FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハムフェア2012

8月25~26日にかけて今年もハムフェア2012が
東京ビックサイトで盛大に開催されました。

今年、私は26日(日)に私用で不参加という残念な
状態での参加でしたが、初日の25日はいばらきネット
各局のおかげで楽しく過ごすことが出来ました。
今回は25日の出来事のみの紹介となりますが
みなさんに報告したいと思います。



2012-08-25-01
25日(土)、開催1時間前には準備もほぼ完了。
今年のいばらきネットの展示物は毎年恒例のAPRS,VoIP無線
の紹介と共に、つくば市で開催されたアメリカFCC試験の
紹介と受験者募集の宣伝をさせていただきました。



2012-08-25-02
開場は10:00から。こちらはまだ9:00の段階。
みなさん、相当気合いが入っています^^



2012-08-25-03
9:45より開会式がスタート。
先ずはJA5MG 稲毛会長のあいさつから。
稲毛会長は今回が会長職として初のハムフェアです。



2012-08-25-04
早速、各ブースの紹介をしていきましょう。
こちらはJG1KTC 高尾理事率いるアウトドアの出展。
お馴染み、スピードくじのブースです。

毎年、ブースの中で特に盛り上がるブースでありますが
ここに高尾理事がいてもいいの? といつも思います。
ある意味、”突っ込み所満載” のブースのような気がします。



2012-08-25-05
こちらはお隣にあった全国高等学校文化祭連盟
アマチュア無線専門部設立準備会というブース。
そんな準備会があったんですね。

今や若い人たちがめっきり少なくなったアマチュア無線の
世界・・・私の時代は工業は勿論、普通高校にも無線部が
多く存在していました。いわゆるインターネットや
携帯電話等、無線に代わるメディアの発達が原因と
言われるも、私は決してそんなことないと考えるひとりです。

アマチュア無線はこんなに楽しいんだ! というプレゼンが
ヘタクソなだけです。それを率先すべきJARLが
他力本願にダラダラ過ごした結果が今の姿だと思うんです。
今こうして頑張る先生たちは今が一番大変な時期と思いますが
是非、実現に向けていただきたいものです^^



2012-08-25-06
こちらはD-STAR紹介のブース。
今年は同様のブースが結構目立ちました。
ID-31が発売されてD-STARユーザーが急速に増えた結果だと
思います。後に紹介しますが、アイコムより新しく
ID-51が発売されるようです。ますますD-STARユーザーが
増えていくといいですね。



2012-08-25-07
そんなD-STAR紹介ブースの中でひときわ光ってたのが
このブース。ご覧ください、今やD-STARユーザーで
知らない者はいないと言われるMr.D-STARこと
JR1UTI 藤田さんです。今回はメーカーではなく
有志としてクラブ純粋での出展です。



2012-08-25-08-2
こちらは総務省関東総合通信局による電子申請Lightの
ブースです。



2012-08-25-08-1
単なる紹介だけでなく、実際にその場で電子申請について
アドバイスが受けられるコーナーを設けてサービスを
していました。



2012-08-25-09
こちらはルソーの大型タワーの実機展示。
いやぁ、たまげました! 高さは何と80m!!
これだけ高いとさすがに垂直に起こしての展示はムリでしょう。
それにしても80mとは圧巻です。実際に伸ばした状態を
見てみたいものです。



2012-08-25-11
こちらは電気の散歩道のコーナー。
地味ながらも、結構人気のあるコーナーでお馴染みです。
こちらに展示してある各実験機材には古河クラブの
OM諸氏が作ったものも多数展示されているんです。



2012-08-25-12
今年のハムフェアのテーマは
『ビックサイトでみつけるハムの未来』
という訳で、今年はジュニアハムの団体、α50Projectが
JARLから出展となっていました。

テーマに対しJARLの現状は10代の会員比率が
全体の何と0.4%、20代もたった1.3%というお寒い状態。
年齢のピークが50代後半というのですから、これでは
ハムの未来もへったくれもないでしょう・・・
(会員比率は某ブログ資料より転載)

α50は今や全国区として知名度は向上したようです。
ただ、以前も述べましたが私個人としてα50は
活動の軸足がブレたと考えているんです。
当日もそうでしたが、力を入れていたのがα50が
制作したO-Plus Bookというビギナー解説本。
今やジュニアハム育成からO-Plus Bookの販売が
軸足になったと言いたいのです。
α50が設立された当時の活動理念を振り返り
これまでこのプロジェクトを去って行った者たちの
ことを思い返しながら軸足を修正して欲しいのが
私の願いです。




2012-08-25-13
こちらはJARLの入会コーナー。
通常の入会よりお得なサービスが付くということで
結構な賑わいでした。毎年減少を続けるJARL
としては嬉しい限りでしょう。



2012-08-25-14
こちらは工作のJARLによるコーナー。
今年は何と、韓国のKARLも加わっての開催です。
今この微妙な時期に韓国と合同開催とは・・・
まぁ、アマチュア無線に政治的な関与があっては
ならないのですが、これが逆の立場だったら
間違いなくこの企画はないでしょう。

それだけ日本人はお人好し、だということです。



2012-08-25-15
さて、メーカーブースの紹介をしていきましょう。
先ずは八重洲無線のブースから。

こちらは去年、D-STARに対抗してFDMA方式のFT-1Dを
発売するとアナウンスしつつ様々な原因で延期。
しかし何とか今年のハムフェアまでには技適も通り
晴れて発売への目途が立ったようです。

そして今年の目玉はやはりFT-1Dに続く後発の
モービル、そしてレピーターの発売計画。
やはり八重洲がプレゼンしていたレピータとは
WiRESのことだったようです。

その名も ”WiRES-X”

WiRESⅢではありませんでしたね・・・
メーカーの方に聞いたところでは、現在のアナログWiRES
との互換性はない、とのこと。これでは現在の
WiRESネットワークのメリットは生かされないのでは?
八重洲の思惑として、早くデジタルのWiRES-Xへ移行して
もらいたいがための戦術とも読み取れますが、
これが吉と出るか凶と出るかは私も微妙です。
少なくとも、今のWiRESⅡユーザーがこのHRI-200を購入
する際は移行特別値引きを実施する等の対策が
絶対必要ではと考えています。



2012-08-25-16
そんなFT-1Dのデモ機がこちら。
いろんなゴタゴタがこの1年あったことから
ブースの全面ではなく側面での展示でしたが、
八重洲としては今一番売れて欲しい機種であるのは
間違いないと考えています。



2012-08-25-17
こちらがついにベールを脱いだHRI-200のデモ機。
今のHRI-100と大きな変化はありません。
果たしていつ発売されるのでしょうか?
展開次第ではD-STARを数年でぶっちぎる破壊力を秘めた
ものになると大胆予想しています。



2012-08-25-18
そしてこちらがFDMA方式を採用したモービル機のデモ機。
結構オシャレです。WIRES-Xが展開される際は、これが
ノード機として多くのユーザーに買われるという訳です。



2012-08-25-19
こちらはお隣、ケンウッドのブースです。
ケンウッドと言えば美人コンパニオン♪
今年も気合い入れて大量投入しています^^



2012-08-25-20
カメラを向けるとご覧のポーズ。
どうです? たまんないでしょ(爆)

ん、誰ですか、股間のロッドアンテナが伸びてる人は ^^;)



2012-08-25-21
こちらはアイコムのブース。
アイコムは今年は特に気合いを入れて新機種を大量投入。
先ずはIC-7000の後継機という位置付けのIC-7100。
これまでのIC-7000より固定機としての使われ方を意識
したデザインですね。かなり売れそうな気配です。



2012-08-25-22
そしてこちらがID-31の後継機、ID-51
430MHzモノバンドのID-31に対し144MHz帯も加えて
リニューアル。D-STARユーザーを爆発的に増やしたと
言われるID-31の後継機として注目度は抜群ですが、
やはり気になるのが値段。何故ID-31が売れたのかを
考えてID-51の価格設定をされることを希望します。



2012-08-25-23
毎年、コンパニオンに関しては残念なアイコム。
しかし今年は意外にもかわいい^^
顔が撮れてなかったのは残念! でもかわいかったです。



2012-08-25-24
アウトドア運用を意識した展示をしていたのが
DIAMOND ANTENAのブース。
キャンピングカーでこんな移動運用が出来たら
楽しいでしょうね。



2012-08-25-25
ハムフェアと言えば公開運用も楽しみのひとつ。
こちらは特別記念局、8J1Aの公開運用コーナーです。
今日の受付は午前中で終了! 毎年大人気です。



2012-08-25-26
海外からもハムフェアへ出展をされていました。
こちらは中東、カタールの連盟のブース。
中東諸国はやはり金持ちです。名刺も豪華、
カードも豪華。是非、アマチュア無線を通して
中東の方とお友達になりたいものです ^^;)



2012-08-25-27
こちらはベトナムのブース。
ベトナムの素敵な風景がブースに飾られていました。
こちらも移動運用として行ってみたい国です。



2012-08-25-28
こちらはルクセンブルク(?)のブースです。
(ごめんなさい、最初どこの国か分かりませんでしたが
ドイツ語のポスターにそう書いてあったもので・・・ ^^;)



2012-08-25-29-1
こちらはご存じ、CQ出版社のブース。
各種書籍の販売をしていました。



2012-08-25-29-2
こちらは民間初の養成課程講習会を手掛けた
(株)キューシーキュー企画のブース。
JARDの講習会より良心的な受講料と高い合格率で
今一番注目されています。



2012-08-25-30
こちらはCWマニアならご存じ、
GHDの各種電鍵の販売です。
毎年かわいい売り子さんでスケベおやじ達の
股間と財布のひもをゆるゆるにしています。



2012-08-25-31
会場では各種イベントも開催されました。
トップバッターは先ほど紹介したα50による
『ニューカマーの育つコミュニティづくり』
というプレゼンを披露。



2012-08-25-32
聴講者も結構多いです。
それだけ注目度が高い証拠ですね。



2012-08-25-33
クラブ純粋展示についても紹介していきましょう。
こちらはJAPRSXネットワークによるAPRSの
紹介。日本で唯一のAPRSワーキンググループに
認定されたです。



2012-08-25-34
こちらはARDF日本によるARDFの紹介。
特に高校生人口が多いARDFを通してアマチュア無線の
若返りを期待されています。



2012-08-25-35
こちらはWiRESの愛好団体
ワイヤーズ ネットワーク コミュニティーズのブース。
写真にあるように各クラブコールが紹介されていますが
こちらはそのクラブ各局による合同ブースという位置付け。



2012-08-25-36
そのお隣にあったのが今や密かな人気の中国製
ハンディー機の販売ブース。今年から海外製造の
オフバンド送信可能な無線機販売は厳しく取り締まると
豪語していたJARLに対抗して日本のアマチュアバンド
のみ送信可能になるよう”設定”した上での販売でした。
(この”設定”というのがミソですがね ^^;)



2012-08-25-37
人んちのブース紹介はこれくらいにして・・・
我ら、いばらきネットのブースへ帰ってきました。



2012-08-25-38
お客さんに放射線カウンターの説明をする
JN1LIB 斉藤さん。



2012-08-25-39
お隣では今年からつくば市で始めたFCC試験について
説明するJR3QFB 曽根さん。



2012-08-25-40
そんな私はまたしても旅へ・・・(爆)
※だって今日しか楽しめないんだもん ^^;)

私とJN1WYF 大友さんとで歩いているとJA1AN 原 昌三
元会長に遭遇! 勿論、写真を撮らせていただきました。

これ大変貴重ですよ。だって来年はもしかしたら
撮れないかも知れないんですから。



2012-08-25-41
いばらきネットのブースの斜め向かいにあった
2文字コールアイボール会のブースでは記念撮影が。
まぁ、2文字コールですからねぇ~
それにしてもアマチュア無線という趣味が”老人の趣味”
になってしまったというのを象徴する1枚ですね。



2012-08-25-42
こちらは今や時の人となったJA1ELY 草野さんのブース。
『JARL空席理事の補充選挙と選挙結果の尊重』を
求める署名活動を展開していました。

泥沼化したこの問題、果たして底は見えるのでしょうか?



2012-08-25-43
一方、我らいばらきネットでも問題勃発!
何と、JG1PVD 杉本さんのVX-8が紛失してしまった!!

一気に血の気が引く杉本さん。
その隣にいたJA1MFR 清水さんの肩に見慣れたものが・・・
実は清水さん、ブース近くの床に転がってたVX-8を
拾っていたのです。いゃぁラッキーです!
いくらブースの近くとは言え、他の人に拾われていたら
戻ってなかったかも知れません。

という訳で、お礼2割の代わりに
次回開催予定のFCC試験に挑戦することになった杉本さん。
あ~ぁ、これからが大変だぁ ^^;)



2012-08-25-44
そんな第1日目も無事終了。
その後は会場を移しJAPRSXと合同で
飲み会を開催いたしました。



2012-08-25-45
JAPRSXの陽気な(能天気な?)仲間たち。



2012-08-25-46
で、いばらきネットの面々は1次会だけでは満足しません。
会場を宿泊地の大井町に移して2次会へ突入!

VX-8が戻ってきてご機嫌の杉本さん。
そしてハムフェアのパンフに
『JMICZS 篠原』と書かれてしまったJM1CZS 篠崎さん。

何故、篠原になったんだろう・・・謎だ。



2012-08-25-47
こちらは曽根さんがラヂオつくばから引っ張ってきた
女子パーソナリティー。何と、現役シンガーソングライター
だとか! その名は”渡部まいこ" さん。

ちなみに渡部さんのHPは ”こちら”

そんな渡部さんのCDに直筆サインを入れてもらい
ご満悦の7M4MAS 古谷さん。この日、何と
いばらきネットに入会。新会員誕生となりました^^



2012-08-25-48
渡部さんから生歌の披露も。
大変歌唱力のある渡部さん、お店は我々だけの
パーテーションで区切ってあったのですが、
外から覗く他のお客さんや店員まで。
あまりの歌のうまさに驚かれたようです。



2012-08-25-49
まだまだ盛り上がるいばらきネットの2次回ですが、
残念ながら私の参加はここまで。明日は私用のため
どうしても22:23発の電車に乗って帰らなくては
なりません・・・(泣)

回を重ねる毎に盛り上がりを増すいばらきネット。
アマチュア無線の中でVoIP、APRSはかなりマニアックな
部類ではありますが、若い人を引き付ける力はあると
考えています。徹底的にマニアック道を究めて
今後、更にクラブを発展させていきたいと考えています。




スポンサーサイト

コメント

 
JH1EGXさん、いつもありがとうございます。

お隣の国とのお付き合いは世界のどの国と
お付き合いすることより大変ですよね。
1万円札の福沢諭吉氏も明治の頃から
『日本にとっての不幸は韓国・中国と付き合うことだ』
と述べています。当時から今を予想していた
ような指摘にただ驚くばかりです。

世界にはいろんな常識がありますが、私も
特に韓国とは距離を置いたお付き合いを
すべきと考えるひとりです。
謝罪謝罪と日本が仮に本気で謝罪しようが
今後何百年と謝罪を要求し続けるでしょう。
それは『本気で謝罪していない』と考える民族だからです。

世界の常識に当てはめて考える国ではないことを
そろそろ日本も気付いていくべきでしょうね。


>今この微妙な時期に韓国と合同開催とは・・・

 まあ、これはこれでいいと思います。対立してるから、嫌いだから来るなっていうのはもっともらしく聞こえますが、それをやると日本文化締め出しを行っているアチラさんと同レベルになりますから・・。

 ところで、関係ないけど、そんなことより、マスコミ各社はあの韓流とやらのブーム捏造をやめろ!というのが、私の率直な本音。
 実際、あまりに見え透いた「人気演出」が多いし、オリコンチャートの「年間版」など細工が難しいデータを読み込んだりすると、全然「ブーム」じゃないんですよね・・。中高年層のごく一部に受け入れられているだけで。

 別に、韓国をさげすんでいるとか、差別しているとかって話ではなく、ごく一部を除いて、聞き飽きた陳腐なメロディーに下手くそな日本語の歌、どうみても、少なくとも、日本のアイドルオタクの目からすれば、水準以下のどれも似たような(整形が多いから)「自称」イケメン・・。ドラマはドラマでこれまた陳腐な脚本(昔の少女マンガみたいな)、稚拙な映像技術・・。

 先進国や国産のコンテンツに慣らされた目からすれば、あきらかに粗悪な輸入品なんですよ、正直なところ・・。

 そのブームとやらの韓流ドラマ、実際の人気をTSUTAYAの総合レンタルランキングで確認すると・・・。

http://www.discas.net/netdvd/dvd/hotrankingTopTotal.do?pT=0&page=10

 8月27日現在、ベスト200まで枠を広げても韓流作品はわずか1作品(猟奇的な彼女)しか見当たりませんでした。

 TSUTAYAを引き合いに出したのは、日本最大手のレンタルDVD店である他に、店舗によっては半分近くが韓流もののコーナーだったりで、ことの他、韓流に力を入れているレンタル業者だから、ですが。



 
JH1EGXさん、コメントありがとうございます。
私は私用で25日だけの参加でしたが、
是非お会いしたかったですねぇ。

α50は志高く持った集団として結成したと思うんです。
ジュニアハム育成はいわゆる草の根活動ですから
全国区は不釣り合いというのが私の考えです。
O-Plus bookはその象徴たるやものと思います。
かなり辛口ですが、現状はジュニアハム育成ではなく
単なる知名度向上団体と化していることに気付いて
欲しいんです。だからこの団体を去る者が現れたり
する訳ですから・・・

私が一度参考にして欲しいオススメの団体は
JARL千葉県支部です。決して派手な宣伝はしない、
全国でも有名ではない、でも地元密着でキメ細かく
小中学生を発掘して見事に実績を挙げています。

私からの提案です。
α50の活動からインターネットを一切排除した活動を1年間続けてみてください。(当然、VoIP無線のRCもダメ!)
そんなこと出来ない! と思いでしょうが、
『昔はインターネットなんてなかったんです』
それに私たちはアマチュア無線家です。
電波という素晴らしいメディアがあるじゃないですか。
”やるためには?” ということを常に
考えるよう頑張ってみてください^^
 私もハムフェア25,26日と行ってまいりました。正確な開催場所をよく確認しないでビッグサイトに行ったのですが、他のイベント会場ではありえない、異様な白髪頭の集団の動きをみて、すぐに会場がわかりました・・・ってなんだかなぁ(笑)

>α50

 いろいろ思うところはおありでしょうが、O-Plus Bookって本そのものは、私みたいな超ビギナーにはありがたい本です。
 なんだかんだいっても、私の中高生時代よりはずっとしっかりした子たちではないかな?と。私の中高生時代なんて・・こっ恥ずかしい思い出ばかりで(^^;。

 個人的にはすがやみつるさんのトークショーが面白かったかな?無線よりほとんどネットの話でしたけど・・・(^^;。

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。