FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライブカメラのステーを変更しました

9月12日に取り付けたライブカメラは
各局から予想以上の好評をいただきましたが、
個人的には一部、改良点があると考えます。
それは、

・そよ風程度でステーが揺れる!
・ステーがSUS製でアンテナに悪影響を与える恐れが…

ステーは頑丈にとSUSで作ったものの、
結果としてツバが長過ぎて、
揺れをかえって増幅させることに…

またスタックの中央に位置するステーは
アンテナにとって”異物”以外の何物でもない。
SWRに変化はなくても、ビームパターンに
何かしらの変化はあると考えるべきでしょう。



9-26-1
…という訳で、ステーをSUSから塩ビ製に
変えると共に、補助ステーを付けて
揺れを抑える構造に変更しました。



9-26-2
これが現在のステー。
頑丈にとSUSで作った訳ですが、結果として
補助ステーのない構造だった為、そよ風程度でも
揺れを止めることは出来ませんでした…



9-26-3
ステーをSUSから塩ビ製に交換した直後。
補助ステーの威力は抜群!
この日は台風の影響がまだ残って風が強かったのですが、
ステーの揺れは以前の半分以下。
しかも塩ビ(透明)になったことで、
タワーの下も写せるようになりました。
個人的にはアンテナ全体の目視チェックに使えそうです^^



9-26-4
ついでに、みなさんからリクエストの多かった
HFバーチカルのスパイダーラジアルについて紹介しましょう。

これがタワー上から見たスパイダーラジアルの全体です。



9-26-5
タワーを少し降りてきました。
ご覧の通り、このスパイダーラジアルは塩ビ管をクロスさせ
その周囲に各バンドのラジアル線をフルサイズで張っています。
フルサイズにしたことによって、各バンドのSWRは
非常にフラット! 7MHz帯も旧バンド帯の7000~7100KHzは
問題なく使えます^^



9-26-6
こちらが給電部。
一応、バランを介して給電しています。
使用可能なバンドは7・14・21・28MHz帯です。
アンテナチューナーを使えば3.5~28MHz帯まで
チューニング可能ですが、3.5MHz帯はかなり
厳しいかなぁ… ^^;)




スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。