FC2ブログ

【復活掲載】常陸大宮市ガイダンス運用

いばらきハムのつどいに関連し、私がかつて
監査指導員だったこと、そして1年足らずで
腰抜け監査指導委員長の”独断”でクビにされたこと
について紹介してきました。
そのキッカケとなったのが2010年12月、
常陸大宮市で行ったハンターによる2mバンドでの
違法運用に対するガイダンス電波の発射を
このブログで紹介したことでした。
支部長の要請で当時の記事は削除しましたが、
良く考えてみれば私のメリット(見返り)は全く
なかった訳です・・・結局、クビにされた訳ですから。

 何度もくどいようですが、
『腰抜け監査指導委員長の”独断”』によって。

で、今私は監査指導員は勿論、JARL茨城県支部役員
でもありません。要するに誰のしがらみも受けません。
そして今年のいばらきハムのつどいでの支部長コメント。
良くなるどころか、最悪の一途です・・・

もうガマンなりません!!

なので、当時の記事と写真を”復活掲載”いたします。
当時の記事は残念ながらバックアップはありませんが、
写真で当時の雰囲気は伝わると思います。
この復活掲載によってみなさんに知って欲しいことは、

・監査指導活動は(私が在任中は)きちんと行われていた。
 →現在は公表しないそうですから活動しようが
  しまいが我々会員には知る由もありません。
・違法運用局へは毅然とした態度で臨むことが
 監査指導員に求められている。

 →多くの会員が求めていること、もう常識ですね。

ということです。ガイダンス電波を出して
素直に従う違法局なんて殆どいません。勿論、そういう
違法局へは総通への通報、警察との連携を取り
最終的には検挙へ、というのが『普通』でしょう。
何せ、茨城県支部はそれが普通じゃないんですから!

穏やかに、穏便に、事なかれ、寝た子を起こすな・・・

こんな対応で物事が解決するなら総通も警察も不要でしょう。
不法者は徹底的に晒け出す、徹底的に糾弾する、
最後は徹底的に追い詰めて己のした行為の罪を償ってもらう。
これが法治国家たるものではないでしょうか。

それでは、2010年12月30日に行った
常陸大宮市でのハンターによる2mバンドでの
違法運用に対するガイダンス電波発射時の様子です。



12-30-1
当日は監査指導員の私と地元、常陸大宮市のフレンド局、
そして東海村からのフレンド局の計3局で実施。
※勿論、ガイダンス電波は三陸特を持つ私のみが発射。



12-30-2
こちらがガイダンス電波を発射する専用無線機。
コールサインは『あまちゅあがいだんす1』です。



12-30-3
ハンターによる違法運用を確認後、ガイダンス電波を発射。
当然、ハンターたちは無視するどころか、こちらを
挑発してきます。こちらも怯むことなく電波を発射。

しばらくして、我々の運用場所へ1台の軽トラックが接近。
中の運転手はメモを片手に我々のクルマのナンバーを
控え始めました。

『来た、ヤツらだ!』

ハンターのひとりが我々を偵察しにやって来たのです。
違法運用者が我々のところへ来るとは大した根性です。
この場に総通や警察がいたらどうするんでしょうね?

こういう場合、我々の取るべき行動はひとつ。
怯むことなく逆にこちらから軽トラックを
取り囲み運転手に話しかけました。

『こんにちは。我々のクルマのナンバーを
 控えてたようですが、何かありましたか?』


『いや、ほら、あの・・・何か電波が出てたもんで』

って、そりゃ当然だべ! 明らかにうろたえてる ^^;)
こういう時こそ毅然とした態度が必要です。
下手に出る必要など一切ありません。

『あなた、アマチュア無線のバンドでハンター同士の
 通信をしていましたね?』


『ええ、でも、オレちゃんと免許持ってるからさ』

確かにこの方、4アマ免許をお持ちの方だったようです。
しかしハンター通信がアマチュア業務ではないことを
理解されていないご様子。

『ハンターの通信は業務通信になるんですよ。
 業務でしたら今は出力も大きい簡易無線システムが
 ありますから、そちらをお使いいただけませんか』


ここは相手に業務無線バンドへ移行してもらうため
やんわりと”お願い”。そして我々は今後も活動を
継続すること、結果は総通に報告すること、
今後も違法運用を止めない場合は警察と合同で
いずれ摘発をされること
をお話し、メンバーの元へ
お帰りいただきました。←ここ重要!




それから数時間、ハンター同士の通信は途絶えましたが、
我々が機材を撤収し帰宅の途へついたと同時に通信が再開。
遠くから我々を見ていたのでしょう。
それでも、我々がハンターに『今後も継続する』という
言葉はかなりインパクトがあったと考えています。
でなければ我々がいようとお構いなしに通信はされて
いたでしょうから。

相手も人間、話せば分かる・・・この考え方は否定しません。
が、悪い人間は相手の”本気度”を常に見ています。

大切なのは決してナメられないこと。

『コイツ、本気だぜ』と思わせられないと無法者と
対峙することは出来ません。

今の茨城県支部の監査指導に期待するものは
”何もない”
あと10年、いや、もっと早くこの状況を打破すべく
何とか返り咲きを模索してみたいと思います。





スポンサーサイト



Powered by FC2 Blog

Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.