FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タワー建設記(8)

5月8日、いよいよ生コン打ちをします。
実はまだ、タワーの垂直出しをしていません。
垂直出しにあたって、古河クラブのOM氏曰く

『クルマのジャッキを使うと簡単に
垂直出しができんがな!』

というアドバイスをいただき、更に

『金曜日に、いらねぇジャッキくれっから
取りに来うな』

と嬉しいお知らせが^^
という訳で、垂直出しは生コン打ち当日の朝
実施することに。


5-8-1
こちらがタダでいただいたジャッキ。
これを使ってどう垂直出しするのかと言うと…


5-8-2
このようにタワーの四方にジャッキをセットします。
これを微調整することによって…


5-8-3
タワーの垂直を出す訳です。
確かに、こりゃ簡単でええわ^^


5-8-4
垂直を出したら生コン打ちでグラつかないように
添え木でシッカリ固定します。

で、生コン打ちの際は、ジャッキごと
埋めてしまうのです。
勿体ない気がしますが、これが一番確実。
ちなみに、みなさんがジャッキを入手する場合は、
埋めてしまうことを考え、お近くの自動車解体工場
等から格安で売ってもらうといいかも知れません。


5-8-5
10:00 時間通り、生コン屋さんが到着しました!
今回はネコ車で何往復もして生コンを入れることから
現場で少しずつ練ってもらうことにしました。


5-8-6
練った生コンをネコ車に入れて
どんどん穴の中に流し込んでいきます。

最初は元気だったのよ、最初は…

やった人は分かると思いますが、
生コンって重いんですよ~
ネコ車で何往復したか、覚えてません ^^;)
我が家は庭が道路に面してなく
更にカーポートが邪魔して
コンクリートミキサー車が入れないんです。


5-8-7
それでも下の息子も手伝ってくれたお陰で
何とか生コン打ちが完了しました!



5-8-8
打ち終わった生コンの上に
養生シートをかけて、じっくり”育てます”。

コンクリートは早く固めようと直射日光に
当てたりするとひび割れ(クラック)が発生します。
1日2回程度、表面に水をまいて
出来るだけ表面を乾燥させないで固めるのが
コツです…コンクリートはセメントと水分の
化学反応で固まりますから、ここは垂直出し
の次に重要な工程です。

これを最低3週間は続けます。
コンクリートが最高の強度に達するのは
打設から28日後(JIS規格上)ですから、
今月のタワー建設はここまで。
6月からは、いよいよ上に向かって
タワーを延ばしていきます!



スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。