はるかに楽なこちら側Onlyになってしまうのは無理ないかも。

 HPでお子さんの車免許ゲットの顛末を語っておりましたが、御子息に限らず、最近の若い男子はあまり、クルマに興味とかこだわりを持たない子が増えてますね。
 うちの職場の学校出たての若いのも、免許は仕事で必要だから仕方なくとったって感じですし・・・。
初めまして。JN1NVQです。
コメントありがとうございます。

確かにその通りです。講習会も、そして国家試験でも
会場は結構若い人も受験しています。
また、毎年8月に東京ビックサイトで開催される
ハムフェア会場でも若い人が多いのに驚かされます。

その割に、無線機のダイアル回しても聞こえてくるのは
ジィさんらの声ばかり…で、若い人達はどこにいるの?

その答えは100%正解じゃありませんが、
私はVoIP無線にあると思ってるんです。
レッドバロンさんはこれからアマチュア無線にデビュー
するんですよね? であればVoIP無線という言葉は
初めて聞くと思いますが、『Echolink』や『WiRES』で
ググッてみてください。詳しく知ることが出来ると思います。

私はアマチュア無線の世界にデビューして30年経ちますが
内、20年は空白期間があったんです…で、何故また
無線にカムバックしたかと言うと、このVoIP無線がキッカケ
だったんです。今年で私は45になりましたが、私の世代は
学生時代、クラスまたは学年に必ず数人のハムがいた
時代です。その殆どの方はこの趣味から去りましたが、
ここ数年ボチボチとカムバックしている傾向があるんです。
VoIP無線がキッカケになっている方もいるはずです。

レッドバロンさんはこれからアマチュア無線の世界に
デビューする訳ですが、このVoIP無線という世界も是非
触れてみてはいかがでしょうか?

ここで、ひとつだけ私からアドバイス申し上げます。

デビューはVoIP無線ではなく、ごく普通の
伝統芸能アマチュア無線からデビューしてください。
レッドバロンさんが出した電波を直接、相手に届かせて
QSOを楽しんでください。
『あぁ、こうやって電波が相手に届いていくんだ~』
という実感を体験してください。それからVoIP無線の世界に
いらしてください。これは私からのお願いでもあります。

これをスルーしていきなりVoIP無線からデビューすると
もうVoIP無線オンリーの人になってしますます。
ほぼ確実にそうなります。
何故?…それはレッドバロンさんがデビューされた際に
電波でお話したいと思います。その日が来るのを
楽しみにしております^^


 初めまして。アマ無線川柳のHPから辿って、ここに行きつきました。
 ハンドル名は適当。近くのバイク屋の名前から。年代は40代初頭。
 若者時代はアマ無線には全く関係も興味もナシ。

 仕事上の成り行きで電波に関心を持つようになり、現在、ハンディレシーバー(ユピテル MVTー7500)所有。先日、JARDの4アマ無線の講習会に出席、現在、総務省よりの免許待ちの状況・・・。

 以上が私のプロフィールです。J1NVPさんは、アマ無線の高齢化をお嘆きになられているようですが、先日、JARDの講習会に参加してみた限りでは、たしかに中高年の方々がマジョリティではありますが、20、30代と思しき連中もそれなりにいましたし、女性も数名くらいいて、決して「敬老会」状態って感じでもなかったですが・・・。
 
 興味深いのは、20、30代の若者連中。オタク系ばかりかな?と思いきや、そうでもなく、元ヤン(ヤンキー)系、とかファッションがヤクザ趣味の人とか、およそ無線のイメージからかけ離れた人々も結構いたこと。
 
 でも、一回だけ覗いた、地元(首都圏)の無線クラブは確かにおっしゃる通り(敬老会)でした。

 免許取得者は決して「敬老会」状態ではなかったのに、実際にアクティブなのは50代以上の方々ばかり・・。このギャップはどうなっているんでしょうね?
 何か事情でもあるんでしょうか?
 
このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。