FC2ブログ

新陳代謝の止まったクソ組織とは

先日行ってきた千葉ハムのつどいにおいて
ある方から何ともまぁヒドイ話を聞いてきた。

その内容とは、JARL茨城県支部の役員で
監査指導委員長になりたい、という人がおり
(要するに立候補したってことでしょうか・・・)
当然、茨城県は過去ず~っと特定の人物が
独占してきた訳で、もし今後もこの役職を
その人が続けたいというのであれば
役員内だけでも選挙なり公正な手段で
いずれか1名を絞り込めばいいものを、
話によれば別に何の動きもなく
気が付けば現在も特定の人物が引き続き
この役職をやっているとか。

まぁねぇ・・・前々から私はJARL本体が
原さんの会長職を独占し ”独裁” してることが
JARL腐敗の根本だと主張してきた訳ですけど
県支部も似たようなもんだったことに
今さら驚きもしないというのが正直な気持ちです。
そんなに役職というものに魅力を感じる
のでしょうかねぇ?
棺桶に片足どころか両足から腰まで浸かっている
ような人まで、
よくもまぁ揃ったJARL本部と県支部役員。
若い世代に次のバトンをという、一般社会では
当たり前に行われている行為が当たり前じゃない
世界ですから、当然この文章を関係者が見つけて
読んでも 『うん、そうだね』 なんてことには
絶対ならないでしょう・・・何せ、ここに綴った
主張は彼らにしてみたら全部、非常識なんですから。

組織の新陳代謝が完全に止まったこのクソ組織に
若返りを訴えてもムダムダ! 辿り着いた結論は
ただひたすらJARL会員を辞める人を増やすこと、
そして新たに加入しようと考えている人たちに
加入しないよう思いとどまらせること。
この繰り返しが最大にして最強の武器だと思う。

茨城県という土地は政治の世界同様、
非常に保守的なこともあり原さんの時代には
『私は茨城県に行くのが大好きだ』と
言っていたとか・・・行けばいろんな味のおむすびを
もらって帰れたのだから当然だろう (笑)
私の住む地域の隣の町も町議会議員選挙の度に
いろんな”具”の入ったおにぎりが振る舞われて
狂気乱舞してたのと同じなんだろう。
まっ、あと10年もしたら今のメンバーの大半は
壺の中か海の成分になってるだろうから、
それまでのんびりとハムライフを楽しみたい。
それがストレスのないアマチュア無線の楽しみ方だ。


スポンサーサイト



さようなら、JARL

DSC_0046.jpg


今月7日をもってJARL会員を辞めました。
というか、会費を払わなかったので継続しなかった
と言った方が正しいですね。一応2ヶ月間の
猶予期間があるそうですが、私としては
全く継続する意志はございません、hi。

こんな老害甚だしいクソ団体と決別出来て
気分はせいせいしております。
今後はクソ団体のバカさ加減を外野席で観戦しながら
今後もアマチュア無線全般について細々ながら
書き続けていきたいと思います。
問題のQSLカード転送についても、悪しき習慣として
今後は珍しい場所から移動運用をしながら
ロングQSOを楽しみつつ、QSL!QSL!とほざいてくる
老人たちには 『QRZ.com経由でいかがでしょうか?』
とでも言ってやりましょうか (笑)
アマチュア無線本来の楽しみであるQSOに重点を置いて
QSLに縛られないハムライフを送りたいものです。

さて、暖かくなったらどこへ移動しようか・・・
マジで珍しい場所へ移動してパイル浴びようが
1局10分以上のロングQSOをすることが
今年のイヤミな目標です ^^;)



Powered by FC2 Blog

Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.