FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこでもノードを製作してみました…

明日の古河市民文化祭に向けて、
巷で流行(?)の ”どこでもノード” を製作してみました。


docodemo_1


さすがに某OMさんが製作した
”空港のセキュリティーチェックで100%止められるだろうセット” には
遠く及びませんが、これもきっと止められるだろうなぁ~ (笑)

で、簡単に機能説明…

こちらが無線機とPCを繋ぐインターフェイス
ハムフェア2009の会場で別冊CQでも有名な大OMさん
設計のインターフェイス Ver.6 です。
docodemo_2


VoIPの命、インターネット
もうお馴染み、e-mobileの端末です。
※ちなみに現在は端末を直接接続せず、
 モバイルルーター経由で接続しています。

docodemo_3


こちらはアンテナ接続部
リグにVX-3を使用していることから、コネクタはSMAを基本とし
通常のM型コネクタも変換コネクタを使って接続可能です。
→SMA型も使えるようにしておいた方が
  コンパクト化出来ますしね^^
docodemo_4


EeePCを取り外した状態
放熱対策は、おきばお~で買った980円のノートPCクーラー
野外で使う どこでもノード だから、なくても問題ないでしょうけど
リスクを下げるためには必要なアイテムですね!
docodemo_5

明日はこれを会場に持ち込んで、会場をサービスエリアとした
即席ノードを開局します。。。(^^)v

スポンサーサイト

2009 全日本ARDF競技大会

11月24,25日にかけて、茨城県かすみがうら市・土浦市にて
2009 全日本ARDF競技大会が開催されました。

今回は何の役もなかった私は記念局8N1ARDFを
バリバリ運用しようかと密かに企んでいたのですが、
なーんと! ラヂオつくばの取材が急遽入り
記念局運用はしばし ”おあずけ” に…

24日はエキシビジョン競技3.5MHzの部を
かすみがうら市の第一常陸野公園にて、
翌25日は本大会144MHzの部を
土浦市の県立中央青年の家にて、それぞれ開催され
私は25日の本大会を取材してきました。

それでは、会場の様子です。。。

会場となった土浦市の県立中央青年の家
ARDF_1


こちらは本部のミーティング風景
ARDF_3


スタート風景
いくつかの部門別に、5分おきにスタートするらしい
ARDF_4


これが噂の ”SIシステム”
競技者はこれを指にはめてスタート…
各ポイントでこれを専用のBOXにタッチすると
時間が記録(パンチ)されるとか。ちなみに
このSIシステム、海外製でそこしか作っていないらしい
ARDF_5


こちらは表彰式
この間、私は大会長でもあるJARL 原会長を始め
関係者にインタビューしまくりでした。。。
ARDF_6


もうご存じ、原 昌三JARL会長です
ARDF_7

大会を支えたスタッフのみなさんのインタビューから
大会長の原JARL会長、そして各部門で見事優勝した
選手のインタビューまで、詳しくは後日のラヂオつくば
『こちらIbaraki-netアマチュア無線クラブです』をお楽しみに!


《追伸》
どーしても記念局運用がしたい!
取材後、記念局が開設されている土浦アマチュア無線クラブの
竜が峰山荘(場所はヒミツ)にて、すでに打ち上げが
行われている中をお願いしてWiRESのみ約30局と
QSOをさせていただきました。
後日、記念QSLカードを本部よりお送りいたします。

竜が峰山荘のアンテナ群
場所は事情より ”ヒミツ” とか…
それにしても素晴らしいアンテナ群です。
ARDF_8.JPG

こちらが記念局8N1ARDFの無線機群
JARL所有のものだそうです。
ARDF_2


古河クラブ定例ミーティングにて

本日、古河クラブの定例ミーティングが開催され出席してきました。
この日はJARL茨城県支部のクラブ代表者会議があったとかで、
報告事項として県支部長より、

『要望が強かった ”茨城県ハムのつどい” は
来年度の事業計画に乗せることで決定しました』


とのこと。計画(案)では再来年の2011年1月16,17日に行われる
県支部賀詞交歓会の前イベントとして、とりあえず午前中バージョン
として開催する案が出ているとのこと。
午前中だけとはいえ、大きな前進ですね^^
今や、関東でハムのつどいをやっていない県は茨城くらいですから。

4日に行ってきた福島県に続き、来月は
・8日(日):神奈川県
・29日(日):群馬県
それぞれでハムのつどいが開催されます。
勿論、今年度は突発イベントが入らない限り、関東は
全都県制覇するつもりです^^

今後の詳細はまたこのブログで!

福島県ハムのつどい

10月4日(日)、福島県矢吹町で開催された
『福島県ハムのつどい』に参加してきました。

近年、JARL各支部の大会が”ハムのつどい”という名称に変えて
多くの参加者を集めています。関東近県でも100名を超える
参加者があるそうです。ハムフェアのような大規模イベントでは
味わえない、ローカルチックなアイボールが楽しめると人気です。

で、肝心の茨城県はと言えば…未だハムのつどいがなーい!
どうしたんだ、茨城県! しっかりしろ、茨城県!!

っちゅー訳で先日、県支部長に

『ウチらもハムのつどいやんべよぉ~!』

と直談判…で、結果は

『来年度の事業計画に組み入れましょう』

とのこと^^
そこで、今月から来年3月までに開催される関東近県の
ハムのつどいに片っ端から参加してみたいと思ってます。

先ずはトップバッター、VoIP王国 福島県から。。。

fukushima-ham3

会場は地元 福島県の方に混じって栃木・茨城等、
関東近県からも多数参加していました。

fukushima-ham4

VoIPの命、インターネット。
VoIPerにとってアンテナと言えばこちら、イーモバイルのアンテナです ^^;)

fukushima-ham1

ぎゃははは~ ^^
必見! 空高くそびえ立つ”イーモバイル”のアンテナ(端末)
鉄筋作りの会場内ではイーモバイルの電波が届かないため
このようなアイデアを思いついたんですねー。大したもんです^^

fukushima-ham2

写真には撮っていませんが、私が特に気に入ったのが
栃木 大田原市から来たOMさんが実演していたPSK31。
HF帯を使った日本語チャットといった感じですが、
インターネットを使わない純粋にHFの電波だけで行うところがgood!
コンディションに左右されながらアンテナや無線機を
あーでもない、こーでもない…といじくって遊べるのがいいですね^^

早速、私も家に帰ったら情報収集しようと思います♪

第78回土浦全国花火競技大会

hanabi

全国的に有名な ”土浦の花火”
第78回土浦全国花火競技大会を見に行くようになってから
今年で5年目になります。

花火の観客だけで毎年約80万人が訪れるとか!
いつも頭を悩ませるのが ”帰りの渋滞”
初年度・2年目は訳も分からず混んでる道ばかりを選択。
結果、自宅へは深夜1時過ぎ着。
3年目からは土浦・つくば市の裏道を徹底研究。
以降は24時、23時、と短縮し
今年は22:40着…そろそろ限界に近付いてきたようで ^^;)

明日は『福島県ハムのつどい』に参加するため
早朝起きします。来年は茨城県でも『ハムのつどい』
開催すべく、関東近県のハムのつどいを見て回りたいと
思ってます。加えて今回の福島についてはもうひとつ
目的がある…それはWiRES 某ルームにかつていた
”基地外ノード局”について。空気読めないフリしてずぅ~っと
観察してたけど、人を無視する態度はいよいよ決定的だと
判断した。ルームオーナーが核心を知っているらしい…
なので、それを直に聞いてみたい。

詳細は後日!

『電波の安全に関する説明会』に参加

横浜市で今日、関東総合通信局主催の
『電波の安全に関する説明会』
に参加してきました。

タイトル通り、主なテーマは ”安全で安心な電波利用環境に向けて” というもので、
『安心して電波を利用するために』
『身の回りの電波と健康への影響について』
『高周波電磁波の生体に及ぼす影響について』

と、巷で言われる ”電波を浴びるとガンになる” とか
いったものが本当なのか?…実際に動物実験で検証したデータを
紹介しながらの説明は大変聞き応えがありました。

…っつーか、後半は睡魔との戦いでしたが ^^;)

電波適正利用推進員としての仕事は電波障害の相談と並んで
このテの ”電波と健康” に関する相談も多いんですねー!
電波にまつわる都市伝説も多いと聞きます。
電波は目に見えないものではあるも、テレパシーと違って
科学的に解明された物理現象ですから、電波を浴びるとガンになるとか
アマチュア無線をやっていると女の子が生まれる…とか、
これらは全て科学的根拠なし! というのが結論。

この辺の詳細は後日改めて紹介しましょう (^_^)/~~~

Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。