FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青少年のための科学の祭典 古河大会

11月10日(日)、地元古河市の中央運動公園にて
青少年のための科学の祭典が盛大に開催されました。

今年で15回目を迎えるこの祭典の歴史は、かつて
地元の科学好きなお父さんらで組織するおやじの会が
”おもしろ科学塾” を開催したことから始まったと
記憶しています。この活動が全国規模に拡大し
現在の祭典へと発展していったそうです。
古河クラブでは以前からこの祭典に出展するようになり
私は今回で3回目の出展者参加となります。

それでは、青少年のための科学の祭典のレポートを
お送りします。



2012-11-10-01
今年は旧総和町の中央運動公園体育館にて開催。
去年は震災の影響で体育館が使えなかったことで
三和地区の健康ふれあいスポーツセンターでの開催と
なりましたが、今年からまたこちらへ戻ってきた訳です。



2012-11-10-02
先ずは開会式。古河市内の小中学校と高校の代表者が
ズラリと並びます。



2012-11-10-03
青少年のための科学の祭典名物、ロケットの発射!
ロケットは科学技術の象徴的な存在ですからね^^
特に小学生らにはウケがいいんです。

今年も各小学校から選ばれた代表が発射スイッチを押します。
写真だけではその臨場感が得られないでしょうから
今回はシッカリ動画も用意しましたよ (^^)v

その動画は ”こちら”

7番ロケットが若干トラブッたものの、
無事に発射出来て良かったですね^^



2012-11-10-04
ちなみに、屋内では歴代のロケットも展示されていました。



2012-11-10-05
それでは野外展示から紹介していきましょう。
こちらは自動シャボン玉製造機。
こちらも写真だけでは良く分かりませんから
動画で紹介します。

自動シャボン玉製造機の動画は ”こちら”



2012-11-10-06
こちらは自転車を改造した風力メリーゴーラウンド
子供らより大人の方が楽しんでいたような…^^;)
こちらも動画を用意しました。

風力メリーゴーラウンドの動画は ”こちら”



2012-11-10-07
それでは会場の中を紹介していきましょう。
会場全体はこんな感じ。毎年これだけの子供らが
集まるイベントってそうないですね。

いつもこの光景を見て、ハムフェアやハムのつどいも
定年後のジィさんらではなく、こういった小中学生らで
溢れた会場になってもらいたいものです。

まぁ、今のJARLは権力闘争に明け暮れて
そんな余力すら残ってないでしょうが…



2012-11-10-08
こちらが古河クラブのブースです。
今年のテーマは『アマチュア無線で電気を知ろう』
と題して、様々な実験教材を展示。



2012-11-10-09
毎年好評の特小トランシーバを使った遊びも行いました。
この企画も今年で3回目。企画にはクラブ員でもある
Mr.D-STARことJR1UTI 藤田さんがメーカーとして全面協力!

毎年この企画を開催する度に思うのですが、
今の子供ら (特に男の子) はトランシーバーに触れる機会
というものがなくなったんでしょうね…
何も説明せずにトランシーバーを手渡すと
それを耳にあて『もしもし』『はいはい』、と電話のような
スタイルで話し始める訳です。
※PTTを押して片側通話をするやり方が分かってないんです。

私の小学生時代って、学研のおもちゃのトランシーバーが
男の子の持つおもちゃの一番 or 二番人気だったはずで
これを使って鬼ごっこなんかをするのが楽しかったんです^^
そういった珍しさもあってか、毎年このトランシーバーを使った
遊びは小学生は勿論、中学生にも ”大人気”
藤田さんも毎回、使い方の説明に大忙しでした。

その様子も動画に撮っています… ”こちら”



2012-11-10-10
毎年、特小トランシーバーを使った遊びが大人気ということで
何と、CQ出版社から甕岡(かめおか)CQ ham radio副編集長が
駆け付けてきました。
甕岡副編集長自身もJJ1IUKのコールサインを持つハム仲間。
特小トランシーバーでのイベント取材の他、古河クラブの
各種展示物を興味深く、ご覧いただきました。



2012-11-10-11
続いて他の屋内ブースも見ていきましょう。
先ずは小学校のブースから。こちらは毎年大人気、
古河第三小学校による『スライムを作ろう』ブース。

子供ってこういうケミカル系なもの好きなんですよね ^^;)



2012-11-10-12
こちらは水海小学校による『カラフル玉を作ろう』ブース



2012-11-10-13
カラフル玉って何ぞや? という方へ、こちらも動画を
用意いたしました^^

カラフル玉製作の動画は ”こちら”



2012-11-10-14
こちらは上大野小学校による『エコーマイクを作ろう』ブース。
紙コップにスプリングを付けて、エコーの原理を学べる
非常に良く出来た教材です。

私がアマチュア無線を始めるキッカケになったCB無線でも
ダンプの運ちゃんらがエコーをガンガン効かせてましたが、
当時のエコーも昔ながらのスプリング式だったんです。
今はこれらも電子式に変わってしまいましたけど。



2012-11-10-15
こちらは古河第四小学校による
『スーパーボールを作ろう』ブース。液体ゴムをクエン酸で
固めてオリジナルのスーパーボールを作る実験は
スライム同様、ケミカル好きな小学生には大ウケでした^^



2012-11-10-16
会場では多くの知り合いにも会うことが出来ました。
こちらは会社で私の正面にいる元部下とそのお子さん。
ダンナは今日は休日出勤だそうです。お疲れさまですm(_ _)m



2012-11-10-17
続いて高校のブースも紹介していきましょう。
先ずは総和工業高校のブース。高校生にもなるとさすがに
やることが一気にハイレベル化していきます。

こちらでは機械科が『日時計を作ろう』
電子機械科が『ブンブン回せ!発電レース』と
『メモ用クリップを作ろう!』
電気科が『電子ルーレットを作ろう!』
といったもの。いずれも小さな子供でも出来るよう
工夫された出展となっていました。



2012-11-10-18
こちらが古河第三高校による『自分のDNAを見てみよう』
ブース。出展した古河三高科学部はかつて、私のいた部。
当時は天文班と無線班があって、私は当然、無線班に所属。
今やそれもなくなり、純粋な科学実験の部として
リメイクしちゃったんですね。

それにしてもDNAとは…やることが大人チック過ぎる ^^;)



2012-11-10-19
そのDNAを抽出する様子がこちら。
こちらは東京理科大の研究室の技術支援を受けている
そうで、口の中の細胞からDNAを抽出します。



2012-11-10-20
こちらはお隣、埼玉県の岩槻商業高校による
『ガラスのペンダントを作ろう』ブース。
商業高校が科学の祭典に出展、というのも珍しいですね。
ガラスのペンダントを作るといった大人の世界では単なる
商行為を科学的な目線に変えて出展するという発想は
商業高校ならではと思います^^



2012-11-10-21
こちらは茨城高専 電子制御工学科による
『ロボットの動きを見てみよう!ロボットを動かしてみよう!』
ブース。自分たちが学んだ電子制御技術を生かして
全てが手作りの力作です!



2012-11-10-22
こちらは大学のブースです。
東洋大学 極限環境微生物研究会による
『微生物ってどんなもの?極限環境の微生物を見てみよう』
ブース。60℃以上の高温でも生きられる微生物等を
顕微鏡で直接観察することが出来るそうです。

東洋大ってウチの会社に卒業生がウジャウジャ
いるんだよね…顕微鏡がなくても毎日観察してますが ^^;)



2012-11-10-23
お昼になったので外へ出てみました。
会場の外ではPTA等による各種屋台が出店されていました。



2012-11-10-24
再び会場の中に戻ってきました。
会場内では渡良瀬遊水地がラムサール条約の
湿地に指定されたことを記念した写真展も
開催されていました。



2012-11-10-25
午後になっても古河クラブのトランシーバー遊びは大人気。
ついに予約もいっぱいになってしまいました!
毎年、台数を増やして対応するも、それでも午後は予約で
遊べない子が続出。藤田さん、来年は是非10台以上
持参してくれないと将来のお客さん逃しちゃうかも… ^^;)



2012-11-10-26
出展は学校だけではありません。
地元企業も多くが出展。小学生が大好きなケミカル系からは
セメダイン(株) による『オリジナル貯金箱を作ろう』ブース。
何で接着剤のメーカーが貯金箱なのかって?
…そりぁ、製作するには接着剤が必要でしょ!



2012-11-10-27
こちらは常陸どこでも竹とんぼクラブによる
『ガリガリとんぼをつくろう!』ブース。
今回は竹とんぼではなく、棒に刻まれたギザギザを
擦ると羽根が回転する実験を紹介していました。



2012-11-10-28
楽しかった科学の祭典も無事、終了。
後片付けをする古河クラブ員たち。



2012-11-10-29
JI1WLB 杉山会長より終了あいさつ。
来年度は古河クラブのブースでラジオの製作が
出来そうだとの連絡があり、もう来年への
期待が高まる古河クラブ員たちでした。

子供たちの ”理科離れ” が叫ばれていますが、
こうしたイベントを通して子供たちに科学技術が
身近なところに存在することを知ってもらうことは
将来の科学技術の発展に大いにプラスになると
思います。かつて100万局を越したアマチュア局は
現在は約30万局にまで減少。私の時代には
どこの中高校にもアマチュア無線部があったもの
ですが、今は一部の工業高校で細々と、しかも
活動してもARDFに特化したりとお寒いのが現状。
携帯電話やインターネットが誰にでも気軽に
扱えるという訳で、免許が必要なアマチュア無線は
次第に敬遠されてきているとも言われています。

しかし過去3回の科学の祭典を経験して
感じたことは、子供たちの科学に対する興味は
全く失われていない、ということ。トランシーバーの
扱い方も知らないのは子供たちが興味を持っていない
のではなく、携帯電話に押されて身近な存在で
なくなったことに過ぎません。我々、先輩アマチュアが
もっとこういったイベントを通じてアマチュア無線の魅力を
アピールしていくことが必要ではと考えています。

本来、もっと全面に出ていくべきJARLも
内部の権力闘争に明け暮れてないで、若返りの方策へ
真剣に目を向けるべきと思うのは私だけでないはず。
このまま毎年平均年齢だけが増加し朽ち果てていくか、
それとも小中学生らの声が空を飛び交う一発逆転を
狙うか…”老人の趣味” という不名誉な称号を
1日も早く返上すべく、JARLに期待が持てない今こそ
今度はいばらきネットのようなアクティブなクラブが
このイベントに参戦していければ、と新たな ”野望”
をも思う私です^^




スポンサーサイト

ヤフオクの格安発電機で移動運用が出来るか検証してみた…

昨年、いばらきネットのMLで
『ヤフオクに出品されている格安発電機は使えるか?』
という話題があり、以前から移動運用で発電機に
興味があった私は、この疑問に回答すべく
”人柱” になってこの格安発電機を試してみました ^^;)

テーマは勿論、
『アマチュア無線の移動運用に使えるか?』です!^^




1-9-1
こちらが昨年大晦日に落札した格安発電機です。
どこの出品業者も同じような形状をしていることから
中国製の同一メーカーのものと思われます。

私が落札した価格は8000円ちょうど。
業者により最安6800円から最高18000円まで
何とバラツキの多いことか…同じものですよ!(汗)
で、私が何故6800円でなく8000円の品物を
落札したかと言うと、この業者の所在地が
群馬県の邑楽町ということで、私の住む古河市から
クルマで30分もあれば行ける距離にあるということ…
つまり、もし届いた品物がクズだったら問答無用で

”殴り込みに行ける距離”

だというのがその理由です。←ここ重要!(笑)

※ちなみに、この業者のURLは↓こちら!
http://haige.my-store.jp/



1-9-2
先ずは無負荷の状態で試運転。
電圧が100Vと謳っておきながら、115~125V前後を
行ったり来たり…と、まさに格安だけある ^^;)
もっとも、この程度は許容範囲としておかないと
自分の血圧も一緒に上昇しそうなので、まぁ許そう(笑)



1-9-3
これがmaxで125V出力の発電機です(爆)
業者に殴り込みに行きたい気持ちを抑えて先ずメール…

『あの~、電圧が115~125V前後と高めなんですけどぉ、
どうにかなりませんかねぇ~?』


すると業者から(意外にも)速攻返事が…

『タンク下のネジを調整すると電圧が変えられます』

それってスロットルレバーのストッパー可変ねじのことか?
言われた通りにいじってみました…
結果、調整出来ました…高い方に(汗)

ねじを調整するも、最低電圧は115V程度まで、
最高で何と220Vまで可変出来てしまった! ^^;)
要するに、元々この中国製格安発電機は220Vだった
ものを無理矢理(日本向けの)100V(?)に
電圧を落としていたということ。
なので、エンジンは想像以上に静かなのはいいが(当然)
不安定な回転領域のため電圧も不安定だった、とういう
ことでしょうか…



1-9-4
仕方ないので、最低の115V程度に調整してから
一定負荷をかけてみました。

温風ヒーター600Wを接続したところ、
エンジン回転が若干上昇するものの、思ったほど
うるさくはありません。(これも当然か…)
ヒーターからはシッカリ温風が吹き出し正常に
運転していることが確認出来ました^^

この発電機は定格が750W、max800Wということで
定格オーバーにしたらどうなるか?
ヒーターを600W→1200Wに切り替えてみました。

発電機にはサーキットブレーカーが付いているので
てっきりこれが働くものかと思いきや、何とエンジンが
ブスブス…と回転を下げ電圧が一気に70V程度まで
落ちてしまいました。

…何のためのサーキットブレーカーだよ? ^^;)

とりあえず、600W一定の負荷までは問題なく
使えることだけは分かりました。



1-9-5
いよいよ本題、この発電機でアマチュア無線の
移動運用に使えるか? 安定化電源を通して
IC-7000に接続してトライしてみました。
ここでのチェック項目は大きく2つ、それは…

・HF帯でのイグニッションノイズはどうか?
・SSBのような電流の変動が激しい使い方には
 耐えられるか?


先ずは安定化電源を接続し無負荷で出力電圧を
チェックします…すると意外や意外!
発電機の電圧は相変わらず115~125V前後を
行ったり来たりするも、安定化電源を通した電圧は
13.8V一定を維持しています。

さすが ”made in JAPAN!”

改めて安定化電源のスペックを見ると、
入力電圧の範囲が90~130Vと非常に広範囲。
しかも海外200~240Vにも対応しているらしい。
要するに、発電機が優秀なんじゃなくて、
安定化電源が優秀だった、ということでしょう。

これにIC-7000を接続しHF帯を受信。
これも意外や意外、恐れていたイグニッションノイズは
予想よりはるかに低く、移動運用に問題なく
使用出来るレベルと(個人的には)判断しました。
Sにして1~3程度といったところでしょうか…
大陸から来るジャミングよりはるかにマシです(笑)

今回は発電機と無線機が至近距離という最悪条件でしたが、
延長ドラムを通して発電機との距離をとれば
イグニッションノイズは更に低くなるものと予想されます^^

次にSSBモードにして出力を50Wに設定。
スピーチプロセッサをかまして試験電波を発射。
(勿論、ダミーロード接続して)
こちらも発電機、安定化電源共に不具合なし。
受信した電波もクリアなものでした^^

で、結論!

『ヤフオクの格安発電機は許容範囲の広い
安定化電源を経由すれば ”かろうじて使える”』


といったところでしょうか(笑)




Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。