FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちばハムのつどい

3月10日(日)、今年も私は ”ちばハムのつどい” へ
参加してきました。今年で4回目の千葉県です。

千葉県は関東でのハムのつどいで王国群馬をしのぐ
ほど勢いのある県。何がすごいのかと言えば、ズバリ
”次世代ハムの育成にオール県支部で取り組んでいる”
ところでしょうか。言っちゃ悪いが、地元茨城を始め
私が見てきた関東・東北のハムのつどいで、次世代
ハムをここまで真剣に育てている県支部は、千葉県
以外にありません。JARL本部ですら、ここまで
”見える化” した活動をしているでしょうか?
今のアマチュア無線界で何が喫緊の課題なのかを
県支部として理解しているからこそ、こうした活動が
可能だと思っています。千葉県支部は本当に立派!

ここで褒めちぎっても始まらないので、早速ハムの
つどいをレポートしましょう。



2013-03-10-01
今年は流山市の文化会館という所で開催。
私の自宅から会場までは、クルマで約1時間。
今年は近くてありがたいですな~^^



2013-03-10-02
会場到着は9:30。早速、受付をします。



2013-03-10-03
先ずはハムのつどい名物、ジャンク市からです。
私にとって千葉県は、このジャンク市での些細なことが
キッカケで安田支部長と面識を得ることにもなりました。
そんな千葉のジャンク市ですが、毎年掘り出し物が
揃い、ついつい見入ってしまいます。



2013-03-10-04
開会は10:00からですが、ジャンク市はご覧の通り。
みんな(私も含め)ジャンク市が楽しみで来ているような
もんですからね♪



2013-03-10-05
それでは、各コーナー毎に紹介していきましょう。
トップバッターは、定番の総務省関東総合通信局による
電子申請Lightのコーナーです。



2013-03-10-06
続いて、別館3Fにあります展示コーナーからは
千葉端喜倶楽部によるATV通信のデモの展示。
テレビもデジタル化ということで、こちらもデジタルTVの
デモを展示していました。



2013-03-10-07
こちらはエレクトロデザイン(株)によるエレクラフト社製品の
デモ機の展示。名機、K3やKX3シリーズは国内メーカー
ではお目にかかれない、シャレたデザインがいいですね。



2013-03-10-08
こちらはパケット通信に関する展示コーナー。
千葉県は有志によるRBBSのネットワークが大変発達
しており、3.11の震災で通信インフラがダウンした際は
無線のメリットを生かして貢献したそうです。



2013-03-10-09
こちらは光通信のデモ展示です。
光を発する一般的なLEDが実は受光素子にもなる、
という目からウロコ的な解説文に、思わず見入って
しまいしまた。



2013-03-10-10
こちらはハムログの使い方を紹介するコーナー。
実は私、ログ帳に関しては紙ログ派なんです。
というのも、もっぱらモービル主体なもんで・・・^^;)
とは言え、今やコンテストもハムログでの提出が
必須の時代。アマチュア無線家はPCが使えて
当たり前の時代ですから、ここは是非とも
広めていただきたいところです。



2013-03-10-11
こちらは1アマを対象としたQRO免許取得無料相談
のコーナー。去年の埼玉県にも来ていましたっけね。

『中途半端なパワーで何度も呼べど応答してくれないより、
ガツン!と1KWで一発コールの方が、よっぽどエコ』

このセリフは非常に説得力がありますねぇ~



2013-03-10-12
こちらはα50による、ジュニアハムの活動紹介の
コーナー。定番のO-Plus Bookの販売もシッカリ行って
いました。安田支部長はα50がオキニなのか、
県支部のHPにもリンクが貼ってありましたが、
私はα50の活動は申し訳ないけど支持しません。

今やα50は単なる知名度向上&書籍販売を
主目的とした団体に成り下がってしまった、と
見ているからです。また、私の考え方として
ジュニアはアマチュア無線本来の醍醐味である
『HFから始めよ!』という趣旨から大きく外れ、
VoIPを使ったジュニア・ロールコールを展開しており
これこそ私が支持しない最大の理由です。
私自身は、VoIPを楽しんでいるひとりですが、
ジュニアはVoIPから入門すべきではない!
本来のアマチュア無線の楽しみを知らないことに
なりかねない、というのが私の考えです。



2013-03-10-13
そして、これこそ私が千葉をベタ褒めするシーン。
特別記念局8J1BOUSAI公開運用のコーナーです。
小中学生がオペレートする姿を撮影出来るのは
ここ千葉県だけ。ジュニアハムを育成するには、
まさにこれ! と言いたい。
電波を相手に飛ばして通信する。しかも、いい加減な
アンテナや無線機では相手に届いてくれない。
どうやって遠く離れた相手に自分の電波を届けるか?
それを自分の頭で考え、工夫し、実行する楽しみこそ
本来のアマチュア無線だと考えています。
VoIP無線はアマチュア無線の応用分野。
ジュニアは先ず、基礎である伝統芸能アマチュア無線
から始めて欲しいと思います。



2013-03-10-14
続いてメーカー展示を紹介していきましょう。
先ずはアイコム(株)による最新無線機の展示。
昨年発売されたIC-7100を始め、D-STARの
宣伝はもはや定番となっていますね。

ん、そのMr.D-STARはどこへ行った?
昨晩の新年会で二日酔いになってゲロ吐きに行ったか^^;)



2013-03-10-15
続いて、第一電波工業(株)によるDIAMONDアンテナの
展示。HFモービルのアンテナが目立っていました。



2013-03-10-16
その向かいで対抗するのがコメット(株)による
COMETブランドのアンテナと各種測定器の展示。
今やクラニシさんが廃業し、アンテナアナライザーは
国内メーカーはコメットが独断場となってしまいました。



2013-03-10-17
こちらは八重洲無線(株)による無線機の展示。
八重洲のイチオシ、FTDX-3000を中心とした
豪華ラインナップで通行人の目を引いていました。



2013-03-10-18
大ホールでは各種講演会が開催されていました。
こちらは関東総通による電子申請Lightの講演会の
様子です。



2013-03-10-19
続いて、Mr.D-STARこと、アイコム(株)が誇る
今やD-STAR界でこの人を知らない者はいない、
とまでに成長したJR1UTI 藤田さんによる
講演会の様子です。



2013-03-10-20
ハムのつどい名物、ド派手なクルマたちの
コーナーです。今年は流山市での開催とあって
隣の埼玉、そして茨城からのお客さんが目立ちました。
一方、今日は東京で支部大会がバッティングしている
影響か、東京からのお客さんは少なかったと思います。
まぁ、何はともあれ、千葉県のモービルハムは
大変ド派手好きなようですね^^



2013-03-10-21
こちらは展示車両でしょうか?
会場の裏手に止まっていたキャンピングカー。
こんな車両で全国各地を移動運用出来たら
最高でしょうねぇ~♪



2013-03-10-22
こちらがその内部。
ラックにぴったり収まった無線機が格好いいですね。



2013-03-10-23
お昼をはさんで 14:00 からは午後の式典です。
千葉県は和服姿のJA1FAS 植草さんの司会が定番。
他の支部では見られない、品の良さを出していますね。



2013-03-10-24
先ずはJL1HHN 安田支部長のあいさつ。



2013-03-10-25
続いて、千葉県支部の活動に貢献されたクラブ・団体
への感謝状授与。



2013-03-10-26
今回は東京支部の大会とバッティングしたせいか、
JARL本部からの来賓は稲毛会長ではなく
JG1KTC 高尾理事が代わってあいさつをしました。



2013-03-10-27
そして他県支部からは茨城県から
JH1WFK 深津支部長があいさつ。



2013-03-10-28
続いて、オール千葉コンテストの表彰式です。



2013-03-10-29
小中学生の表彰状授与が見られるのは
関東では(私が知る限り)千葉県だけ。
こちらは8J1BOUSAIをオペレートしていた
子でしょうか。



2013-03-10-30
こちらも去年受賞した子だったと思います。
千葉県支部のこうした活動はJARL本部も
是非、見習って欲しいものです。

それと、α50も・・・O-Plus Bookの販売や
VoIPロールコール・・・全国に知名度を上げる
には確かに有効でしょう。しかし、ジュニアハム
育成は ”草の根運動” が基本。O-Plus Bookの
製本には多くのスポンサーが協賛している
ようですが、これこそが大人のする論理。
ジュニアがする活動にあらず!です。
自分の身の丈に合った活動をコツコツする。
その宣伝は己ではなく、地道に活動していけば
自然と誰かがネットで広めてくれるでしょう。

※ハッキリ言っておきます。
 私は背伸びし過ぎたジュニアには厳しいですよ。



2013-03-10-31
こちらは制服姿の中学生でしょうか。
大勢の前での表彰状授与は大変名誉だった
ことでしょう。



2013-03-10-32
表彰者全員での記念撮影。
どこかの県支部みたいに、表彰式に事前の
出席要請もせず、寂しい表彰式になるような
こともなく、千葉県はこの点でも立派ですね。



2013-03-10-33
そして、いよいよみなさんお待ちかね!
お楽しみ抽選会の時間です^^



2013-03-10-34
こちらは支部長賞を見事ゲットしたお方。



2013-03-10-35
ちなみに、今回の出席者は県支部HPでの発表では
何と、800人以上!! すごい数です。
これだけの人数を動員出来るのは、ただ人口が
多いからではなく、やはり県支部に ”魅力” を感じる
からに他ならないのではないでしょうか・・・



2013-03-10-36
あれ、いばらきネットからは、ちゃっかり7M4MAS
古谷さんが賞品をゲットしていました^^



2013-03-10-37
1等の抽選も終了し、最後まで呼ばれなかった人は
県支部からキーホルダー、ボールペン等のグッズを
お持ち帰り。私も今回はカスリもしませんでした ^^;)



2013-03-10-38
会場の外は駐車場を出るクルマでプチ渋滞。
午後からは強風&煙霧の影響で視界不良に・・・

私が見てきた関東近県のハムのつどいの中で、
千葉県ほどアクティブな支部はないでしょう。
かつて電波適正利用推進員をしていた時も、
千葉県支部は大変活発だったのを記憶しています。
ジュニアハム育成にかける考え方、そして活動も
是非、他県の支部は見習って欲しいものです。
安田支部長は現在50代と、高齢化している
アマチュア無線界では若い部類ではあるも、今から
次世代にバトンタッチする準備は必要だ、という
考えを持っているそうです。それが本来の
”あるべき姿” だと思いますね。70・80を過ぎても
ポスト・役職に固執する姿は見ていて痛々しいです。
アマチュア無線界は今後10年以内に
現在の長老たちの大量SKで、一気に沈降する
ことが確実です。その時、今の30・40代にいきなり
バトンを渡すつもりでしょうか?
そんなバトン、私は受け取りたくありません。
次世代育成はジュニアもそうですが、次世代幹部の
ことも考え、1日も早く現役引退→役員総入れ替えを
実施して欲しいものです。

えっ、どこの支部に向かって言ってるのかって?
ご想像にお任せしますよ!



2013-03-10-39
午後からの強風で、私のクルマもご覧の通り。
今月はこんな日がまだ続くと思いますから、クルマの
掃除は4月になってからしましょう ^^;)




スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。