FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社員総会での暴挙を擁護する側の主張とは・・・

6月24日の第1回JARL社員総会で起こった
クーデターのような暴挙。JARL保守派による
社員総会での当選理事への就任否認決議は、これまでの
通常総会のように我々一般会員の手の届かない所で
起こっただけに、より深刻に受け止められているようです。

その後、多くは『失望した』『この暴挙を許すな』といった
否定的な主張が圧倒的多数を占める訳ですが、
対する擁護派の主張もちらほら現れてきています。
例えば、社員の大半を占める支部長については、

《某掲示板より抜粋》
『支部長は比較的問題の無い昔からJARLに
関わってきた人がなるケースが多い。
地域に顔が利かないと駄目で特に日頃付き合いが
出来ないと難しい。
地域の大きなクラブ等に入ってることが重要で
それは閉鎖的なクラブだとかえってマイナスになる。
特にDXクラブは嫌う人が多いのでDX関係の
クラブで精力的に活躍してると色々な
(身に覚えの無い) 反感を買う場合があるので。
およそ地域の自治会長と酷似していて若い人は
支部長には成れない


う~ん、と唸らせるような主張だ。
決して間違っていない主張と思う。ただ、今の
自治会長のような風潮になってしまった原因は何か?
これって要するに、

・JARLは保守独裁の老人組織である。
・若い人、改革・革新は受け入れない。


よって、この組織に”変化” を求めたところで
何も変わらない、と自ら主張しているに等しいのでは・・・

地域の大きなクラブに所属し日頃の付き合いを怠らない
ことは確かに大切だが、これが何故、『若い人は
支部長になれない』
ということにイコールするのか?

アマチュア無線の世界は若い世代が入門せず
平均年齢は年を追う毎に上昇。JARLもそれは
認識しているようで年会費の減免といった特典を
アピールしているが、これで若い人が増えるとでも
思っているのか? これこそが”老人の発想”
私は考えています。

地域の人徳を得てなった支部長だが、今回の総会では
多くの一般会員の声を無視した決議に加担した責任は
一層大きいのではないでしょうか?

こんなクソ組織が今後、斬新な改革でよみがえるとは
到底思えない。この世界に若い世代、特に
学生ハムを引き込むなんてことは絶対に出来ない。
アマチュア無線活性化のために若い人たちにもっと
アマチュア無線の世界に入ってもらうようアピール
はしていきたい。しかし、彼らにJARLへ入会する
ことは絶対に勧めないようにしたい。


もうJARLは組織自体が変化することを
自ら否定したに等しいのだから。





スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。