FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【復活掲載】常陸大宮市ガイダンス運用

いばらきハムのつどいに関連し、私がかつて
監査指導員だったこと、そして1年足らずで
腰抜け監査指導委員長の”独断”でクビにされたこと
について紹介してきました。
そのキッカケとなったのが2010年12月、
常陸大宮市で行ったハンターによる2mバンドでの
違法運用に対するガイダンス電波の発射を
このブログで紹介したことでした。
支部長の要請で当時の記事は削除しましたが、
良く考えてみれば私のメリット(見返り)は全く
なかった訳です・・・結局、クビにされた訳ですから。

 何度もくどいようですが、
『腰抜け監査指導委員長の”独断”』によって。

で、今私は監査指導員は勿論、JARL茨城県支部役員
でもありません。要するに誰のしがらみも受けません。
そして今年のいばらきハムのつどいでの支部長コメント。
良くなるどころか、最悪の一途です・・・

もうガマンなりません!!

なので、当時の記事と写真を”復活掲載”いたします。
当時の記事は残念ながらバックアップはありませんが、
写真で当時の雰囲気は伝わると思います。
この復活掲載によってみなさんに知って欲しいことは、

・監査指導活動は(私が在任中は)きちんと行われていた。
 →現在は公表しないそうですから活動しようが
  しまいが我々会員には知る由もありません。
・違法運用局へは毅然とした態度で臨むことが
 監査指導員に求められている。

 →多くの会員が求めていること、もう常識ですね。

ということです。ガイダンス電波を出して
素直に従う違法局なんて殆どいません。勿論、そういう
違法局へは総通への通報、警察との連携を取り
最終的には検挙へ、というのが『普通』でしょう。
何せ、茨城県支部はそれが普通じゃないんですから!

穏やかに、穏便に、事なかれ、寝た子を起こすな・・・

こんな対応で物事が解決するなら総通も警察も不要でしょう。
不法者は徹底的に晒け出す、徹底的に糾弾する、
最後は徹底的に追い詰めて己のした行為の罪を償ってもらう。
これが法治国家たるものではないでしょうか。

それでは、2010年12月30日に行った
常陸大宮市でのハンターによる2mバンドでの
違法運用に対するガイダンス電波発射時の様子です。



12-30-1
当日は監査指導員の私と地元、常陸大宮市のフレンド局、
そして東海村からのフレンド局の計3局で実施。
※勿論、ガイダンス電波は三陸特を持つ私のみが発射。



12-30-2
こちらがガイダンス電波を発射する専用無線機。
コールサインは『あまちゅあがいだんす1』です。



12-30-3
ハンターによる違法運用を確認後、ガイダンス電波を発射。
当然、ハンターたちは無視するどころか、こちらを
挑発してきます。こちらも怯むことなく電波を発射。

しばらくして、我々の運用場所へ1台の軽トラックが接近。
中の運転手はメモを片手に我々のクルマのナンバーを
控え始めました。

『来た、ヤツらだ!』

ハンターのひとりが我々を偵察しにやって来たのです。
違法運用者が我々のところへ来るとは大した根性です。
この場に総通や警察がいたらどうするんでしょうね?

こういう場合、我々の取るべき行動はひとつ。
怯むことなく逆にこちらから軽トラックを
取り囲み運転手に話しかけました。

『こんにちは。我々のクルマのナンバーを
 控えてたようですが、何かありましたか?』


『いや、ほら、あの・・・何か電波が出てたもんで』

って、そりゃ当然だべ! 明らかにうろたえてる ^^;)
こういう時こそ毅然とした態度が必要です。
下手に出る必要など一切ありません。

『あなた、アマチュア無線のバンドでハンター同士の
 通信をしていましたね?』


『ええ、でも、オレちゃんと免許持ってるからさ』

確かにこの方、4アマ免許をお持ちの方だったようです。
しかしハンター通信がアマチュア業務ではないことを
理解されていないご様子。

『ハンターの通信は業務通信になるんですよ。
 業務でしたら今は出力も大きい簡易無線システムが
 ありますから、そちらをお使いいただけませんか』


ここは相手に業務無線バンドへ移行してもらうため
やんわりと”お願い”。そして我々は今後も活動を
継続すること、結果は総通に報告すること、
今後も違法運用を止めない場合は警察と合同で
いずれ摘発をされること
をお話し、メンバーの元へ
お帰りいただきました。←ここ重要!




それから数時間、ハンター同士の通信は途絶えましたが、
我々が機材を撤収し帰宅の途へついたと同時に通信が再開。
遠くから我々を見ていたのでしょう。
それでも、我々がハンターに『今後も継続する』という
言葉はかなりインパクトがあったと考えています。
でなければ我々がいようとお構いなしに通信はされて
いたでしょうから。

相手も人間、話せば分かる・・・この考え方は否定しません。
が、悪い人間は相手の”本気度”を常に見ています。

大切なのは決してナメられないこと。

『コイツ、本気だぜ』と思わせられないと無法者と
対峙することは出来ません。

今の茨城県支部の監査指導に期待するものは
”何もない”
あと10年、いや、もっと早くこの状況を打破すべく
何とか返り咲きを模索してみたいと思います。





スポンサーサイト

いばらきハムのつどいでの重大関心事

明日からいよいよ5月になります。
来月20日はJARL茨城県支部主催の
ハムのつどいが開催されます。
今年で第3回目となるいばらきハムのつどい、
大先輩の群馬・千葉には遠く及ばないものの
少しずつマシにはなってきているようです。

ただ、全くマシになってないものも存在します・・・

いばらきハムのつどいには他の県には見られない
”監査指導委員長あいさつ” などという
ふざけたあいさつがプログラムの中にあり
第1回目から聞かせてもらった限りでは

『電波は譲り合って使いましょう』 だの
『バンド区分は守りましょう』 だの

・・・これがハムのつどいで言うことか?
というものばかり。昨年は何と、

『相談事があればお近くの監査指導員まで』

前代未聞のブラックジョークが飛び出したのには
驚いた! というのも、当時のJARL茨城県支部
HPには支部役員一覧中に監査指導員の名前が
全員不掲載されていたからだ。


その背景は '10年末に常陸大宮市でのハンターによる
2mバンドでの不法利用(目的外使用)で当時、私が
監査指導員として現地でガイダンス運用したことを
このブログで紹介したところ、支部長経由で削除を
要請されたことに起因する。

表向きの理由はハンター達がどういう性格の持ち主か
分からない中、いらぬ刺激をする行為は他の
監査指導員の身の安全に関わる、というものだった。
それだけなら納得出来る。問題はその後だ。

後日('11年1月の賀詞交換会日)、監査指導委員長は何と

『あなたのことを監査指導員から解任する。
 今日の委員会にも出席を認めない。
 総通にもそう届けを出しておく』


あの一言で怒りに火が付いた!!
人の言い分は勿論、どんな根拠からそう至ったかも言わず
まして解任という重大な決断を自分ひとりの判断で
決められるほどの権限を監査指導委員長とやらは
持っているのか?


その後、茨城県支部HPの支部役員一覧から
監査指導員という欄は削除、不掲載されてしまった。
知らない人が見れば茨城県に監査指導員は存在しない
と思われても仕方ない・・・


さて話を変えよう。
先ずは私も含め、多くのみなさんが思う疑問からだ。

”監査指導員の活動は秘密主義でないといけないのか?”

相手が不法者ということで身の安全は確かに大切だ。
ただ、これと活動の秘密は全くリンクしない。
各支部の考え方次第、というのが実情だろう。
例えば、2エリア岐阜県ではアマチュアガイダンス運用を
You Tubeに掲載していたりする。

 ”岐阜県海津市 不法無線局警告アナウンス”
※クリックして再生

茨城県と岐阜県のこの温度差の違いは何なんだろう?
もともと保守的な人間が集まったのが茨城県だから
と言ってしまえばそれまでだが、アマチュア局の利益
として ”情報を知る権利・情報を発信する義務” という
面からは茨城県支部の会員軽視は明らかと私は考える。

活動をしているのか、いないのか、
活動の成果はあったのか、なかったのか、
活動にいくら使ったのか、費用対効果は?
今後も活動は必要か、不要か・・・


それを決めるのは役員だ、という思想が
県支部内に蔓延しているとしか思えない。


アマチュア無線という趣味が衰退していく中、
それと反比例するかのように2m・430MHz帯の
不法無線局は勢いを増しているように感じます。
平日の昼間はアマチュアがまともに使える部分など
ないのが実情。ある意味、この賑やかさは私が
中学生時代の頃の2mのメインチャンネルと同じようで
懐かしくなったりもしますが (笑)

先日、地元 古河クラブの定例ミーティングにて
支部役員会の報告があり、その中で

『自分たちの地域で誰が監査指導員なのか分からない』

という提案がありHPに監査指導員の名簿を復活させた
との報告(記事)がありました。 ”当然じゃん!”
何を今さら・・・茨城県支部、どこまで頭悪いんだ???
会員から指摘された段階で支部として失格だろう。


これと同じことを私が言っても受け付けてくれるとは
到底、思えない。他から言われて慌てて復活(掲載)した
という感じ・・・人を見て ”こいつ気に入らないから” 的な
対応しか出来ないのが今の茨城県支部だからだ。

で、今後私はどうするか・・・
もうこりごりだというのは確か。でもいずれ『復活』
したいと思う。今の茨城県支部役員は殆どが老人だ。
20年どころか10年後には今のように元気に活動
出来る役員なんて、一気に激減すると考える。

今の監査指導委員長が引退したら、その時こそ
私はまた監査指導員として『復活』したい。
その際は茨城県支部内をもっと情報オープンにし
支部の見える化を推進していくことから始めたい。

※当然だけど、次の世代を育てることも大切ですね!

5月20日のいばらきハムのつどいで
監査指導委員長はどんなあいさつをするのか・・・
他県では絶対みられないこのプログラムが
私のいばらきハムのつどいでの
重大関心事だ。





ガイダンス運用の記事の削除依頼を受けて(私なりの意見)

昨年12月の常陸大宮市でのハンターによる
アマチュア無線の違法運用や筑波山からの
関東平野でのトラッカーによる違法運用に対する
ガイダンス運用について、このブログへ掲載したことが
ある方からクレームを受けたことにより、
支部長要請で削除することにいたしました。

削除はいたしますが、これについて
私なりの私見も同時に残しておきたいと思います。




1-15-1
先ずこの件について支部長から電話があったのが
昨夜(1/14)のこと…その要旨は

『ガイダンス運用をブログに掲載されては困る』

誰が、どのように困るのか私も困るのだが…(汗)

要はガイダンス運用は違法者にとって目の敵であり
例え自分は良くても、他の指導委員にとっては
(次の)恐怖にもなる訳で、そんなハイリスクな目に
遭わせる訳にはいかない。過去には実際にそういう
体験をした人もおり、早急に対応して欲しい…とのこと。

支部長の要請とその理由はごもっともであり
私もそれに応えたいと思います。


それにしても…12月に掲載した記事がこれだけの
反響を受けるのはある意味、嬉しいものです。
掲載以降、私宛に数通のメールが届きましたが

『初めてガイダンス電波というものを聞きました』
『監査指導委員も仕事してるんですね…初めて知りました』

大変ありがたいご意見で光栄であると同時に
この”初めて”という言葉に情けなくもなりましたね。
私が知るところでは、この制度が出来て”勇ましい”指導委員
たちによるガイダンス運用が各地でトラッカーを中心に
トラブルを起こしたり、またトラッカーの業界が総通へ
クレームをすれば総通は

『それはJARLの管轄ですから』

と、何と自分たちは関係ないと言い放つ始末…
で、肝心のJARLはこの”怖い”団体に対しては

『ガイダンス(の内容)は別に強制じゃありませんから』

と。これが全国の監査指導委員のヤル気を削いだと
言われているとか、いないとか…
私が一般ハムの常識として知る監査指導委員とは

”名前だけ載っけてて仕事しない”の代表各

私自身、そんな悪評高い監査指導委員に昨年から
なった訳ですが、なってみて今回の件で気付いたことが
まさに ”ここにあり!” だと思ってるんです。
私宛に来たメールは全て”活動お疲れさま。頑張ってください”
的なメールだった訳です。今回、支部長から要請されたことは
100%逆の内容…しかもネタ元は私に直にコンタクトして
来る訳ない
…ある意味、イヤラシイ考えの持ち主だ!
ネタ元には申し訳ないけど、頭のいいやり方とは言えませんね。
支部長の丁寧な説明だけが唯一の救いです。

監査指導委員の活動は非常に”危ない”仕事であると
理解しています。だとしても全国の一般ハムが常識として
とらえる監査指導委員のイメージ払拭も大切では
ないでしょうか? これに幻滅して活動を辞めちゃうのは
簡単ですが、私は将来『変えて』みせますよ!

Q:20年後は誰がこの活動をするのでしょうか?
今のJARLに20年後も現役…なんて人はいませんから(笑)




話は変わって…
2/27(日)は千葉県のハムのつどいがあるそうです。
今年は行くまでもないな、と思ってたのですが

気が変わったから千葉でも行ってみようかな…




JARL茨城県支部役員・クラブ代表者会議

kansashidouin1
6月6日(日)、JARL茨城県支部の役員
&クラブ代表者会議が水戸市で開催されました。

先月のJARL名古屋総会を経て今回は
新しい期が始まります…今日はその第1回目会議です。

今期より私は茨城県支部の監査指導員として
正式に委嘱をされました。2年前に監査指導員を
目指して3陸特(第3級陸上特殊無線技士)の資格を
取得して、次の期に是非! とお願いコールを
した結果、晴れて今期より活躍の場をいただけました。

良く言われるのが

『お前、監査指導員は一番嫌われる役だぞ!
そんなものに何故、なりたがるんだ?』 と。

別にいいんですよ。私の思想は
"真面目な者がバカを見る、いい加減な者がトクをする"
そんなことがあってはならない…それを実現するために
何が出来るか? の、ひとつの手段に過ぎません。
現在、電波適正利用推進員も兼ねていますが
こちらはお上のゴタゴタで4月より活動停止状態…
お上のゴタゴタで、こちらはモヤモヤ…そんな時に
いただいた監査指導員の役。ここは頑張って
クリーンな電波環境を実現していきたいと思います^^



Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。