FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガイダンス運用の記事の削除依頼を受けて(私なりの意見)

昨年12月の常陸大宮市でのハンターによる
アマチュア無線の違法運用や筑波山からの
関東平野でのトラッカーによる違法運用に対する
ガイダンス運用について、このブログへ掲載したことが
ある方からクレームを受けたことにより、
支部長要請で削除することにいたしました。

削除はいたしますが、これについて
私なりの私見も同時に残しておきたいと思います。




1-15-1
先ずこの件について支部長から電話があったのが
昨夜(1/14)のこと…その要旨は

『ガイダンス運用をブログに掲載されては困る』

誰が、どのように困るのか私も困るのだが…(汗)

要はガイダンス運用は違法者にとって目の敵であり
例え自分は良くても、他の指導委員にとっては
(次の)恐怖にもなる訳で、そんなハイリスクな目に
遭わせる訳にはいかない。過去には実際にそういう
体験をした人もおり、早急に対応して欲しい…とのこと。

支部長の要請とその理由はごもっともであり
私もそれに応えたいと思います。


それにしても…12月に掲載した記事がこれだけの
反響を受けるのはある意味、嬉しいものです。
掲載以降、私宛に数通のメールが届きましたが

『初めてガイダンス電波というものを聞きました』
『監査指導委員も仕事してるんですね…初めて知りました』

大変ありがたいご意見で光栄であると同時に
この”初めて”という言葉に情けなくもなりましたね。
私が知るところでは、この制度が出来て”勇ましい”指導委員
たちによるガイダンス運用が各地でトラッカーを中心に
トラブルを起こしたり、またトラッカーの業界が総通へ
クレームをすれば総通は

『それはJARLの管轄ですから』

と、何と自分たちは関係ないと言い放つ始末…
で、肝心のJARLはこの”怖い”団体に対しては

『ガイダンス(の内容)は別に強制じゃありませんから』

と。これが全国の監査指導委員のヤル気を削いだと
言われているとか、いないとか…
私が一般ハムの常識として知る監査指導委員とは

”名前だけ載っけてて仕事しない”の代表各

私自身、そんな悪評高い監査指導委員に昨年から
なった訳ですが、なってみて今回の件で気付いたことが
まさに ”ここにあり!” だと思ってるんです。
私宛に来たメールは全て”活動お疲れさま。頑張ってください”
的なメールだった訳です。今回、支部長から要請されたことは
100%逆の内容…しかもネタ元は私に直にコンタクトして
来る訳ない
…ある意味、イヤラシイ考えの持ち主だ!
ネタ元には申し訳ないけど、頭のいいやり方とは言えませんね。
支部長の丁寧な説明だけが唯一の救いです。

監査指導委員の活動は非常に”危ない”仕事であると
理解しています。だとしても全国の一般ハムが常識として
とらえる監査指導委員のイメージ払拭も大切では
ないでしょうか? これに幻滅して活動を辞めちゃうのは
簡単ですが、私は将来『変えて』みせますよ!

Q:20年後は誰がこの活動をするのでしょうか?
今のJARLに20年後も現役…なんて人はいませんから(笑)




話は変わって…
2/27(日)は千葉県のハムのつどいがあるそうです。
今年は行くまでもないな、と思ってたのですが

気が変わったから千葉でも行ってみようかな…




スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。