FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謹賀新年!

あけましておめでとうございます。
アマチュア無線の世界も私がこの世界に初めて
足を踏み込んだ中学生の頃から現在に至るまで
”全くと言っていいほど何の変化もない”
世界は珍しい・・・いや、変化はあるのだが
どれもこれも『悪い方向』にか変化していない。

その代表たるものが新生JARL問題だろう。
理事選でのゴタゴタ劇から始まり、終身会員の
ライフメンバー化移行の問題、そしてTSSとの
確執・・・そんな泥沼合戦の主役を演じるバカ奴らの
殆どが棺桶に片足を突っ込んだ老人たち・・・
世代交代を拒否し、次の世代にバトンを渡さない
こんな奴らが今のアマチュア無線をつまらなく
しているのかと思うと、20年間のQRTから
カムバックするも、やっぱり深入りする趣味では
ないなと感じる。

先ずはささやかながら諸悪の根源、JARLに
エサを与えるのは止めるべく会員を辞めることにした。
先月は2回ほど『会員継続のお願い』と共に
振込用紙が郵送されてきたが、そのままゴミ箱へ直行!
私の会員継続に総額164円を費やしたJARL。
私の他にも何百、何千人もの会員にこんなものを
郵送しているのだろうが、己のムダ遣いをする前に
己のゴタゴタ劇を精算して新生JARLと呼ぶに
ふさわしい若い世代へのバトンタッチに金をかける
べきだろう。8月のハムフェアでは会員受付
カウンターには多くの方が新会員の申し込みをしている
光景を目にするが、その陰で会員を辞めていく数の方が
圧倒的に多いのが現状だ。アマチュア無線という趣味は
別にJARL会員じゃなくても楽しめる。
困ることはQSLカードの転送だろうが、
この習慣も昔ほど重要視されなくなってきた。
QSLカード交換がアマチュア無線の全てだと思われては
たまらない。私がカムバックするキッカケとなった
VoIPではQSLカードの交換という習慣はない。
そんなVoIPすらも古き伝統を重んじる(?)老人たち
には『こんなものアマチュア無線じゃない』と
憤る者すらいる・・・自分もD-STARやってるクセに (笑)

そんなVoIPの世界も、やっと八重洲からWiRES-Xが
登場し、JARLが進めるD-STARと対抗するスタイルが
出来上がった。家電業界の”VHS vs β”や
”Blu-ray vs HD DVD”のように、まともな世界では
初期の頃は規格争いがあるのが自然な姿だ。
ユーザーにとって迷惑な場面もあれど、これを繰り返して
技術やサービスが発展し、最終的にユーザーの利益となって
返ってくるものだと思う。今までのアマチュア無線の
デジタル化では、そんな基本的なことすら選択肢が
なかった訳で、そこが異常だと気付かないのが
”頭の堅い老人”ならではの発想だと思う。

WiRES-Xが登場し、私も早速WiRESⅡから移行した。
そのスピードはD-STARがレピーター数を増やすスピード
とは比べようもない。そして重要なのが、都市部を中心に
広がって地方はまだ整備が遅れているD-STARに対し
WiRES-Xは都市部、地方まんべんなく分散的に拡大して
いる点が大きな特徴だ。ここまでWiRES-Xを褒めちぎって
きたが、登場までの時間差があまりにあり過ぎて
その間にD-STARはID-31&51シリーズと地方レピーターの
拡大で勢力を伸ばしてしまった。これからWiRES-Xが
この牙城を切り崩すのは相当な困難を要すると思われるが、
熱狂的信者の多いWiRES-Xはそう時間を要せずに
D-STARを追い越すだろうと私は予想する。

今年はJARLを辞めて、昨年お約束した通り
それ以降、このバカ団体との関わりは一切絶ちたい。
外野席でポップコーンでも食べながら、ますます激化する
ゴタゴタ劇とJARL崩壊のXデーを鑑賞していきたい (^_^)v


スポンサーサイト

謹賀新年!

各局、あけましておめでとうございます!

昨年7月よりブログを一時休止しておりましたが、
年も明けたということで、ボチボチ再会したいと
考えております。(但し、マイペースでね)

各局もご存知の通り、昨年のアマチュア無線界は
JARLの暴走が酷い、の一言に尽きる1年でした。
ついにTSSとの関係までおかしくなり
どこが着地点なのか、私にはさっぱり予想がつきません。

また期待していた八重洲のデジタル無線については
ハンディー、モービルのC4FM機が発売されるも、
肝心のWiRES Xについては進展なし・・・というか、
発売はおろか、発表さえ出来ない状態に陥ってしまった
と言った方が正しいかも知れません。
デジタルはD-STARで統一したいJARLという
腐りきった老人団体の見えない圧力が露骨に働いて
いることは各方面の情報からほぼ間違いはなさそうです。
どこまで保守的なんでしょうかね・・・
期待してFT-1DやFTM-D400を購入された方々は当然、
次のWiRES Xでの運用を前提に購入されたのでしょうが、
その方々に八重洲は何てお詫びするつもりでしょうか。

※当然、今後もお詫びのアナウンスはないと思われます。
 そりゃそうでしょう、あくまでWiRES Xは発売する前提
 を崩していない訳ですから。

そしてアマチュア人口の高齢化と共に業界の先細り。
昨年末は東京ハイパワーの倒産という衝撃的なニュースで
締めくくられたのは、みなさんもご存知のことと思います。

最近はカムバックハムを始め、10代20代の
講習会&国試受験が増え若返りの期待の声がする一方、
JARLへの入会には比例しない珍現象も発生しています。
QSLカードの交換だけに固執し魅力的なアマチュア無線の
あり方の議論のテーブルに着くことさえ拒む今のJARLに
魅力を感じる若者なんて誰もいないでしょう。

さて今年はアマチュア無線界にとって、どんな1年に
なるでしょうか? 私自身、マイクを握ってCQCQ
というスタイルから、むしろ知り合ったハム仲間と
アイボールでワイワイ騒ぐことの方に楽しみの軸を移して
JARLのハチャメチャぶりを冷ややかな目で
見ていますが、みなさんも多分同じじゃないですか?^^


いばらきハムのつどい

6月30日(日)、第4回目となる『いばらきハムのつどい』が
土浦市民会館にて盛大に開催されました。
茨城県はこれまで従来の支部大会形式を通してきましたが、
4年前から現在のハムのつどい形式に変更されました。
他県に遅れているハンデはあるも、徐々にお祭りムード
の盛り上がりと共に、参加者も増えてきたようです。
運営する茨城県支部も慣れてきた証拠でしょう。
ただ、未だに根強い ”ムラ社会意識” は捨てきれない
ようです…保守的地盤、と言ってしまえば簡単ですが。

それでは、第4回いばらきハムのつどいのレポートです。



2013-06-30-01
第3回以降、いばらきハムのつどいは毎年5月開催と
アナウンスをするも、今年は事情により6月の開催に変更。
梅雨の真っ只中で当日の天候が心配でしたが、
結果はまずまずの天気です。
多少雲が多い方が涼しくていいですね。



2013-06-30-02
こちらはクラブ展示&ジャンク市会場の中。
埼玉や群馬のような派手な盛り上がり方ではありませんが
過去4年間で最大の客数ではないでしょうか。

※ちなみに今年は240名以上の参加者がいたようです。



2013-06-30-03
我ら、いばらきネットのブースです。
いばらきネットは毎年、基本的にVoIP,APRSの展示と
紹介がメインですが、ハムのつどいでは
どうしてもジャンク市が前面に出てきてしまいます ^^;)



2013-06-30-04
特に今年は売り上げの一部をドネーション(寄付)して
8月のハムフェア出展料に充てる計画ですから
みなさん真剣そのものです。



2013-06-30-05
それでは、同じフロアに出展している各クラブ・団体を
紹介していきましょう。
こちらは我々の右隣で出展していた団体です。
(ごめんなさい!団体名を忘れてしまいました ^^;)
ちなみに、中古PCの販売をしていました。



2013-06-30-06
そして左隣は学園都市ハムクラブだったのですが、
ここでもチョンボ…写真を撮るのを忘れてしまいました。
本当に申し訳ない。m(_ _)m

という訳で、そのお隣、古河アマチュア無線クラブの展示。
私も古河クラブ所属ですが、このような場合は
いばらきネット優先で出席しています ^^;)

今年はクラブ員所有の無線機をオークション形式で
出品していました。なかなか楽しいアイデアですね。



2013-06-30-07
こちらは茨城県最大のクラブ員数を誇る
土浦アマチュア無線クラブのブース。
いばらきハムのつどいのホストクラブでもあります。
毎年、お疲れさまです。



2013-06-30-08
こちらは個人出展のJA7TKH 大和さんのブース。
中古無線機や周辺機器の販売をしていました。



2013-06-30-09
こちらも個人出展のJH1VFT 上条さんのブース。
こちらも中古無線機と共に、電動工具類の出品
といった自作派が喜びそうな品揃えです。



2013-06-30-10
そのお隣はML Waveクラブのブース。
自作の移動用ループアンテナやローテーターといった
移動運用に便利なグッズの販売をしていました。



2013-06-30-11
こちらはご存じ、関東総通による電子申請Lightの
紹介ブースです。
もはやハムのつどいには欠かせない存在となりました。



2013-06-30-12
そして最後は方南町ローカルのブースです。
こちらも中古無線機の販売がメインでした。



2013-06-30-13
続いて2Fのブースも紹介していきましょう。
2Fは主にメーカーと各種団体のブースとなります。

先ずはトップバッター、アイコム(株)のブースから。
アイコムと言えば当ブログでお馴染み、
ミスターD-STARこと JR1UTI 藤田さんですが
…う~ん、見当たらない。どこへバックレたんだ?



2013-06-30-14
と思ったら、いました^^
お隣、D-STAR茨城のブースとアイコムの ”二刀流” です。

いやぁ、二刀流は夜だけかと思ってたら昼もですかぁ^^;)
さすがミスターD-STARです。24時間、疲れを知りません。



2013-06-30-15
そのお隣が茨城FOXテーリングのブース。
ARDFと似て非なる物…私の時代はFOXハンティングで
馴染んでいたので、こちらの方が取っつき易いです。



2013-06-30-16
そしてこちらがTurbo HAM LOGのブースなのですが、
ここで私がブースで声を掛けられて、どういう訳か
HAM LOGの検定試験を受けるハメに (>_<)

普段は紙ログ派の私ですから、改めてHAM LOGの
操作方法を質問されたって…^^;)
問題は計10問。その殆どが、何を言ってるのか
さっぱり分からん! いや、マジで。
なので、あまり深く考えずに無意識にのうちに操作
していることを思い出しながら答えを書いた結果…、



2013-06-30-17
何と ”100点!” …これには自分が驚きました。
要はパソコンソフトですから、用語など覚えることなく
知らず知らずに使っていた経験を元に回答したら
たまたま100点になった、ということです。

(なので、次回は100点なんて絶対ムリでしょう ^^;)



2013-06-30-18
そのお隣が全国高等学校文化連盟(高文連)のブース。
来年は茨城県で『いばらき総文2014』が開催されるのを受け、
その記念局運用が計画されているようです。
いばらきネットもこの企画に賛同し、今後はいろいろな
サポートを予定しています。

但し、
”JARL茨城県支部を介入させないこと”
が条件ですけどね(笑)



2013-06-30-19
そして最後はコメット(株)のブース。
各種アンテナとチューナー類の展示をしていました。



2013-06-30-20
せっかくなので、ミスターD-STAR&その仲間たちと
記念撮影。埼玉ハムのつどいで見事1等を当てながら
チャンスを逃したJG1FWE 林さんのご利益が
私の方に回ってくればいいのですが…^^;)



2013-06-30-21
1Fに下りて、いばらきネットメンバーと記念撮影。
7M4MAS 古谷さんとJR3QFB 曽根さんの
萌え萌えTシャツ姿、ここだったらいいですよ。
この姿で是非、土浦市内を徘徊して欲しいものです(爆)



2013-06-30-22
こちらはお昼休み中に行われた、参加者全員による
記念撮影。※写真提供:JI1WLB 杉山さんより。

ちなみに、私はこの時お昼ご飯をとりに会場の外へ…
(T_T)



2013-06-30-23
ハムのつどい名物、ド派手なクルマたちのコーナーです。
茨城県のハムは他県と比べておとなしい方が多いようで
過去3回の観察でも 『おぉ!』 とビックリするような
ド派手なクルマは見かけません。
また特徴としては、V・UHFと並んでHFモービルが
盛んな方が多いということ。お隣、栃木県や福島県も
同様の傾向があります。やはり土地が広い所にお住まい
な方が多いからでしょうかね。



2013-06-30-24
午後からは茨城県支部の式典の時間です。



2013-06-30-25
先ずは関東総合通信局からのあいさつ。
(名前忘れました…ごめんなさい ^^;)


2013-06-30-26
続いてJARL茨城県支部 JH1WFK 深津支部長のあいさつ。

※以降、来賓あいさつへと続いた後
  茨城県名物、監査指導委員長のあいさつがありましたが
  当ブログでは、あんな秘密主義で低レベルな委員長を
  紹介する気は全くないので非掲載とします。あしからず。



2013-06-30-27
続いてJARLからはJA5MG 稲毛会長のあいさつ。
お忙しい中、遠く四国からお出でくださったようです。



2013-06-30-28
続いてJARL関東地方本部 監査長、片倉さんのあいさつ。



2013-06-30-29
続いてお隣、栃木県からはJH1NLL 安部JARL栃木県支部長のあいさつ。



2013-06-30-30
続いて千葉県からJL1HHN 安田JARL千葉県支部長のあいさつ。



2013-06-30-31
来賓あいさつの後は、オール茨城コンテストの表彰式。
今年はあらかじめハムのつどい出席者からコンテスト表彰式に
出席できる方をエントリーしての開催とあって、
名前を呼べど返事がない…と言ったブザマな格好を晒すことなく
実にスマートな表彰式でした。
それだけ県支部のスタッフがハムのつどいの運営に
慣れてきた証拠でしょう。大変良いことだと思います。

しかし、まだ不満は残ります。

数ある部門の中で 『登録クラブ部門』 とやら、
何なんでしょうね?…私が所属する古河クラブは勿論、
ホストクラブの土浦クラブやルート51クラブ、といった
JARL親衛隊が名を連ねた登録クラブのことを言いますが、
普通に 『クラブ(社団)部門』 でいいのではないでしょうかね?
登録クラブだけを特別扱いする悪習を未だに解消出来ない
(と言うか、それに気付かない) JARL茨城県支部は
日本一保守的な地盤と言われる茨城県らしい光景だと
言ってしまえば簡単なのですが…

何度も言いますが、今の首脳陣が近い将来SKして
世代交代をしたら、私はそこで復活しますよ。
そして茨城県支部を日本一革新的な支部に
大変革させたいと考えています。(キッパリ)

※あっ、その前にJARL自体がSKする可能性も
  否定出来ないか…^^;)



2013-06-30-32
最後は、みなさんお楽しみの抽選会の時間です。
ここで稲毛会長が時間の都合で早めに席を立ちたい
とのことで、急遽、高額商品の抽選から実施。
高額商品から先に手を付けて参加者が帰っちゃうかも
と思いきや、さすがにそれはありませんでした。



2013-06-30-33
ちなみに抽選会場はこんな感じ。
受付をしたのが240名以上に対して、現時点で
私がカウントしたところでは150名程度でしょうか。
賞品は各クラブがドネーションをしてくれたとのことで
かなりの確率でチャンスがある、と言うことですね。



2013-06-30-34
1等(でしょうか?)のプリンターを見事、当てたのは
こちらのお方。稲毛会長から直接、手渡されます。



2013-06-30-35
次々に賞品がゲットされていきました。



2013-06-30-36
お楽しみ抽選会も無事終了。
最後に、いばらきネットのメンバーが揃って
もう一度、記念撮影。




いばらきハムのつどいも第4回目とあって
運営する側にだいぶ余裕が出てきたと思います。
特に表彰式は事前に出席者を確認する等、
他県では当たり前に行われていたことを
スマートにこなせるようになったことは評価して
いいと思います。参加人数が徐々に増えてきたことも
成果として表れたものと考えます。

茨城県特有の 『登録クラブ』 にこだわる古い体質は
今の土着民支部役員の体制では変わることは
ないでしょうから、今後もやかましいことは言わず
スルーする気ですが、将来的には改革していきたい
と考えています…勿論、その時は支部役員として
復活してからね(笑)
未来のないJARLですが、ハムのつどいのような
イベントは、現役ハム以外の、アマチュア無線を
知らない方たちにも開かれたイベントとして
今後も、仮にJARLから他団体に引き継いででも
続けていくべきと思うのは私だけでしょうか…




脱社畜ブログに思うこと・・・

私が知るブログの中で史上最低と言えるブログがある。
それが 『脱社畜ブログ』 だ。

脱社畜ブログ

当初はほぼ毎日更新する活気あるブログだったが、
最近は疲れたのか、頻度が下がってしまったものの
私のブログよりはるかに活気があるようで・・・
(まぁ、私が適当ですから (笑))

能書きはこのくらいにして、
これの何が史上最低かと言えば、一言で言えば
”努力をするな”
”働くな”
そして最近は孫 正義や柳井 正を引き合いに
”意識高い系になるな”
という展開をしている。内容を読めば理路整然と
した論理で 『あぁ、そうなんだ』 と妙に納得する部分は
あれど、みんながみんな、こんな考え方を持った日には
ブログ主である電脳クラゲ氏が言う日本の行き詰まり
がやってくることは間違いない。要するに、努力すること
働くこと、意識高い系であることが日本を行き詰らせる
のではなく、その逆に努力しない、働かない、
意識低い系であることが日本を行き詰らせることに
なるだろう。(まぁ、普通の大人はそう考えるよ)

脱社畜ブログを読めばお分かりと思うが、
ここで展開されているのは電脳クラゲ氏の主張という
よりも、単に自分が読んだ本の感想文じゃないの?
と思うほど全セクションで本の紹介をしているところが
ミソだ。あたかも自分の主張のように振舞っているが、
ここに気付いた方は大変冷静な方だと思う。

電脳クラゲ氏はかつて会社を経営していたが、
今は一線を退いたと言っている・・・そのいきさつは
知らないし興味もないが、世間からは当然
『倒産したの? 失敗したの? 引きずり下ろされたの?』
となるだろう。また、自分の学生時代のくだりでは
『僕が通っていた東京大学には・・・』
という風に、自分が東大卒だとサラリと自慢することも
忘れない。つまり、電脳クラゲ氏は余裕の勝ち組である
ことを隠しつつ、ブログ読者に ”積極的負け組” を促し
己の地位を不動のものにしたいという ”計算高い系”
じゃん! と思わず笑ってしまった^^

そんな史上最低のブログ、脱社畜ブログは私が
マメにチェックしているブログのひとつだ (笑)
”史上最低だったら読まなきゃいいじゃん”
と言われそうだが、こういった真逆の主張を反面教師に
更にその裏をかく発想を磨くのに、このブログは
大変役に立つことが最近分かってきた。
繰り返し言うが、電脳クラゲ氏が主張する
”努力をするな”
”働くな”
”意識高い系になるな”
を決して実行してはいけない。自分が東大卒の
勝ち組でもない限り、盲目的にそれを実行したら
今の日本では落ちるところまで落ち、決して
這い上がることは出来ないだろう。
そんな国、そんな社会こそがダメなんだという考え
もあるが、そんな国や社会が他にもない。


謹賀新年!

各局、あけましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になり、ありがとうございました。

本ブログ開設以来、主にイベント開催毎に写真を中心に
紹介記事を掲載してきましたが、今年からは写真にこだわらず
プロフィールにあります『思ったことをズバズバ』と記事にして
出来るだけマメに更新をしていきたいと考えております。

趣味のアマチュア無線は勿論、それを取り巻く総務省、総通、
そしてJARLの行政からクラブ、個人単位でのアマチュア無線に関する
出来事モロモロまで・・・ブログ本来の持ち味を生かして
新鮮な情報を提供し、読者を飽きさせない努力をしていきます。

各局、今年もよろしくお願いします!
(^_^)/~~~



Powered by FC2 Blog

FC2Ad

まとめ
Copyright © JN1NVQインフォメーション All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。