FC2ブログ

2アマ講習会に対するパブコメで分かった反対派の狭い了見

前々回述べた2アマの講習会に対する
アマチュアのジィさんらしい心の狭い発想に対し
先日、総務省が実施したパブコメの結果が
発表されたので紹介したい。

先ずは『賛成』の意見から・・・

・2級の難易度は工業高校卒業程度と言われており、
 1陸特、航空通も難易度としては接近しており、
 これらはすでに講習会での取得が可能であることを
 踏まえれば、2級が養成課程で取得できるように
 することは歓迎すべきこと。

・2級の資格により、海外と交信し、ネイティブ英語に
 触れることが魅力。趣味の免許のハードルが高すぎる。
 もっと一般に扉を開放しては如何か。活性化に期待。

・これからアマチュア無線の人口が増え、科学技術の
 進歩に興味を持つ人が増えることを望んでいる。

・大型二輪免許も教習所で取得が可能となったことと
 同じくよいと思う。所詮趣味の免許。

・ステップアップの手段は多い方が望ましい。


そして『反対』意見はこちら・・・

・講習会で誰でも簡単に取得できるようにすべきではない。

・資格がほしいなら、相応の苦労はつきもの。

・敷居を低くすることは論外。

・2級以上は、それなりの意欲と技術、能力規範意識が
 ある人が持つべき資格であり、安易に講習を
 受けただけで与えられるものでないと思う。

・国家試験に合格したというステータスが無くなる
 ことが問題。


・・・とまぁ、こんな感じだ。
賛成の意見はそれなりに筋の通った意見が多い反面、
反対の意見はぶっちゃけ、自分のステータスが
なくなるからという何とも狭い世界の意見が目立った。
勿論、反対意見の中には広い見地で述べたものもある。
例えば、

・養成課程により上位資格者を増やしても、
 実際の運用者が増加するとは考え難く、
 むしろ魅力を感じられなくなり離れる者が
 増加すると考察できる。

・2級の資格取得が難しい、取得者が少ないことは、
 国家試験の回数が少ないことにあると考えられ、
 年6回程度の実施を検討すべき。


他にも説得力ある反対意見があったが、大半は
上に挙げた狭い了見ばかりだった。
何より今のアマチュア無線は老人の老人による
老人のための思想で成り立っている世界だ。
こんな世界に若い世代が入ろうなどとは
思わないだろう。だからと言ってアマチュア無線が
今や魅力のない世界になったのかと言えば
私は決してそんなことはないと考えている。

自分の電波を遠くへ飛ばすためには、季節や時間、
周波数を選び、アンテナを工夫し、ロケーションにも
こだわり・・・魚釣りが好きな人がこだわるような
感じだと思えば分かりやすい。

私がアマチュア無線を始めた当時は同年代の仲間が
たくさんいた。勿論、今のジィさん世代も現役だった
時代だ。その現役らが昔のモーレツ時代を生き抜いて
きた世代だったことを考慮しても、今の時代にそれを
持ち込んで 『資格が欲しいなら相応の苦労はつきもの』
などとぶち上げてどうする? そんなに自分の苦労を
人に押し付けたいのなら、三途の川を渡ってから
自分ひとりでやっていただきたい。

アマチュア無線の人気が若い世代になくなって
しまったのは、JARLが言うインターネットの登場
もあるだろうが、何より若い世代に対する
『キッカケ』 を提供してこなかったことが大きい。
私が学生だった頃は少年雑誌の後ろには必ず
”キミもハムになろう!” などと、当時の電話級の
資格取得のための通信講座広告があったものだ。
アマチュア無線の人気がなくなり、民間企業が
この資格の通信講座から撤退した時にJARLは
一体どんな対策をした?・・・青少年育成などとは
程遠い、己の保身と利権だけを追求してきた結果が
今のこのザマだ。もはや若い世代を増やすために
JARLの力を借りようなどと考える人は
よほど脳天気な人でない限り、いないだろう。

2アマの講習会は、これだけでアマチュア無線
活性化に繋がるものではないが、少なくとも今の
世代が更に上を目指そう、というモチベーションの
アップになると考えている。青少年育成もセットに
するのなら、5アマの新設と4アマの運用範囲拡大
も同時に実施してもらいたいくらいだ。

狭い了見ばかり言ってほざいている自称上級ハムは
この世でスプリアスでも撒き散らしながら
余命ギリギリまで14MHzあたりで己の主張を
叫び続けていけばいいんじゃないだろうか・・・



スポンサーサイト



やはりJARLは腐った組織だ!

もうみなさんご存じの通り、
15日に開催されたJARL定時社員総会は
またもやこの組織が会員の方向ではなく
己の利権にだけ向いたクソバカ組織であることを
国内は勿論、世界中に知らしめた1日だったと
考えている。逆に言えば、こんな分かりやすい
組織というのも珍しい。
脳細胞が完全に死んでいるクソ老人たちの
寄り合い所帯存続のために、年7200円を
支払う価値は、もはやないと決めた。
(何を今さらって感じだけどね・・・)

以前、私がJARL会費を払い続ける理由として
『ハムフェア出展』と『アンテナ保険』を挙げて
いたが、ハムフェア出展は今年からは不参加、
アンテナ保険は、実は現在タワーの安全対策として
14.5mから12mへ、ダウンサイジングの改造中だ。
建設4年目で何故? というのも、2年目の台風で
タワーが傾いた事件・・・率直に言えば私の
リスクアセスメントの甘さがあったことに他ならない。
自分の趣味で家族や他人を傷付けるようなことは
あってはならない。いくら保険に入っているからと
言ったって、そういう問題じゃないだろう。
1回でもそんな実績があった以上、毎年台風が
近づく度にビクビク怯えるのはコリゴリだ。

ついでに言えば、毎年タワーのメンテをして
感じることとして、いつかはタワーのてっぺんまで
登れなくなる日がやって来る、ということ。
それが5年先か10年先か分からないが、
自分の体力に合った高さ=確実にメンテ出来る高さ
というものを自覚していく必要があると感じた。
なので現在、土日を利用してダウンサイジングを
しているという訳だ。タワー改造は7月中旬の
完成を予定している。

話をクソバカ組織、JARLに戻そう。
私は前回、JA1ELY 草野さんをまた排除する
ような事態になったら、この組織はあと10年も
もたないだろうと述べた。いやいや、10年どころか
5年すら持たないかも知れない。

私は来年1月いっぱいでJARL会員の期限が
切れるが、次回はもう更新しないことを決めた。
アンテナ保険はリスクが減ったとは言え、
現在加入している全労済の保険を今年中に見直して
不足分を補おうと考えている。

それにしてもこの組織、原さんの時代があまりに
長かったからだろう、腐って腐って腐りきって、
もう腐るところがなくなってしまったかのようだ。
最近、このクソバカ組織に何があっても驚かなくなって
しまった自分の方が麻痺していると思う・・・

私はJARLを批判するなら会員として、とブログで
公言していたことを約束するため、来年1月末の
会員期間まで声を出していくが、それ以降は
キッパリと止めようと考えている。

脳細胞が死んでるクセに
心臓だけは動いている
老人組織に何を言っても馬の耳に念仏だ!



Powered by FC2 Blog

Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.