FC2ブログ

群馬県ハムのつどい

11月27日(日)、群馬県ハムのつどいが
伊勢崎市にて開催されました。

私が 『北関東ハムフェア』 と表現するほど凄い活気、
そして熱気! 動員数こそ千葉県に負けているも
この活気は私が東京都を除く関東全県のハムのつどいを
見て来た中で”三つ星ランク”を与えたくなるほどの
レベルです。さて、今年はどんな展開で参加者を
楽しませてくれるのでしょうか?

それでは、群馬県ハムのつどいのレポートです。



2011-11-27-01
10:00より受付がスタート。
とは言え、ジャンク市を目的に来場される方々は
8:00過ぎには現地でスタンバイ!…受付開始の頃までには
いい物は殆ど売れてしまっているのが群馬の常識。

まぁ、そんなもんでしょう。
ここ群馬県に限ったことではありませんから^^;)
それにしても受付の長い列…今年の参加者はざっと300人は
軽く越えていました。



2011-11-27-02
会場の中はこんな感じ…毎年のことながら凄い活気です!

会場は群馬県職業能力開発協会という公共施設ですが、
この大ホールに入れんばかりの人数にはいつも圧倒されます。



2011-11-27-03
外のジャンク市も負けてはいません。
毎年、施設の入り口から直線50m程度までジャンク市が
続くのですが、今年はどうも出展者数が少ないようで。
外での出展者は従来の半分程度だったでしょうか…
中が活気溢れていただけに、ちょっと寂しい気がします。



2011-11-27-04
今回、私と行動を共にしたいばらきネットの各局。
右はJG1ITH 嘉納さん、左でチョッパーのぬいぐるみを抱くのは
当ブログでもお馴染み、Mr.iPad JR3QFB 曽根さん、
そして真ん中のお方は曽根さんのフレンド局、JA1MFR 清水さん。

それにしても、ハムのつどいのジャンク市でチョッパーとは…^^;)



2011-11-27-05
で、こちらは私が常駐するWiRESの29MHz FM QSO ROOMの
各局。右から7M2MMN 桝野(ますの)さん、JQ1NCG 大塚さん、
ひとり置いて一番左はJL1LEI 吉川さん。



2011-11-27-06
ド派手好きな群馬の各局、毎年私を楽しませてくれるのは
このモービルのアンテナ群たちです^^

今年は茨城・福島に次いで3回目のハムのつどいですが
まぁ~、ここ群馬のモービルほど派手なアンテナ群はないでしょう。
クルマ1台にアンテナ3本は”当たり前”! 中には5本、6本と
アンテナのダメ出し状態のクルマまで…もう感心するばかりです!

ド派手なのはアンテナだけではありませんよ。
群馬県はクルマにもお金かけるのがお好きなようで…



2011-11-27-07
ご覧ください! 今年のド派手大賞はこちら、ハマー6.5Lです。

写真では分からないと思いますが、このクルマのアンテナ
実は基台ではなくボデーに『穴を開けて』直付けなんです(>_<)
将来下取りに出して…なんて考えない、これぞ群馬魂!

ちなみにこのハマー、排気量6500ccでリッター3Kmだとか^^;)



2011-11-27-08
オーナーの粋な計らいでボンネットを開けてもらいました。
そしたらこの人だかり。こんなモービルシャックから是非、
移動運用してみたいものです^^



2011-11-27-09
群馬のド派手さはクルマだけではありません。
チャリンコもご覧の通り、圧倒的な存在感です!
地元の中学生から、いい年こいたおっちゃんまで、
群馬でチャリンコモービルと言えば、こんなスタイルが
定番なのでしょうか…いゃぁ~、参った!



2011-11-27-10
お昼をはさんで午後からは県支部主催の講演の時間です。
先ずは定番、関東総通による電子申請についての講演です。

次いで地元ハムによる衛星通信についての講演が
あったのですが、写真撮影のタイミングを逃してしまいました。
m(_ _)m



2011-11-27-11
講演を聴く参加者も皆、真剣です。



2011-11-27-12
JI1KAV 長江支部長のあいさつ。
私が知る各地方の支部長で、長江さんほど
フランクな方はいないと思ってます。

何と言ってもVoIP,APRSに大変関心を持っていただいて
いることが嬉しい。群馬県は北関東でも有数のVoIP,
APRSの盛んな地域ですが、長江支部長の理解と
県支部の応援があるからこその結果でしょう^^

同じJARLの県支部とは思えないこの対応の違いを
私の地元、茨城県も是非、見習っていただきたいものです。



2011-11-27-13
最後はお待ちかね、お楽しみ抽選会の時間です。
群馬は毎年、地元ハムショップや各クラブからの寄付により
大変豪華な賞品で参加者の射幸心を煽ってくれます。

ギャンブラー天国、群馬ならではですね^^

今年の1等はVSのFT-7800。かなり太っ腹です!
他にもIC-208あり、30A電源あり…どこかの県にあるような
100均のアイテムをばら蒔くようなケチ臭いことは
しません…そう、ギャンブラー天国、群馬は

『賞品は当たった方へ豪華に、それ以外はゴメンナサイ』

が常識。それでいいんです^^ それが抽選会なんですから。



2011-11-27-14
抽選の行方を見守る清水さんと嘉納さん。



2011-11-27-15
そんな中、曽根さんがTVアンテナケーブルを当ててしまいました。
しかし、何でTV? TVは別に買えってことでしょうかね^^;)



2011-11-27-16
さぁ、いよいよ1等 FT-7800は誰の手に…?



2011-11-27-17
当たったのはこちらのお方でした。
おめでとうございます!^^



2011-11-27-18
最後に、WiRES 29MHz FM QSO ROOM各局と記念撮影。
実は私、5DFB 20m同軸ケーブルを当てちゃいました!

はっはっは^^;) ここで運を使ってしまったから、
もう3年間は当たらないだろうなぁ…



2011-11-27-19
楽しかった時間はあっという間に終了。
ド派手なクルマたちが次々と県道へ流れていきます。

近所の方はかなり驚いたことでしょうね^^;)



2011-11-27-20
おまけのコーナー
曽根さんから清水さんへ、大変価値ある”掛け軸”を
プレゼント。果たしてその中身は…?



2011-11-27-21
某日、清水さんが神奈川県内を走行した際の軌跡を
プロットした地図でした。

おぉ、これは貴重だ! 清水さん、是非、床の間にwww




スポンサーサイト



青少年のための科学の祭典

11月5日(日)、毎年恒例の青少年のための科学の祭典
古河大会が古河市三和健康ふれあいスポーツセンターに
おいて開催されました。

元々は地元の小中学生の子供を持つお父さんたちが
楽しく気軽にPTA活動に参加し活性化させるという目的で
『おやじの会』が創設され、そこで生まれたのが
”おもしろ科学の会” これが年を重ねる毎に発展し
全国規模の『青少年のための科学の祭典』にまで成長
したそうです。現在では毎年全国100ヶ所で地方大会が
開催され、参加延べ人数は500万人以上と言われています。

古河クラブでも毎年、この行事に出展者として参加し
地元の子供たちに電気や磁石を使った遊びを紹介しています。

それでは、青少年のための科学の祭典の様子です。



2011-11-5-1
今年は旧三和町の三和健康ふれあいスポーツセンターにて開催。
初めて中に入りましたが、結構広いです。



2011-11-5-2
開会式の様子。古河市の全小中学校と高校から参加者が。



2011-11-5-3
会場の中はこんな感じ。まるでハムフェアのようですね^^



2011-11-5-4
古河クラブでは『電気・磁気・電波と遊ぼう』と題して
クラブ員自慢の作品が出展されていました。

今回も電光掲示板を出動! 市民文化祭では外光で
よく見えなかったのですが、今回は屋内なのでバッチリ(^^)v



2011-11-5-5
こちらが古河クラブブースの様子。
訪れた小学生たちに自慢の作品を使って遊び方を説明しています。



2011-11-5-6
毎年好評なのがこれ。
当ブログではお馴染み、超・凄腕営業マン JR1UTI
藤田さんによる『トランシーバーで遊ぼう』という企画。

今の小学生はトランシーバーに触れたことがないのでしょうか?
驚くかも知れませんが、最初に『お互い片方ずつ話してね』と
PTT操作の説明をしないといきなり ”同時通話” を始めちゃうからです。
私の時代は男の子は学研のトランシーバーを1台持っていることが
ステータスだったんですけどね ^^;)



2011-11-5-7
こちらは電波適正利用のパンフレットと各種ノベルティーを
配布する JH1WFK 深津さん。



2011-11-5-8
他のブースも紹介しましょう。
こちらはウチの次男が通う総和工業高校の電子機械科の生徒が
製作した電気自動車。なかなかの出来です。



2011-11-5-9
こちらは古河第三高校科学部のブース。
何と、自分のDNAを抽出し、それを見せてくれるという
ハイテクなコーナーでした!

実は私、ここ科学部のOBなんです^^
当時は科学部に『無線班』と『天文班』という2つの班があり
私は当然、無線班。当時は校舎屋上の部室から
大声張り上げてQSOしていたものです。(近所迷惑か ^^;)

顧問の先生とお話したところ、科学部も実は6年前に
復活したばかりで現在はご覧のようなバイオテクノロジーといった
分野を中心に純粋な”科学”を楽しむ部として活動しているとか。
いつかまた無線班のような分野に枝分かれして発展して
いって欲しいものです^^



2011-11-5-10
こちらは古河クラブブース隣の化石作りのコーナー。
本物の化石を使って型を作り、2液性の樹脂で固めて
化石の模型を製作していました。



2011-11-5-11
こちらは科学の祭典の定番!古河第三小学校の児童による
『スライムを作ろう』コーナー。
スライムって結構簡単に作れちゃうって知ってましたか?



2011-11-5-12
楽しかった科学の祭典も終わり、後片付けをするクラブ員。



2011-11-5-13
参加したクラブ員揃っての記念撮影
(撮影:JI1WLB 杉山会長)

参加された各局、市民文化祭に続き大変お疲れさまでした!




古河市民文化祭 JH1ZSB公開運用

11月3日(木)、地元古河市では毎年恒例の
古河市民文化祭が開催され、古河クラブも
恒例の公開運用を行いました。

古河クラブの公開運用は私がアマチュア無線を
始めた中学生の頃から総合公園でやって
いましたから、もう何年継続しているのでしょうか…
クラブは相当高齢化が進み、普通なら公園で
お茶をすすりながらひなたぼっこでしょうが(笑)
古河クラブのメンバーは全員元気がいい!
このアクティビティーの高さには見習うものが
多々あります。

それでは、古河クラブによる公開運用の様子です。



2011-11-3-1
こちらが会場となった古河総合公園の管理棟。
私が学生時代に見た当時の公開運用は
管理棟がまだありませんでしたから、公園の芝生に
テントを建てて運用していました。



2011-11-3-2
会場の中はこんな感じです。
CWでオペレートするのはJA1JEJ 江森さん。
江森さんは数年前、CQ誌にも登場し
CWについて記事を掲載されたこともあります。



2011-11-3-3
会場の壁には今年の活動の様子を写真付きで
掲示しました。また古河クラブが発行する
茨城全市郡賞アワードの見本も掲示しアピール。



2011-11-3-4
会場の外ではラグチューに花を咲かせていました。



2011-11-3-5
今年は古河クラブ創立50周年の年。
"50年間"クラブを維持するのもスゴイですが、
ただ維持するだけじゃなくアクティビティーも
維持することは普通じゃ出来ませんよ!
(コールだけ維持する幽霊クラブってのもあるしね)

私がもうひとつ所属するいばらきネットは
やっと5年が経過し6年目に突入したばかり。
アクティビティー維持のノウハウは是非、
古河クラブをお手本にしたいものです^^

で、こちらは創立50周年の記念誌を発行するにあたり
クラブ員宅のアンテナ群を撮影した写真を見るメンバー。



2011-11-3-6
クラブ員自慢の自作品の展示も。
こちらはJA1QAI 鈴木さんによる風力発電機。
最近の自転車に装備される"点灯虫"を使って
回転数が低くても発電する工夫をしたそうです。



2011-11-3-7
管理棟内では5日に開催される
『青少年のための科学の祭典』の出し物の準備も。
作品の調整をするこの人こそJA1QAI 鈴木さん。
作品にも長年の経験と知恵が詰まっています!



2011-11-3-8
こちらはクラブ員のID-92に新しいD-STARレピーター
リストを書き込みサービスをするJR1UTI 藤田さん。
今日は仕事を離れてクラブ員としての参加でありながら
見てください、このサービス精神! もう営業マンの鏡ですね^^



2011-11-3-9
最後に参加クラブ員が集まり記念撮影。
(撮影:JI1WLB 杉山会長)

クラブ員のみなさん、大変お疲れさまでした!




Powered by FC2 Blog

Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.