FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JARLにD-STARを愛する気持ちはない (3)

D-STARはご存知の通りJARLが開発した
デジタル無線でWiRESやEcholinkのような
インターネット経由で遠方の局とハンディー機
ひとつで簡単、かつ ”確実に” QSOが出来る
のが特徴だ。要するに、D-STARもVoIP無線
のひとつであるが、WiRESやEcholinkとの違いは
『JARLのレピーターを使用すること』 と、
『1対1対応のQSOが基本』 ということだ。

D-STARは日本で生まれ世界で成長を続ける
素晴らしいデジタル無線システムであることは
私も認めるが、日本で生まれたクセに日本で
成長しない・・・正確には ”出来ない” というのも
情けない。そりゃそうだろう、先に挙げた

『JARLのレピーターを使用すること』
『1対1対応のQSOが基本』

この2つが成長の足かせになっているからだ。
特に足かせなのが ”JARLが管理している”
という点。開発したのはJARLかも知れない。
しかしそこから先は何故、アマチュアに開放
しないのか? 己が管理するならするで
何故、次の進歩がないのか?

身近な例を挙げれば分かりやすい。
例えばAPRS。これを仮にJARLが管理したら
どんな事態になったとみなさんは思うだろう?

私はこう考える。
先ずは登録。今のD-STARのようにインターネット
経由でビーコンのゲートウェイを希望する者は
先ずはJARLのサーバーに登録する必要が
出てくるだろう。まぁ、これは今でもI-Gateや
スマートフォン経由で自局情報をネット上に
ゲートウェイする際は登録が必要だから、
それ自体は正しい手順と思う。

問題はI-Gateやデジピーターだ。
これらはほぼ間違いなくJARLの利権を絡めて
くるに違いない。要するに、今のように誰でも
好きに設置出来るのではなく、JARLの登録クラブ
とか親JARL系の管理団体にその”特権” を与える。
適正配置と言いつつ、蓋を開ければ特定の地域
特定の団体が周囲のAPRS利用局を支配する
ようなスタイルになるだろう。


先に述べたスマートフォン云々・・・についても
これは多分、ご法度になるに違いない。

アマチュア無線なんだからスマートフォンからの
利用なんてもってのほか! APRSを利用するなら
ちゃんと無線機から電波を出しなさい、とばかりに
無線機メーカーの利権もしっかり保護するだろう。

そんな状況で今のような盛り上がりが果たして
あったと思うだろうか?


欧米でD-STARは日本以上の人気を誇る。
これはアマチュアが自ら立てたリフレクターを使って
気軽に、かつ”自由に” 利用出来る環境が幸いして
いることに他ならない。
WiRESやEcholink、そしてAPRSは基本的に
アマチュアによる”自治” で成り立っている。
というか、それが普通だろう。ガキじゃあるまいし。
今や30万局へ減少したとは言え、その30万局中の
たった6万数千局でしか組織しないJARLが何で
アマチュア無線家の代表とばかりにD-STARの
基幹システムを牛耳る必要があるのか?

今や『老害』としか思えない奇策で進歩どころか
退化する一方のJARLにアマチュア無線家の
代表を名乗る資格はない。





スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。