FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川県ハムのつどい

11月8日(日)、ハムのつどい第2弾ということで
今回は神奈川県を訪問しました。

今年の会場は小田原市の小田原箱根商工会議所。
その名の通り、小田原は箱根のすぐ隣。
ちょっと足を延ばせば熱海や伊東の温泉街ありという
羨ましい土地柄です^^

で、ここが会場となった小田原箱根商工会議所の入り口。

kanagawa1


会場地下1階のジャンク市。今年は小田原が会場ということもあり
横浜・川崎からの出店者が少なかったようです…

kanagawa2


JARL神奈川県支部のJA1LVB伏見支部長のあいさつ。

kanagawa3


JARL関東本部長、JH1UBU根本氏のあいさつ。
私と同じ、茨城県からの参加です。

kanagawa4


そしてご存じ、JA1AN原会長のあいさつ。
福島県では登場しなかった原会長、神奈川県では堂々の登場です!

kanagawa5

今回の参加者は約200人。福島県でも100人以上の
参加がありましたが、
やはり首都圏ということで参加者は多いですね。
但し、かつては1000人の参加者を誇った神奈川県も
今や写真のようにピークの約1/5へ…そして年齢層も
60・70代の方々が中心という、まさに”老人会”といった感じ。
福島県では40・50代と、それでも年齢層が高かったな~と
いう印象があっただけ、神奈川県のハムの高齢化は
かなり深刻だぞ!

…という訳で、こちらが会場の様子。
大ホールにイスを並べて講演を聴くというスタイルを採りました。

kanagawa6


最後はお楽しみの抽選会。
私はアウトドア用の食器セットが当たりました♪

kanagawa7

福島・神奈川両県のハムのつどいに参加して感じた大きな違い、
それは『主役の違い』…福島県は主にクラブや有志が中心となって
各ブースを設けて展示・デモを行う ”ハムフェア形式” を採用。

対する神奈川県は県支部が中心となって
大ホールにイスを並べて講演者の話を聞く従来の
”県支部大会形式”
を採用。どちらのウケがいいか?…もう私が言うまでもないでしょう。

神奈川県ハムのつどいでは参加者の高齢化が目立ちましたが、
それでも若い方はやはりいます。その若い方をいかに多く
呼び込めるか? つまり、どれだけ若い方にとって魅力的な
イベントに出来るか? が今後のカギになると考えます。


企画の段階で県支部はクラブや有志等に半ば ”丸投げ” する
くらいで若い方の力にまかせる…そのくらいの大胆な変革も
必要ではないでしょうか?

スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。