FC2ブログ

シルバー資本主義とJARL

ちょっとサボッてたら広告が出てしまいました・・・f^^;)
という訳で、最近思っていることを綴ってみたいと思います。

日本はここ20年ほどデフレ不況にあえいでいます。
私が今の会社に勤めて今年で24年。ということは
私の勤務期間中はずっと不景気だった、という訳です。
(実際はリーマンショックの'08年まで業績は良かったですが)

昼間の仕事だけではにっちもさっちもいかず、2nd CMを
しながら自分の趣味くらいは自分の稼ぎで賄う毎日です。

さて、みなさんも 『シルバー資本主義』 という言葉は
聞いたことあるかと思いますが、今のデフレ不況は
シルバー世代が作っている、という勝間和代氏の理論です。
今まで大して気にしていなかったこの理論、最近何かに
似ているなぁ、と感じてきました…そう、今のJARLです。

アマチュア無線という趣味が青少年の趣味からヲタク&
中年おやじの趣味、そして今は老人の趣味と言われるほど
QRV人口に占める老人の割合は半分以上ではないでしょうか?
JARL会員の10代の割合はたった数%です。
そしてここが大事! 前納会員は何と30%を超えてるんです。

以前も述べましたが、
民間企業ならとっくに倒産しています。

こんなJARLを救えるのは誰か?
私はもはや老人の保守的思考回路では良案など絶対浮かばないと
考えています。もう若い世代にバトンタッチすべきです。
で、私もそんなJARLの地方支部役員に立候補し活躍したり
した期間が実はありました…でも1年経たずに辞めました。
建前上は辞めたのではなくクビになったんです。
そのあまりに保守的な思考回路に飽き飽きしたこともあって
こちらから頭下げてもう一度やらせてくれ、なんて
口が裂けても言えなかったです。

ただ、大きな収穫を得ることが出来ました。
『JARLは一度リセットした方がいい』
そう確信することが出来たことです。

40年以上君臨してきた原前会長も会長職は退くも
未だ理事として改革の抵抗勢力としてお元気。
その他、既得権益を死守したい保守派が、いわゆる
象さんグループの改革勢力を潰しにかかっているとか、
聞く話は老人たちのシルバー資本主義理論そのまんまです。

元気な老人たちが日本を ”潰している”
JARL破綻のカウントダウン時計はこの人たちに
止める力はないだろうと考えるのは私だけではないのでは…?





スポンサーサイト



Powered by FC2 Blog

Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.