FC2ブログ

福島県ハムのつどい

10月23日、福島県ハムのつどいが
会津若松市にて開催されました。
今年度は当初、いわき市での開催予定でしたが
ご存じのように東電福島第1原発の事故により
この地での開催が危ぶまれ、県内でも
リスクの小さい会津若松市での開催となった訳です。

今回は初めて福島での前夜祭にも参加してきました^^
それでは、前夜祭から順に紹介していきましょう!



2011-10-23-2
前夜祭は会津若松駅前の居酒屋さんにて開催。
先ずは全員、生ビールにて乾杯!

小林さん、ジョッキ片手に睨みを利かせてますねぇ… ^^;)
『おらぁ、早よぅつまみ持ってこんかい!』



2011-10-23-3
そんな小林さんのお隣の方は何と!あのNAVIDASを
開発しちゃったという喜多方市のJO7TYM 大島さん。

いやぁ、驚きました…カーナビ画面にAPRSシンボルを
表示させちゃおう!と立ち上げたものの、実際に
調べていくうちVICSの仕組みがかなりブラックボックス
だったようで頓挫。その後、ガーミンnuvi360で
お手軽にAPRSシンボルが表示出来ることから
みんなの注目はnuvi360の方へ…NAVIDASは
いつしか”忘れられたプロジェクト”になっちゃった
訳ですから。

明日の初公開を控え、大島さん更に睨みを
利かせてきます。
『だめだなぁ小林さん、睨みはこう利かせるんだよ!』
と言わんばかりの意気込みです ^^;)



2011-10-23-4
前夜祭の席上でもiPadを離さないのはご存じ、
ミスターiPad JR3QFB 曽根さんです。

もはやiPadは身体の一部と化しています…



2011-10-23-5
カメラを向ければそこは福島県人会のような光景が…
右から、前夜祭幹事のJM7MUU 本田さん、
JM7QZX 瀬谷さん、そして元福島県民の
JR7OVC 睨みの利く小林さん。(現在、横浜市民)



2011-10-23-6
さて、いよいよ福島県ハムのつどい本番です。
会場は福島県会津若松市の基幹集落センター。
中はご覧の通り、和室です^^

関東からアイコム(株)が誇る凄腕営業マンを
投入しての参戦です!



2011-10-23-7
こちらは我々いばらきネットの出展風景。
右からPSK31のデモ運用をするJG1ITH 嘉納さん、
世界進出を目指すJR3QFB 曽根さん、
そして地元代表 JM7QZX 瀬谷さんです。



2011-10-23-8
こちらはガイガーカウンターの展示と遠隔操作用の
基盤を販売するJF7ELG 木幡さん。



2011-10-23-9
福島県のハムのつどいには必ず登場!
JP1LMJ 青木さんは東京町田からの参加です。
今回もいばらきネットのブースへ飛び入り参戦。



2011-10-23-10
福島名物、無線機博物館。
よくこれだけの無線機を保存していたもんだなぁ。
”無線機ころがし” の私にはとても出来ません… ^^;)



2011-10-23-11
懐かしい無線機ばかりです^^
高校の無線部にもこんな古いリグありましたよ。
今となっては使い方も忘れてしまいましたが、
当時はこんなリグの前で大声張り上げて
コンテストに参加してました。



2011-10-23-11
あまりの豪華ラインナップについ『これいくら?』と
聞きたくなってしまいます ^^;)



2011-10-23-13
アイコム凄腕営業マンの餌食になっている小林さん。

『そうですかぁ、小林さん横浜のお方ですか。
神奈川にお住まいでしたらD-STARはオススメですよ!
これなんかどうです? 小金持ちの小林さんには
IC-7800がピッタリですよ。ここはドドーンと2~3台
まとめてお買い上げいただくってのは?』

こうしてまたひとりアイコムファンが誕生するのであった…



2011-10-23-14
お待たせしました!
我々の全く知らないところで密かに開発されていた
”NAVIDAS” これがその試作品の外観です。

試作品とは言え、ちゃんとプリント基板が起こされて
いるとは…



2011-10-23-15
あまりの完成度の高さに言葉が出ません。
VICSのブラックボックスを『解析』したという大島さんって
一体何者?? 今後に要期待ですね^^



2011-10-23-16
NAVIDASからの電波をカーラジオで受信する本田さん。
実験ではうまく受信することは出来ませんでした。
続いて私のクルマでも同様にトライしたのですが
結果は同じ…比較用の”見えるラジオ”ではちゃんと
情報が送信されているのを確認出来たのですが、
相性の問題でしょうか、今後の課題と言えそうです。



2011-10-23-17
さてジャンク市も回ってみましょう。
福島のジャンク市の特徴は『値段が安い』こと。
今年はどんなものが販売されているのでしょうか?



2011-10-23-18
ジャンク市を囲んでワイワイするのが楽しいんですよね^^



2011-10-23-19
値切りも楽しみのひとつです。
他人の値切り交渉術を見て自分のものにするのも
ジャンク市で”成功”する秘訣です!



2011-10-23-20
参加者のクルマはこんな感じ。
先週の茨城同様、福島県民もおとなしめな方が
多いようです。

私が見た茨城との決定的な違いは、モービルで
HFをする方が圧倒的に多かったとこでしょうか。
みなさん、ご自宅は土地が広いんでしょうねぇ、
だからモービルでもHFなんでしょうか^^



2011-10-23-21
こちらはTV中継車から伸びたアンテナポール。
嘉納さんのPSK31用の自作ダイポールが
設置されています。



2011-10-23-22
NAVIDASプロトタイプに群がる青木さん、小林さん、
そして本田さん。



2011-10-23-23
他のブースも紹介していきましょう。
こちらは135KHzの運用について紹介していたコーナー。



2011-10-23-24
こちらはARDFのコーナー。



2011-10-23-25
こちらは各種記念局とそのQSLカードを展示
していたコーナーです。



2011-10-23-26
別室では東北総通による電子申請についての
紹介をしていました。
みなさん、熱心に説明を聞いている様子です。



2011-10-23-27
無線機博物館でたむろする凄腕営業マン。
説明をするのはJK7OSL 飯田さんです。

こんな時もさりげなくアイコム機の前に座るとは
何て愛社精神のある営業マンなんだ!



2011-10-23-28
福島県ハムのつどいに度々登場するTV中継車。
実はこれ、中古の中継車を買い取ってアマチュア無線用に
再利用しているとのこと。

これなら移動運用も楽しいでしょうねぇ~^^



2011-10-23-29
ポールの昇降は左の操作盤のボタンを押すだけ。
長さは10m以上にも! 本来はポールにTVカメラが
設置されていたので、上下左右に動くモーターも
付いています。なのでアマチュア無線に転用するには
最高なんですね^^



2011-10-23-30
午後からは式典の時間です。



2011-10-23-31
県内コンテストの入賞者への表彰が行われました。



2011-10-23-32
そしてみなさんお待ちかね、お楽しみ抽選会の時間です!
福島県は従来から”全員に広く薄く”的なスタンスのようで
これは関東の神奈川や栃木と同じやり方。
ギャンブラーの私としてはちょいと物足りないですが、
地元福島のワイン等、郷土色を高めて他県からの参加者にも
喜んでもらえるような賞品を選んでくれた県支部の努力は
大いに評価したいものです^^



2011-10-23-33
自分のコールサインが呼ばれないか、
全員真剣な眼差しです!



2011-10-23-34
そして見事、1等のハンディー機を当てたのは
こちらの方でした^^



2011-10-23-35
最後にいばらきネット&飛び入り参加者同士で
記念撮影。(今回私は撮影役です ^^;)

小林さん、怪しい神奈川県警の刑事みたいでっせ ^^;)



2011-10-23-36
ハムのつどい運営に奔走した本田さんと
JARL福島県支部の佐久間支部長。

この度は大変お疲れさまでした!




スポンサーサイト



いばらきハムのつどい

10月16日(日)、地元茨城県でハムのつどいが
土浦市の土浦市民会館で開催されました。
JARL茨城県支部では、ハムのつどいを来年度以降
毎年5月開催で計画しており、今回はその移行措置として
10月の今日開催となりました。
ちなみに今回の参加人数は概算で150名超とのことです。

私にとって、今年度初のハムのつどいとなります。
※6月開催の栃木県については前年度分の
 開催という位置付けですから。

それでは、いばらきハムのつどいの報告です。



11-10-16-01
会場となった土浦市民会館はこんな感じ。
大人数が押しかけたら狭いと思いますが、
今の規模的にはちょうどいい広さではないでしょうか。



11-10-16-02
我々いばらきネットのブースは2階の小ホール
ホワイエという場所。今回は私が持参した
電光掲示板で思いっきりクラブをアピールします^^



11-10-16-03
セッティングが終わり展示開始。
某支部役員の粋な計らいで、当初1小間だった
ブースを2小間に増設。
これにより片方をジャンク市、もう片方を
アカデミックな展示コーナーに棲み分けることが
出来ました。



11-10-16-04
展示コーナーはハムフェア同様、JF7ELG 木幡さん設計の
ガイガーカウンターの展示と、私が作った霧箱の展示。
そしてAPRSウェザーステーションやスマートフォンを使った
Echolinkデモ運用等です。



11-10-16-05
それでは、他のブースも紹介していきましょう。
先ずは私が地元で所属する古河クラブのブースです。
怪しい小豆色のちゃんちゃんこが目立ちますね ^^;)



11-10-16-06
古河クラブのお隣は今回のホストクラブ、
土浦アマチュア無線クラブのブースです。



11-10-16-07
そのお隣は学園都市ハムクラブ。
書籍類の販売(?)をしていました。



11-10-16-08
更にお隣はMLウェーブクラブ。
こちらは何と、オークション形式でのジャンク市を開催。
なかなか楽しそうですね^^



11-10-16-09
2階の小ホールホワイエに戻ります。
こちらは日立クラブの展示。



11-10-16-10
そしてこちらは唯一の学生によるブース、
茨城県高文連アマチュア無線部会。

やっぱり若い人が出展するのっていいですね^^



11-10-16-11
メーカーブースも紹介しましょう。
先ずはアイコム(株)のブース。
今回は営業マンひとりにリグ2台の展示。

…ん、凄腕営業マンはどうした? ばっくれたか??



11-10-16-12
そのお隣が(株)バーテックススタンダードの展示。
今回もライバル、アイコムにぶっちぎりの差を付けての
ラインナップです。



11-10-16-13
こちらがコメット(株)のブース。
栃木県でも登場した30万円超のアンテナチューナーや
クロスメーター式のアンテナアナライザーが展示されて
いました。



11-10-16-14
1階入り口付近では総務省関東総合通信局による
電子申請のコーナーが開設され、各種相談も
受け付けていました。



11-10-16-15
ハムのつどい名物、ド派手なクルマウォッチングです^^
いばらきは結構おとなしい方が多いのでしょうか、
群馬や埼玉のような、派手なクルマはないようです。

…むしろ私のクルマが一番ド派手だったりして? ^^;)



11-10-16-16
再び2階に戻ります。
いばらきネットのジャンク市、ずっと繁盛しっぱなしです。
全てのブースを見てきましたが、これだけの品揃えを
していたのは、我々のブースだけでしょう。



11-10-16-17
いばらきネット名物、妖怪ソネキング轢きいる
怪しいiPad集団です。
右から師匠のJR3QFB 曽根さん、
愛弟子のJG1PVD ゆきつくこと杉本さん、
そして遠路新潟からJI0HIH 新部さんです。

世界各地に出没する日も近い…^^



11-10-16-18
他のブースで遊んでばかりいないで仕事しましょう。
お隣の女子高生を呼んで即席、放射線の授業です。

『見てごらん、この石、女子高生がジィーっと見つめてると
白いモノをピュッピュッと出すんだよ、ほら!』


『わぁ、ホントだ。すごーい!』

…何言うてんねん、オレ ^^;)



11-10-16-20
さて、大ホールでは午前・午後の2部制で講演が
行われていました。
こちらは午前の部を担当した神奈川県監査指導委員長の
JH1OHZ 片倉氏による『地デジTVI対策』の講演です。



11-10-16-19
こちらは午後の部担当の土浦クラブJR1CCP 長塚氏による
『アンテナと周辺機器自作のすすめ』についての講演です。



11-10-16-21
午後の講演後は県支部による式典の時間です。
今回は表彰等は来年5月に持ち越し、県支部の
事業報告を中心に行われました。

先ずはJH1WFK 深津支部長のあいさつから。



11-10-16-22
続いて来賓のJH1UBU 根本関東本部長による祝辞。
根本氏は来月、JRAL副会長への就任が内定しており
今後は全国規模での活躍が期待されます。



11-10-16-23
続いてお隣、栃木県からJA1EFK 中村支部長による
祝辞です。中村支部長は今期限りで支部長を退任
されるとのことです。



11-10-16-24
午前の部の講演を担当したJH1OHZ 片倉氏による祝辞。
片倉氏は神奈川県支部の監査指導委員長でもあり
あいさつに先立ち茨城県の監査指導委員長のあいさつを
引き合いに話を始めましたが、ここで私から一言。

ここ茨城では県の”監査指導委員長あいさつ”という
何とも不思議なあいさつが組まれています。
別に茨城県が他県の右へならえ、をしなくてもいいのですが
だからと言って特別意味があるあいさつなのかな、と
思う訳です。そんな今年のあいさつ内容は、というと

『監査指導委員は違法局への指導だけが仕事ではなく
みなさんの”困り事”の相談に乗ることも仕事だと思ってます。
是非、お近くの監査指導委員へ相談してください』


…それってブラックジョークか?
『監査指導委員へ相談してください』と言っといて、一方で
県支部のHPから監査指導委員の名称を”抹消”したのは
どこの誰だ? 茨城県には監査指導委員がひとりも
いないように私には見えるんですけどねー!


ハムのつどいでするあいさつじゃないね。

小学生でも疑問に思うこの矛盾に答えられないような
あいさつだったら来年から止めた方がいい。




11-10-16-25
続いて、JI1WLB 杉山氏による会計報告。
事業報告は特に質問もなく、すんなり了承されました。



11-10-16-26
最後はみなさんお待ちかね、お楽しみ抽選会の時間です。
終了予定時間も迫ってきたこともあって進行役の
JG1WMN 葛綿氏もスピードアップ!…ていうより
進行が面白い^^ 抽選会はこのくらいのスピードで
進行した方が参加者のストレスもなくいいと思いますよ。



11-10-16-27
そして見事、1等のキャノン製プリンターをゲットしたのは
こちらのお方でした。おめでとうございます!



11-10-16-28
いばらきネットからも多くの方が当選されました。
今回はクジ運が悪い私も300ml水筒をゲット。
(ここで当たると来週の福島では当たらない…?



11-10-16-29
最後にいばらきネット参加者揃っての記念撮影。
何だか、私がセンターで偉そうに立ってたのね…
まるでAKBの前田敦子みたいだ ^^;)




【ぎゃぁ~】タワーが傾いた!!

9月21日(水)、台風15号が関東地方を通過。
自作のイレクタータワー完成後、2度目の試練が
やってきました。

ていうか、今回はモロに関東直撃!
つまり、初めての台風直撃の試練を迎えた訳です。
古河での瞬間最大風速は約30m/s!

夕方、仕事を終えて見上げたタワーは怖いくらいの
揺れであったものの、これは設計の想定内。
”柳に風”式の構造のため、あまり踏ん張り過ぎると
かえって土台から逝っちゃう訳です… ^^;)

…で、呑気に一晩やり過ごした翌日、
タワーを見上げてビックリ!

『タ、タワーが曲がっちょる~!!!』




11-09-21-1
お分かりになるでしょうか?
上に行くに従い、徐々に右へ傾いているのを。



11-09-21-2
その原因はすぐに判明しました。
それはここ。継ぎ目のジョイントはHJ-11という金具を
1段につき20個使っているのですが、これの一部が
約2cmほどズレていました。

下でたった2cm…しかしこれがタワーの頂上へ行けば
30~40cm程度ものズレになってしまう訳です。
ちなみに角度にして約1°
こんな微妙な角度であっても人間の目はシッカリ傾きを
判別出来るとは改めて恐れ入ります。

…って、感心してる場合じゃないんだよね (汗)



11-09-21-3
今回の台風15号、21日の19時頃には宇都宮市の
西北西30Kmにあって最大風速は40m/s。
まさにタワーの設計値ギリギリの風速だったとは。

確かにタワーは倒れませんでしたが、結果として
危ない事態に至った事実は、今後の課題として
いかなければなりませんね。



11-09-21-4
プチ・ピサの斜塔と化した状態で1週間後の29日(木)、
仕事も休みに入ったところで、いよいよタワーの修正に
とりかかります。

ずれたメタルジョイントを全て外す際に
タワーが余計傾かないようスリングベルトで
しっかりテンションをかけておきます。



11-09-21-5
タワーの頂上にロープを掛け、隣の畑の梅の木に
固定した手動ウインチに引っ掛けます。



11-09-21-6
いよいよメタルジョイントを外します。
1個外す毎に”ミシミシ”という不気味な音がスリリング…
スリングベルトにはタワーが傾こうとする力が徐々に加わり
ピンピン状態になっていきます。(マジで怖ぇから!)



11-09-21-7
メタルジョイントを全て外し終えたら、いよいよ修正です。
ウインチを少しずつ巻き上げていきます。

タワーが元の状態に戻ってきました^^



11-09-21-8
ご覧の通り、ズレた隙間が0になりました。



11-09-21-9
テンションをかけた状態のまま、すかさず
メタルジョイントで継ぎ目を接続します。



11-09-21-10
写真左が修正前、右が修正後です。
ズレた隙間が元に戻ったのがお分かりになると思います^^

今回の台風で継ぎ目がズレ原因は
強風で繰り返しタワーが揺れたことでジョイント部の
摩擦が低下したことであろうと推測しています。

今後の対策として現在20個で止めているジョイント部に
更に16個のジョイントを追加して計36個にする予定です。




Powered by FC2 Blog

Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.