FC2ブログ

千葉県ハムのつどい

2月27日(日)、千葉県ハムのつどいが開催されました。

今年の会場は四街道市の文化センターという
大変豪華な施設…実は昨年、千葉市で開催された
ハムのつどいへ参加した際に会場は勿論、その後も
ジャンク市でのトラブルで不愉快な体験をしたこともあって
今年は千葉へ行くのを止めようと思ってたんです…
しかしその際、当時お世話になった千葉県の支部長へ
直接あいさつもしないままだったことが気になり、
それも兼ねて今年も行ってみることに。

そんな訳で正直、去年が去年だけに
今年の千葉県ハムのつどいに期待をすることは
なかった私ですが…先に結論を言わせてもらうと、

”今年の千葉県は強豪群馬を超えた!”

と言っても過言ではないくらいの衝撃を受けました。
果たして、その衝撃とは…?
それでは、千葉県ハムのつどいのレポートです。



2-27-1
こちらが会場となった四街道市の文化センター。
去年の青少年女性会館とは比べものにならないくらい
大変豪華な施設です。

何より嬉しいのが”駐車場が広いこと”…私が北関東の
田舎者だからでしょうか、今の時代、たとえ田舎町開催で
あろうと駐車場が広ければ人は集まります。
→実際、北関東ではそれが常識。
この理屈を南関東の大都市に当てはめるのは強引ですが
当日の駐車場の混み具合を思い出していただければ
田舎も大都市も同じ傾向では? と考えられます。



2-27-2
この施設がいかに豪華か?…その証拠として、
施設に貼り出されていたポスターを紹介。
『2011 お笑い夢ライブ』として、小島よしお等
超有名なお笑い芸能人が呼べるだけの施設なんです^^

※ちなみに、ウチの女房とつぶやきシローは
  小学校時代の同級生だそうです ^^;)


2-27-3
こちらが受付です。
私が到着したのは9:20頃でしたが、もうその時間で
外の駐車場は満車! 結局、地下の駐車場へ案内されて
やっと止められた程の賑わいでした。



2-27-4
先ずは展示ブースから紹介。
受付を済ませて左手側には、県内各クラブ等の
展示コーナーが広がっていました。



2-27-5
最初は何と言ってもVoIP,APRSのコーナーでしょう^^
こちらはVoIP Digitalnet関東による展示コーナー。
機材は全てメンバーの私物だそうです。。。



2-27-6
こちらは136KHz帯の自作機材を展示したコーナー。
千葉県内には13局の136KHz帯運用者がいるそうで、
そんなチャレンジャー精神旺盛な各局自慢の
自作品を展示していました。



2-27-7
こちらは『電子部品でメカ虫を作ろう!』と題したコーナー。
最初、電子部品を半田付けして動く虫でも製作するのかと
思いきや、コンデンサーや抵抗等を使って虫のような
デザインを作ろうという企画。これなら小さな子供でも
気軽に作れそうですね^^



2-27-8
で、こちらがその力作です!
いやぁ、どうも…本物の虫にしか見えないんですけど ^^;)



2-27-9
こちらがJA1YAAの公開運用コーナー。
写真をご覧の通り、オペレートしているのは
小学生くらいの女の子…今回、私が衝撃を受けたのは
まさにこれです! 今のアマチュア無線に欠けているもの、
それは『若い世代を取り込む努力がされていない』
ことでしょう。全国規模のハムフェアは例外として、
各地のハムのつどいを見ても、公開運用をしているのは
加齢臭漂うジィさんばかり…

そんな姿が全国各地で展開されてる訳ですから、
一般の人も”アマチュア無線=年寄りの趣味”という
変な誤解を生んでしまわないかと心配です。
※もう誤解されてると思うんですけど…

数年前、ローカルTV局が放送した番組で
”定年退職後の趣味としてアマチュア無線を”という
内容の放送がありましたが、あれも相当ショックでした。
今のJARLは本気で若い人をアマチュア無線の世界へ
呼び込もうという姿勢をお持ちなんでしょうか?
権力闘争だけにしか目がいかない今のJARL執行部に
是非、この光景をご覧になり考えていただきたいものです。


それにしても今年の千葉はスゴイぞ!
参加者の平均年齢も小・中学生から20・30代の
若いハムが多いこと!
…他県では見られなかった現象です。



2-27-10
会場の外へ出てみました。
テントを張って公開運用とジャンク市&フランクフルト販売を
するのは地元、四街道アマチュア無線クラブのみなさん。

…あれ、古谷さん、カメラ目線になってますよ! ^^;)



2-27-11
アンテナもご覧の通り!
モービルに固定用のGPを付けて頑張ってます!



2-27-12
テントの前では8J1記念局運用を目標に各局へ
ドネーションを募っていました。



2-27-13
再び、会場内へ…
受付の右手側ではジャンク市を開催。

去年はこのジャンク市と講演会場が同じだった為、
せっかくの講演が後ろのざわつきで聞こえなかった
という、全くもって(講演者に)失礼な会場でした。

今回はそのようなこともなくジャンク市と講演会場は
完全分離…売る方も買う方も気兼ねなく
ワイワイガヤガヤ出来るようになりました^^



2-27-14
その講演会場(大ホール)入り口前では
メーカーの展示コーナーが。

先ずはアイコム(株)の展示コーナーです。
凄腕の営業マンが顧客を掴んで離しません(笑)



2-27-15
お隣は(株)バーテックスタンダートの展示コーナー。
ライバル同士、お互い売り込みに必至です!



2-27-16
こちらはメーカーではありませんが、
ELECRAFT社製の無線機を展示していたコーナー。
○に余裕があったら是非、こんなキットを組み立てて
みたいものです…



2-27-17
会場にはQSLカードの発送ポストが設置。
これは便利ですねぇ~

早速投函するJF7ELG 木幡さん。



2-27-18
さて、講演会場の中に入ってみましょう。
D-STARのゲート越えの設定について説明するのは
Mr.D-STARこと、アイコム(株)のJR1UTI 藤田さん。



2-27-19
午後からは千葉県支部のセレモニーの開催です。
ご覧の通り、大変立派なホールです!

支部長曰く、『ここはキャパ(収容人数)が多過ぎて』
とは言うもの、今年の参加者は私が受付で確認した
ところでは400人以上…受付をしなかった人まで含めると
500人くらいになったのでは? とのこと。

凄すぎる! これが大都市、千葉の実力か…
今年は天気に恵まれたこともあるでしょうが、
会場の利便性、そして何と言っても県支部の努力が
こういう結果を生んだと自慢していいと思います^^




2-27-20
支部長が言うように、1000人以上収容出来るホールでは
400人入ってもこんな感じ。
※午後の部は帰った人を差し引いて300人以下では?

ただ、去年はお隣、埼玉県も深谷市アドニスのホールが
こんな感じだったことを考えれば、これでいいのでは?
参加者の立場としては、狭いところに押し込まれるより
広いホールでのんびり座れるのは大変魅力的。



2-27-21
オール千葉コンテストの表彰が行われました。
この表彰式でも登場したのは小学生と思われる男の子。
千葉は(支部として)若いハム育成に力を入れて
いるのでしょうか? だとしたら大変素晴らしいこと!



2-27-22
続いて、こちらも小学生の女の子が支部長から
表彰状を受け取ります。

スポットライトを当てると光が反射してくるジィさんらの
表彰を見ているより、よっぽど楽しいもんです^^



2-27-23
表彰者全員で記念撮影。
写真が小さくて分かりづらいでしょうが、地元四街道市の
クラブ所属の女子高生等、若い受賞者が目立ちました。



2-27-24
最後はいよいよ、お楽しみ抽選会です!



2-27-25
壇上では副支部長が指揮を執り、来賓が抽選をし
スタッフが抽選券の確認と品物の配布をする、といった
役割分担がキチンとなされ、大変スムーズに抽選会を
進めることが出来ました。

このやり方は埼玉県と同じやり方ですね。



2-27-26
見事、1等のバーテックスタンダードのモービル機を
当てたのはこのお方でした!(あともう1名の計2名)

千葉県の賞品は群馬県と同じ、各クラブや
ハムショップからの寄付、そして何と支部長の
ポケットマネー
まで出して揃えた豪華賞品の数々…

やり方は群馬と同じでも、金のかけ方は群馬以上かも。
特筆すべきは高額商品の交換の際は
”JARL会員証の提示をすること”…つまり、JARL会員で
あることが条件ということです。

(少額賞品は非会員でも可。また非会員が当選しても
その場で会員になれば高額賞品の受け取りが可)

最初は違和感を覚えましたが、考えようによっては
『JARL会員になるとこんな特典があるんだぞ!』
というアピールで会員獲得に貢献していると言えるでしょう。
しかも非会員が会員に”なりたい!”と思わせるだけの
豪華賞品を集めて初めて成り立つ訳ですから、
千葉県支部の努力は相当なものだったと思います。



2-27-27
残念ながら当選しなかった方々は(私もね…笑)
壇上の前に並べたボールペン、イヤホン等のグッズを
持ち帰っていただきました ^^;)

このように、昨年と大幅にパワーアップした千葉県の
ハムのつどいを見て、先週開催した茨城県と
何が違うのか? 私なりに比較してみました…

・会場の利便性
クルマ社会の茨城県ですから駐車場については
問題なし…但し、今回開催した青年の家は山の上ということで
アクセスが非常に不便! しかも時期が時期だけに
当日雪が降ったら”中止”になるリスクも!
そんな場所しか本当になかったのか? もっと利便性の
いい場所がなかったのか? ほぼ100%がクルマで
参加する茨城県であっても、アクセスの悪い場所を選定しては
数値になって結果が表れますから今後は要検討でしょう。

・展示クラブへの呼び掛け
今回、茨城県は6つの団体が出展しましたが、
内、茨城県内からは4団体のみ…まぁ、初回ですから
仕方ないのですが、これもアピール次第で
もっと増やせたはず。(出展者だけでなく参加人数として)
広告を県支部HPやJNだけに頼っていませんか?

県支部だけでやろうとせず、是非次回からは
参加(展示)クラブ等も交えて意見を言える場を作って
いただきたいものです。
※いばらきネットアマチュア無線クラブは
  JARL登録クラブじゃない訳ですから、この場合も特別に
  参加(発言)の機会を設けて欲しいところです。


・午後の部運営のチームワーク
初回ですからぎこちなさは仕方ないでしょう。
ただ、私が昨年から関東&東北各地のハムのつどいを
見て来て私なりに各地のノウハウは盗んできたつもりです。
何故、それを利用しない?

蛇足ですが、お隣千葉県はハムのつどい翌日には
HPに報告が写真付きでアップされていました。
…対する茨城県はどうした? 
2/28現在に至ってもまだアップすらされていない。
要するに、千葉県が400人以上の参加者を動員
出来たのは、”それなりに努力した結果”ということなんです。
茨城県が(初回であるにせよ)135人しか動員出来なかった
のは、”成るべくしてなった” と私は考えます。



今回の千葉県ハムのつどいは群馬の良さ、
埼玉の良さを巧みに取り入れた感じに仕上がっており
私が去年から各地で見て来たハムのつどいの中では
強豪群馬を抜いた! と考えています。
来年、千葉はどれだけパワーアップするのか?
そして茨城はどこまで追いつけるか?

私の関東各地のハムのつどい巡りは今後も続きます…




スポンサーサイト



茨城県ハムのつどい&前夜祭

2月20日(日)、茨城県初のハムのつどいが開催されました。
これまで茨城県は支部大会を兼ねてお隣、栃木県と
”茨栃合同ミーティング” として夏にキャンプをするといった
実績はあるものの、ハムのつどいは関東各県に
大きく遅れをとっていました。果たして、どんなイベントに
なるのでしょうか…いばらきネットアマチュア無線クラブも
地元、茨城県でのハムのつどいを盛り上げるべく
張り切って出展をしてきました^^

それでは、19日につくば市で行われた非公式前夜祭と
併せてご覧ください! (^o^)/




2-19-1
2月19日(土)、茨城県初のハムのつどいを祝して
いばらきネットアマチュア無線クラブ主催の
”非公式”前夜祭を開催いたしました。

前夜祭と言えばこの人、
ミスター前夜祭 JH1MQJ 森山さんです。



2-19-2
前夜祭には同じVoIP,APRS仲間として
遠く新潟から JI0HIH 新部さんも駆け付けてくれました^^



2-19-3
そしてIRB(茨城レスキューサポートバイク)からは
JE1FHV 田辺隊長も堂々の参加です!



2-19-4
上座でゆきつくさんに秘密指令を出すのは
ご存じ、いばらきネット会長 JM1CZS 篠崎さんです。



2-19-5
私と変顔に付き合ってくれたのは会場『鳥吉』の店員
ユウジさん…何で変顔してるの? と言えば
↓このチラシの変顔に我が家の娘が気に入ったからです^^

2-19-6
鳥吉研究学園店のチラシから。
左下がユウジさんです…さすが本物は素晴らしい(爆)



2-19-7
楽しかった前夜祭もあっという間にお開き…
お店の前で記念撮影。



2-20-1
そして20日、いよいよ茨城県初のハムのつどい開催です!
先ずは、我がいばらきネットアマチュア無線クラブのブースから。

展示は勿論、VoIPとAPRSです^^



2-20-2
こちらはお隣、群馬県から
JH1YAK 富士重工アマチュア無線クラブのブースです。
こちらも同じくAPRSを主としたクラブ活動全般の紹介です。


2-20-3
そしてこちらは私の地元、古河市から
JH1ZSB 古河アマチュア無線クラブのブースです。
こちらは去年、地元で開催された
”青少年のための科学の祭典” での
おもしろ科学実験の力作が展示されていました。



2-20-4
こちらは県内最多のクラブ員数を誇る
土浦アマチュア無線クラブのブース。ジャンク市と
地元、土浦の花火大会のDVDを無料配布していました。



2-20-5
こちらはJQ1YLC 北関東ハムクラブのブースです。
各局の力作と思われるキーヤーの展示とジャンク市を開催。



2-20-6
いばらきネットの展示ブース後ろではジャンク市も開催。
開始前から結構賑わってました^^



2-20-7
展示コーナーでは先月・今月2ヶ月にかけて
CQ誌に掲載されたお手軽ウェザーステーション
『ADS-WS1』の実物を展示。
JG1ITH 嘉納さんと JM7QZX 瀬谷さんが物色する
妙な物体は JR7OVC/1 小林さん力作の専用百葉箱。

小林さんの”どこでもシリーズ”といい、百葉箱といい、
自宅の一室でシコシコ自作している姿を思わず
想像せずにはいられません… ^^;)



2-20-8
もうひとつの展示スペースには同じ”どこでもシリーズ”の
ひとつ 『どこでもEcholink』と、アンドロイド携帯を使った
Echolink接続のデモを展示しました。

最近はアンドロイドに代表されるスマートフォンが
流行していますねぇ…これでEcholinkが出来ちゃうなんて、
もう無線機いらないかも。。。



2-20-9
お昼時、去年のハムフェアでラジオ出演をしてくださった
上州10m FM同好会のみなさんと”秘密会議”の様子です。



2-20-10
WiRESでいつもお世話になっている
JJ1EJN 神尾さん(右)と JQ1NCG 大塚さん(左)です。

…ふたりでJARL乗っ取りの計画を立てています(ウソ 笑)



2-20-11
総通の担当者とお話するのは JA1WTO 吉原さん(右)
電子申請について熱い議論を交わしています。



2-20-12
午後からは茨城県支部主催のセレモニーの時間です。
先ずはJARL茨城県支部長 JH1WFK 深津さんのあいさつ。

これまでの茨城県支部の活動実績とハムのつどい開催に
至るいきさつを得意の分かりやすさでお話してくださいました。



2-20-13
続いて来賓として JH1UBU 根本関東本部長の祝辞。
根本本部長は長年にわたって茨城県支部長も歴任されてました。



2-20-14
続いて来月20日(日)に開催予定のお隣、栃木県から
JA1EFK 中村支部長の祝辞です。



2-20-15
会場の様子です。ざっと見、150名程度といったところでしょうか…
※後日、135名とのお話がありました。

この後、監査指導委員長のあいさつというのがありました。
各地のハムのつどいを見て来た私ですが、監査指導委員長の
あいさつというのは初めてですな…さぞ、去年の活動実績やら
会員を前に報告するものかと思いきや、
『コールサインはハッキリ言いましょう』だの
『バンドプランは守りましょう』だの…で、活動実績は?
何のために時間割いて演壇に立ったんだ???
報告することがいっぱいあるだろうに、常陸大宮の件とか!

まぁ、秘密にしたいんでしょうから。この団体(人)は。

呆れてこれ以上のコメントなし、
当然、写真も電池代が勿体なくて撮影する”値打ちもなし”!
(`_´メ)


2-20-16
続いて講演の時間です。
今回講演していただいたのは JA1PBV 伊藤さん。
伊藤さんは発展途上国での支援活動経験が大変豊富で
その傍ら、アマチュア無線の運用にも大変熱心な方です。
今回はその活動の一部を写真付きで紹介してくださいました。



2-20-17
そして、いよいよお楽しみ抽選会の時間です^^



2-20-18
去年の栃木県では見事、デジカメを当てた嘉納さん。
抽選会開始前に 『今年もツキ使っちゃうかもね』 と言って
からかっていた矢先の ”一番乗り” でした。

…やっぱりツキのいい人っているんですねぇ~ ^^;)



2-20-19
いばらきネットのメンバーも次々に商品をゲットしていきます。
何やら怪しいグッズを当てたのは JQ1RTA 青木さん。



2-20-20
そして見事、1等のプリンターを当てたのはこのお方でした^^



2-20-21
楽しかったハムのつどいも無事終了。
会場からは拍手が起こりました。



2-20-22
ハムのつどい終了後、売れ残ったシールドバッテリーを
メンバー価格で売りさばく篠崎さん。

あれっ、古谷さんメンバーだっけ?(笑)
まっ、いいか^^ 同じAPRS仲間だし…



2-20-23
最後に篠崎さんのALENをバックに
上州10m FM同好会のメンバーと合同で記念撮影!

このように、茨城県初のハムのつどいは
初回にしては好感触だったと思います。

参加者も初にしては135名もの動員が出来たことは
主催された県支部の自信に繋がったことと思います。
残された課題はいくつもあるでしょうから、
来年度は更にパワーアップしたハムのつどいを
期待したいところです^^




つくば市上郷防災訓練

2月6日(日)、つくば市上郷での防災訓練に
IRB(茨城レスキューサポートバイク)が参加するということで
我々いばらきネットも通信隊として参加してきました。



2-6-1
つくば市上郷小学校の体育館が訓練の本部です。
先ずはIRBのシンボル旗を掲示します。



2-6-2
用意された机を設置して無線本部を立ち上げました。

ちなみにIRBの隣は、つくば市にある
防災科学技術研究所 (防災研) の本部です。
今回はIRB,いばらきネット,防災研がタッグを組んで
APRSを使ったバイク隊の動きを無線本部で把握し
被災地への的確な誘導が可能かを検証します。



2-6-3
いよいよ訓練開始。
先ずは事務局からのあいさつです。



2-6-4
参加者はつくば市上郷地区の住人のみなさん。
今回の災害は、

『平日の昼間に地震が発生。建物(壁等)が倒壊し
道路が寸断されてクルマの進行が不可能な状態。
そこへIRBのバイク隊が出動し救援物資を被災地に
届けると共に被災者の安否確認をする』

…という想定で実施します。



2-6-5
バイク隊出動に先立ち、打ち合わせを念入りに行います。




2-6-6
無線本部とバイク隊との打ち合わせも行います。
今回はバイクにAPRSを設置し、無線本部のPCで
その動きを把握。音声だけでは難しい現在位置の把握を
迅速に行い、的確な誘導への検証と同時に
APRSの優位性をアピールします。

尚、今回は防災研が用意したインターネット環境を
利用して体育館内にWi-Fiを設置していただきました。



2-6-7
バイク隊が被災地へ出動。
その一方で、体育館内では参加住人向けの
様々なイベントが開かれていました…

こちらは小学生向けの『防災マップパズル』
上郷地区の特大防災マップをパズル化し
これをみんなで完成させていきます^^



2-6-8
こちらは情報班のデスク。
各被災地の状況を集約し、集計用紙に書き込んでいきます。

バイク隊から無線で届いた被災地状況も
こちらへ集約されていきます。



2-6-9
体育館の外では食料班が被災者のための
炊き出しをしています。

災害時の食料確保は大切ですよ。
何より精神的に ”ホッとする” ひとときですから^^



2-6-10
こちらは、つくば消防隊員による被災者の救護訓練風景です。
プロの消防隊員による実演後、住民も一緒に体験出来るよう
工夫されていました。



2-6-11
その隣では同じく、つくば消防隊員による
救命措置訓練が行われていました。
こちらは自然災害だけでなく、普段の生活においても
役立つこと間違いなしですね!



2-6-12
情報班の元へ各地の被災状況が集約されてきました。
IRBから届いた被災者の安否確認結果もここへ報告されます。

今回の訓練は特に決まった台本なしに
”今いる人材、今ある機材だけで” ミッションをこなせるか?
という訓練でもありました。
なので集合する際も持参する機材の打ち合わせ等は
行っていません…^^;) 各自、クルマに ”今ある機材” だけで
無線本部を立ち上げ、”今いる人材” だけでバイク隊との
オペレートを担当してきました。

決められたシナリオ(台本) 通りにこなすだけでは
本当の防災訓練にはなりません。
実際の災害時は『今あるもの+頭』をフルに使い、
状況に合った対処出来るようにすることが重要と考えます。
今回の訓練は、そういう意味で大変勉強になりました^^




Powered by FC2 Blog

Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.