FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっと目覚めた八重洲の本気・・・(?)

いよいよ八重洲からWiRES-Ⅱの次世代システム
『WiRES-X』がリリースされた。正式発表後は
みなさんもご存じの通り、今までの静けさは
何だったんだ? と言いたくなるくらいの勢いで
宣伝を開始した。私としても噂の段階から
WiRES-Xは歓迎の意向を示してきた。

が、それからの八重洲の姿勢はひどかった。
2011年のハムフェアでは
『アマチュア無線デジタル通信ガイド』なる
小冊子をブースで配布しJARLにケンカを
売る姿勢を見せていたあの頃が八重洲の勢いの
頂点で、それから最近までは一気にトーンダウン
したことは、みなさんもお気付きだったと思う。

八重洲は表向きはWiRES-Xのリリースが遅れたのは
部品調達の遅れ、仕様の変更等によるものと
弁明しているが、それも積極的な弁明ではなく
どこかしらの集まりの席上で流したものを
非公式ルートで広めたにすぎない。
※ちなみに非公式ルートとはWiRES大好き仲間の
 全国の集まりとか、そんな席上のことです。
 要するに、八重洲はメーカーとして言うのは
 恥ずかしいと思ったのか、全国のWiRES愛好者を
 使って宣伝することがこれまでの手法だった。

部品の遅れにせよ、仕様の変更にせよ、発表から
リリースまでの期間が異常なまでに長かったのは
説明不足というのは私だけではないと思う。
最も大きな原因は”JARLの圧力”だというのが
誰もが考える理由ではないだろうか?

JARLから見れば八重洲のC4FM、そしてWiRES-Xは
自分たちのD-STARを脅かす存在でしかない。
しかも海外ではサーバーが第2世代へ進化し
リフレクターを使って楽しみ方の幅が広がっている
のに対し、日本は電波法がどうたらと
進歩するのを止めたJARLのジジィどもが
サーバーの第2世代化に歯止めをかけている。
自分たちが開発し世界に広めたD-STARが海外で
進化し楽しみが広がっている一方、元祖の日本は
進化するのを止めた・・・という何ともバカげた話に
なっている訳だ。なので日本はJARLのしがらみ
にとらわれないWiRES-Xを広めて打倒D-STARを
目指した方がいいという考えを私は持っている。

では何故、八重洲が今になってWiRES-Xをリリースし
今までのおとなしさがウソのように宣伝を展開したのか?
部品の調達、仕様の変更が出来たから・・・という理由は
当然、表向きだ。私は今のJARLがTSSとの訴訟や
年々減少傾向に歯止めがかからない体制を見切って
『もはやJARLは我々の敵ではない』と八重洲の
首脳陣がそう判断したのだと推測している。
いよいよ八重洲が本腰あげてケンカを仕掛けてきたと
見ている訳だ。

この推測が本当ならば、私は”大歓迎”である。
今まで見えない圧力で押さえ付けられてた分、
これからは更にWiRES-X、そしてC4FMの拡販に
力を入れて欲しい。この間、JARLはD-STAR
レピーターの増設を進めて関東・関西の大都市圏に
限れば携帯電話レベルで最寄りのレピーターに
アクセスし全国とQSOが出来るくらい便利になった。

WiRES-Xにしてみれば非常に不利なスタートであるが
アマチュアらしさという点では私はWiRES-Xの方が
一歩どころか二歩も三歩も先を進んでいる、と
考えている。それは何と言っても個人の意思で
ノードを立ち上げて楽しめる、という点だ。
大都市は勿論、地方でも同じスピードでノードが
立ち上げられるというのは、稼働率や採算を
考えざるを得ないD-STARには絶対マネが出来ないことだ。
※D-STARはレピーターであるため、投資額が
 WiRES-Xのようにはいかないのは仕方ない・・・

八重洲がWiRES-Xの公の場での宣伝を控える一方で
WiRESノードオーナー向けに配信している
メールマガジンではいつも『C4FMプレミアム試聴会』
などと、決してC4FMは諦めていないという姿勢を
見せ続けてきたことは大変立派だ。
今、本当にJARLは危ない。こんな風前の灯火と
なった加齢臭漂う団体の顔色を伺いながら商売を
するのはもう止めよう。八重洲は今後、ますます
WiRES-Xの拡販に力を注いで欲しいと期待する。


スポンサーサイト

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。